DragDrop.QueryContinueDrag DragDrop.QueryContinueDrag DragDrop.QueryContinueDrag Attached Event

定義

ドラッグ アンド ドロップ操作の進行中に連続的に発生し、ドロップ ソースがキー/ボタンの状態に応じてドラッグ アンド ドロップ操作を終了できるようにします。

see AddQueryContinueDragHandler, and RemoveQueryContinueDragHandler
see AddQueryContinueDragHandler, and RemoveQueryContinueDragHandler
see AddQueryContinueDragHandler, and RemoveQueryContinueDragHandler

注釈

ドラッグ元がドラッグされている間、QueryContinueDrag イベントは継続的に発生します。 このイベントを処理すると、Esc、Shift、Ctrl、および Alt の各キーの状態に加えて、マウス ボタンの状態に基づいて、どのアクションがドラッグ アンド ドロップ操作を終了させるかを決定することができます。 このイベントの既定のハンドラーは、Esc キーを押した場合はドラッグ アンド ドロップ操作を取り消し、マウス ボタンを放した場合はデータをドロップします。 既定の動作を変更するには、このイベントを処理する場合は、ドラッグ アンド ドロップ操作の終了ハンドラーで同等のメカニズムを提供することを確認します。 それ以外の場合、DoDragDropメソッドが返さないし、アプリケーションが応答を停止します。 このイベントを処理する場合、ハンドラーを上書きする既定の動作を防ぐために処理済みとしてマークする必要があります。

ルーティングされたイベント情報

識別子フィールドです。 QueryContinueDragEvent
ルーティング方法 バブル
Delegate QueryContinueDragEventHandler

対応するトンネル イベントはPreviewQueryContinueDragします。

適用対象

こちらもご覧ください