DragEventArgs.AllowedEffects プロパティ

定義

ドラッグ イベントの発生元で許可されている操作を示す、DragDropEffects 列挙体のメンバーを取得します。Gets a member of the DragDropEffects enumeration that specifies which operations are allowed by the originator of the drag event.

public:
 property System::Windows::DragDropEffects AllowedEffects { System::Windows::DragDropEffects get(); };
public System.Windows.DragDropEffects AllowedEffects { get; }
member this.AllowedEffects : System.Windows.DragDropEffects
Public ReadOnly Property AllowedEffects As DragDropEffects

プロパティ値

ドラッグ イベントの発生元で許可されている操作を示す、DragDropEffects 列挙体のメンバー。A member of the DragDropEffects enumeration that specifies which operations are allowed by the originator of the drag event.

注釈

DoDragDropメソッドを呼び出すことによってドラッグアンドドロップ操作が開始されると、使用可能な操作がDragDropEffects列挙体のメンバーで指定されます。When a drag-and-drop operation is initiated by calling the DoDragDrop method, permissible operations are specified with a member of the DragDropEffects enumeration. たとえば、読み取り専用ファイルをドラッグする場合、ドラッグ開始側は、ファイルをコピーできますが、移動することはできないことを示します。For example, when dragging a read-only file the drag initiator should indicate that the file can be copied, but not moved. ドラッグしたデータに対して操作を実行する前に、このプロパティを調べて、操作が許可されていることを確認します。Before attempting to perform an operation on dragged data, examine this property to ensure that the operation is allowed.

適用対象