DynamicResourceExtension DynamicResourceExtension DynamicResourceExtension DynamicResourceExtension Class

定義

XAML から作成された動的リソース参照をサポートするマークアップ拡張機能を実装します。Implements a markup extension that supports dynamic resource references made from XAML.

public ref class DynamicResourceExtension : System::Windows::Markup::MarkupExtension
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.DynamicResourceExtensionConverter))]
[System.Windows.Markup.MarkupExtensionReturnType(typeof(System.Object))]
public class DynamicResourceExtension : System.Windows.Markup.MarkupExtension
type DynamicResourceExtension = class
    inherit MarkupExtension
Public Class DynamicResourceExtension
Inherits MarkupExtension
継承
DynamicResourceExtensionDynamicResourceExtensionDynamicResourceExtensionDynamicResourceExtension
属性

注釈

実行時に変わる可能性があるコンテンツを参照するときに、動的リソース参照する必要があります。Dynamic resource references are necessary when referencing content that might change at run-time. コンテンツの変更の理由では、アプリケーションによって開始された可能性がありますか、外部可能性があります。The reasons for the content change might be application-initiated or might be external. 1 つの例では、テーマ、フォントの設定などのユーザーによって構成された設定をレポートするシステム リソースに依存するスタイルを含めるかどうかです。One example is if you are including styles that rely on system resources that report user-configured preferences, such as themes, font settings and so on.

このクラスは、マークアップ拡張機能の実装です。This class is a markup extension implementation. マークアップ拡張機能クラスWPFWPFの一部の側面のインフラストラクチャをサポートするには、主に存在、 WPFWPF XAMLXAMLプロセッサの実装、およびクラスは、通常からは呼び出されませんマークアップ拡張機能によって公開されるメンバー直接ユーザー コードです。Markup extension classes in WPFWPF exist mainly to provide infrastructure support for some aspect of the WPFWPF XAMLXAML processor implementation, and the members exposed by the markup extension classes are not typically called from directly user code. このクラスは特に、サポート、 DynamicResource マークアップ拡張機能から使用状況XAMLXAMLします。This class particularly supports the DynamicResource Markup Extension usage from XAMLXAML. 動的リソース参照の詳細については、次を参照してください。 DynamicResource マークアップ拡張機能します。For more information about dynamic resource references, see DynamicResource Markup Extension.

XAML テキストの使用状況XAML Text Usage

XAMLXAMLについてを参照してくださいDynamicResource マークアップ拡張機能します。For XAMLXAML information, see DynamicResource Markup Extension.

コンストラクター

DynamicResourceExtension() DynamicResourceExtension() DynamicResourceExtension() DynamicResourceExtension()

DynamicResourceExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DynamicResourceExtension class.

DynamicResourceExtension(Object) DynamicResourceExtension(Object) DynamicResourceExtension(Object) DynamicResourceExtension(Object)

指定した初期キーを使用して、DynamicResourceExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DynamicResourceExtension class, with the provided initial key.

プロパティ

ResourceKey ResourceKey ResourceKey ResourceKey

この動的リソース参照で指定されているキーを取得または設定します。Gets or sets the key specified by this dynamic resource reference. このキーは、リソース ディクショナリ内のリソースを中間式で検索するのに使用されます。The key is used to lookup a resource in resource dictionaries, by means of an intermediate expression.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ProvideValue(IServiceProvider) ProvideValue(IServiceProvider) ProvideValue(IServiceProvider) ProvideValue(IServiceProvider)

この拡張機能を適用するプロパティで設定するオブジェクトを返します。Returns an object that should be set on the property where this extension is applied. DynamicResourceExtension の場合、これは、ResourceKey で識別される、現在の親チェーン内のリソース ディクショナリで見つかったオブジェクトです。For DynamicResourceExtension, this is the object found in a resource dictionary in the current parent chain that is keyed by the ResourceKey.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象