EventRoute EventRoute EventRoute EventRoute Class

定義

ルーティング イベントが後に続くルートのコンテナーを表します。

public ref class EventRoute sealed
public sealed class EventRoute
type EventRoute = class
Public NotInheritable Class EventRoute
継承
EventRouteEventRouteEventRouteEventRoute

注釈

このクラスは、有効な対応RoutedEvent、ターゲット オブジェクトとハンドラーの一覧のペアのイベントのイベントのルーティングを参照する順序付きリストが含まれています。 EventRoute 一覧に新しいエントリを追加することをサポートし、一覧内のハンドラーを呼び出すこともできます。

ハンドラーを追加するための通常のほとんどの操作Windows Presentation Foundation (WPF)イベントはこのクラスを使用して作業を必要としない (たとえば、使用EventManagerクラス処理を追加または既存のイベントのハンドラーに対してクエリを実行するメソッド)。 クラスは、要素が子要素または要素を追加するか、計算されるイベントの既定のルートから要素を削除するは実用的する親要素について、特定の知識がある場合、主に使用するためです。

コンストラクター

EventRoute(RoutedEvent) EventRoute(RoutedEvent) EventRoute(RoutedEvent) EventRoute(RoutedEvent)

EventRoute クラスのインスタンスを初期化します。

メソッド

Add(Object, Delegate, Boolean) Add(Object, Delegate, Boolean) Add(Object, Delegate, Boolean) Add(Object, Delegate, Boolean)

指定したターゲットの指定したハンドラーをルートに追加します。

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(Inherited from Object)
PeekBranchNode() PeekBranchNode() PeekBranchNode() PeekBranchNode()

2 つの論理ツリーが分岐するイベント ルート スタックの最上位要素を返します。

PeekBranchSource() PeekBranchSource() PeekBranchSource() PeekBranchSource()

2 つの論理ツリーが分岐するイベント ルート スタックの最上位要素のソースを返します。

PopBranchNode() PopBranchNode() PopBranchNode() PopBranchNode()

2 つの論理ツリーが分岐するイベント ルート スタックの最上位ノードを返します。

PushBranchNode(Object, Object) PushBranchNode(Object, Object) PushBranchNode(Object, Object) PushBranchNode(Object, Object)

2 つの論理ツリーが分岐するイベント ルート スタックに最上位ノードを追加します。

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(Inherited from Object)

適用対象