EventRoute EventRoute EventRoute EventRoute Class

定義

ルーティング イベントが後に続くルートのコンテナーを表します。Represents the container for the route to be followed by a routed event.

public ref class EventRoute sealed
public sealed class EventRoute
type EventRoute = class
Public NotInheritable Class EventRoute
継承
EventRouteEventRouteEventRouteEventRoute

注釈

このクラスは、有効RoutedEventなに対応し、そのイベントのイベントルートを参照するターゲットオブジェクトとハンドラーリストのペアの順序付きリストを格納します。This class corresponds to a valid RoutedEvent, and contains an ordered list of target object and handler list pairs that refer to the event route for that event. EventRouteリストへの新しいエントリの追加をサポートします。また、リスト内のハンドラーを呼び出すこともできます。EventRoute supports adding new entries to the list and also allows for the handlers in the list to be invoked.

イベントのWindows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF)ハンドラーを追加するための通常の操作では、このクラスを使用する必要EventManagerはありません (たとえば、メソッドを使用してクラスの処理を追加したり、イベントの既存のハンドラーに対してクエリを実行したりするなど)。Most normal operations for adding handlers for Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) events do not require working with this class (for instance, use EventManager methods to add class handling, or query for existing handlers of an event). このクラスは、主に、要素が子要素または親要素に関する特定の知識を持つ場合に使用されます。これにより、既定の計算されたイベントルートに要素を追加したり、要素を削除したりすることが実用的になります。This class is mainly for use when elements have particular knowledge about child elements or parent elements that make it practical to either add elements to or remove elements from the default calculated event route.

コンストラクター

EventRoute(RoutedEvent) EventRoute(RoutedEvent) EventRoute(RoutedEvent) EventRoute(RoutedEvent)

EventRoute クラスのインスタンスを初期化します。Initializes an instance of the EventRoute class.

メソッド

Add(Object, Delegate, Boolean) Add(Object, Delegate, Boolean) Add(Object, Delegate, Boolean) Add(Object, Delegate, Boolean)

指定したターゲットの指定したハンドラーをルートに追加します。Adds the specified handler for the specified target to the route.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
PeekBranchNode() PeekBranchNode() PeekBranchNode() PeekBranchNode()

2 つの論理ツリーが分岐するイベント ルート スタックの最上位要素を返します。Returns the top-most element on the event route stack at which two logical trees diverge.

PeekBranchSource() PeekBranchSource() PeekBranchSource() PeekBranchSource()

2 つの論理ツリーが分岐するイベント ルート スタックの最上位要素のソースを返します。Returns the source for the top-most element on the event route stack at which two logical trees diverge.

PopBranchNode() PopBranchNode() PopBranchNode() PopBranchNode()

2 つの論理ツリーが分岐するイベント ルート スタックの最上位ノードを返します。Returns the top-most node on the event route stack at which two logical trees diverge.

PushBranchNode(Object, Object) PushBranchNode(Object, Object) PushBranchNode(Object, Object) PushBranchNode(Object, Object)

2 つの論理ツリーが分岐するイベント ルート スタックに最上位ノードを追加します。Adds the top-most node to the event route stack at which two logical trees diverge.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象