EventSetter クラス

定義

スタイル内で、イベント セッターを表します。Represents an event setter in a style. イベント セッターは、イベントへの応答で指定されたイベント ハンドラーを呼び出します。Event setters invoke the specified event handlers in response to events.

public ref class EventSetter : System::Windows::SetterBase
public class EventSetter : System.Windows.SetterBase
type EventSetter = class
    inherit SetterBase
Public Class EventSetter
Inherits SetterBase
継承
EventSetter

次の例では、 EventSetter 1 つのをページレベルスタイル内で確立します。The following example establishes a single EventSetter within a page-level style.

<StackPanel
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
  x:Class="SDKSample.EventOvw2"
  Name="dpanel2"
  Initialized="PrimeHandledToo"
>
  <StackPanel.Resources>
    <Style TargetType="{x:Type Button}">
      <EventSetter Event="Click" Handler="b1SetColor"/>
    </Style>
  </StackPanel.Resources>
  <Button>Click me</Button>
  <Button Name="ThisButton" Click="HandleThis">
    Raise event, handle it, use handled=true handler to get it anyway.
  </Button>
</StackPanel>

イベントハンドラーの例を次に示します。The following shows the example event handlers:

void b1SetColor(object sender, RoutedEventArgs e)
{
  Button b = e.Source as Button;
  b.Background = new SolidColorBrush(Colors.Azure);
}

void HandleThis(object sender, RoutedEventArgs e)
{
  e.Handled=true;
}
Private Sub b1SetColor(ByVal sender As Object, ByVal e As RoutedEventArgs)
  Dim b As Button = TryCast(e.Source, Button)
  b.Background = New SolidColorBrush(Colors.Azure)
End Sub

Private Sub HandleThis(ByVal sender As Object, ByVal e As RoutedEventArgs)
  e.Handled=True
End Sub

注釈

イベントセッターは、ルーティングイベントへの応答として指定されたイベントハンドラーを呼び出しますStyle 。これは、インスタンスハンドラーを個々の要素にアタッチする必要があるのではなく、を参照するすべての要素に適用されます。Event setters invoke the specified event handlers in response to routed events, which apply to all elements that reference the Style rather than requiring you to attach instance handlers to each individual element. オブジェクトStyle.SettersのみEventSetterをサポートします。Only Style.Setters support EventSetter objects.

イベント setter は、ルーティングイベントのイベントに対してのみ宣言できます。You can only declare event setters for events that are routed events. ルーティングイベントのイベント setter は、直接ルーティング戦略、バブルイベント、またはトンネリングイベントを使用して宣言できます。You can declare event setters for routed events with a direct routing strategy, bubbling events, or tunneling events.

EventSetterクラスのインスタンスは、通常、をExtensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)通じて定義されたスタイルXAMLXAML内のオブジェクト要素として、を使用して作成されます。Instances of the EventSetter class are usually created through Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML), as an object element within a style defined through XAMLXAML. EventSetter 、コードからインスタンス化することもできます。An EventSetter might also be instantiated from code.

イベントセッターは、テーマリソースディクショナリに含まれているスタイルでは使用できません。Event setters cannot be used in a style that is contained in a theme resource dictionary. これは、実行時のテーマリソースディクショナリが圧縮バイナリ XAML (BAML)binary XAML (BAML)されていないファイルであり、ハンドラーを定義するコードビハインドが存在する場所が定義されていないためです。This is because a theme resource dictionary at run time is often loose バイナリ XAML (BAML)binary XAML (BAML) files, and does not have any scope defined where accompanying code-behind that defines the handlers can exist.

イベントセッターによってアタッチされるハンドラーは、イベントの任意のクラスハンドラーの後、または任意のインスタンスハンドラーの後に呼び出されます。Handlers attached through event setters are invoked after any class handlers for an event, and also after any instance handlers. その結果、クラスハンドラーまたはインスタンスハンドラーが、その引数で処理されたイベントをマークした場合、イベントセッターによって宣言されたハンドラーは呼び出さHandledEventsTooれません (イベントセッターが特に設定trueしている場合を除く)。As a result, if a class handler or instance handler marks an event handled in its arguments, then the handler declared by an event setter is not invoked, unless the event setter specifically sets HandledEventsToo true.

イベントセッターは、スタイルからBasedOn取得される場合もあります。Event setters may also come from BasedOn styles. としてBasedOn指定されたスタイルのイベントセッターハンドラーは、イミディエイトスタイルのハンドラーの後に呼び出されます。The event setter handlers from the style specified as BasedOn will be invoked after the handlers on the immediate style.

ではオブジェクトStyle.SettersのみEventSetterがサポートされることに注意してください。Note that only Style.Setters supports EventSetter objects. トリガー (TriggerBaseおよび派生クラス) は、をEventSetterサポートしていません。Triggers (TriggerBase and derived classes) do not support EventSetter.

コンストラクター

EventSetter()

EventSetter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventSetter class.

EventSetter(RoutedEvent, Delegate)

提供されたイベントとハンドラー パラメーターを使用して、EventSetter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventSetter class, using the provided event and handler parameters.

プロパティ

Event

この EventSetter が応答する、特定のルーティング イベントを取得または設定します。Gets or sets the particular routed event that this EventSetter responds to.

HandledEventsToo

イベント データ内でイベントが処理済みとしてマークされている場合でも、setter に割り当てられたハンドラーを呼び出す必要があるかどうかを判断する値を取得または設定します。Gets or sets a value that determines whether the handler assigned to the setter should still be invoked, even if the event is marked handled in its event data.

Handler

setter でルーティング イベントのハンドラーへの参照を取得または設定します。Gets or sets the reference to a handler for a routed event in the setter.

IsSealed

このオブジェクトが不変の状態であるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether this object is in an immutable state.

(継承元 SetterBase)

メソッド

CheckSealed()

このオブジェクトが読み取り専用で変更できないかどうかをチェックします。Checks whether this object is read-only and cannot be changed.

(継承元 SetterBase)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください