EventTrigger クラス

定義

イベントへの応答で一連のアクションを適用するトリガーを表します。

public ref class EventTrigger : System::Windows::TriggerBase, System::Windows::Markup::IAddChild
[System.Windows.Markup.ContentProperty("Actions")]
public class EventTrigger : System.Windows.TriggerBase, System.Windows.Markup.IAddChild
[<System.Windows.Markup.ContentProperty("Actions")>]
type EventTrigger = class
    inherit TriggerBase
    interface IAddChild
Public Class EventTrigger
Inherits TriggerBase
Implements IAddChild
継承
属性
実装

この例では、スタイルでイベント トリガーを使用して、イベントをMouseEnterMouseLeaveアニメーション化する方法をFrameworkElement示します。 この例では、次にStyle設定RectangleしますTargetType。 そのため、クラス名でイベント名とMouseLeaveイベント名をMouseEnter修飾する必要はありません。

<Style TargetType="Rectangle">
  <Setter Property="Width" Value="50" />
  <Setter Property="Height" Value="50" />
  <Setter Property="Margin" Value="20" />
  <Setter Property="HorizontalAlignment" Value="Left" />
  <Style.Triggers>
    <EventTrigger RoutedEvent="MouseEnter">
        <BeginStoryboard>
            <Storyboard>
              <DoubleAnimation To="300" Duration="0:0:1.5" 
                AccelerationRatio="0.10" DecelerationRatio="0.25" 
                Storyboard.TargetProperty="(Canvas.Width)" />
            </Storyboard>
        </BeginStoryboard>
    </EventTrigger>
    <EventTrigger RoutedEvent="MouseLeave">
        <BeginStoryboard>
            <Storyboard>
              <DoubleAnimation Duration="0:0:1.5" 
                AccelerationRatio="0.10" DecelerationRatio="0.25" 
                Storyboard.TargetProperty="(Canvas.Width)" />
            </Storyboard>
        </BeginStoryboard>
    </EventTrigger>
  </Style.Triggers>
</Style>

注釈

Trigger オブジェクトには、特定のプロパティの Setters状態に基づいて変更またはアクションを適用するプロパティ、 EnterActionsおよび ExitActions プロパティがあり EventTrigger 、オブジェクトは指定されたルーティング イベントが発生したときに一連の Actions イベントを開始します。 たとえば、マウス ポインターが特定のユーザー インターフェイス (UI) コントロールの上にある場合に、アニメーションのセットを開始するために a を使用 EventTrigger できます。 とは異なり TriggerEventTrigger 状態の終了の概念がないため、イベントを発生させた条件が true でなくなった場合、アクションは元に戻されません。

を使用 EventTriggerする場合は、コントロールの固有の動作に干渉しないイベントを選択する必要があることに注意してください。 マウス クリックやTextBoxキーボード イベントなどのButtonユーザー入力イベントに対して特定のアクションを実行するなどのコントロール。 たとえば、ボタンのスタイルを設定し、イベントを MouseDown 1 EventTriggerつのボタンとしてRoutedEvent設定しようとすると、EventTriggerイベントが最初にボタンによって処理されるため、決して適用されません。 代わりに、イベントまたは別の PreviewMouseDown イベントを使用できます。

データ バインディングを使用する場合、イベントをTargetUpdated発生させるには、オブジェクトtrueの値をBinding設定NotifyOnTargetUpdatedする必要があります。

オブジェクトに子を TriggerAction 追加すると、 EventTrigger 暗黙的にオブジェクトの TriggerActionCollection 子に EventTrigger 追加されます。

コンストラクター

EventTrigger()

EventTrigger クラスの新しいインスタンスを初期化します。

EventTrigger(RoutedEvent)

イベントを指定して、EventTrigger クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Actions

イベントが発生したときに適用するアクションのコレクションを取得します。

DependencyObjectType

このインスタンスの DependencyObjectType CLR 型をラップする値を取得します。

(継承元 DependencyObject)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。

(継承元 DispatcherObject)
EnterActions

トリガー オブジェクトがアクティブになったときに適用する TriggerAction オブジェクトのコレクションを取得します。 このプロパティは EventTrigger クラスには適用されません。

(継承元 TriggerBase)
ExitActions

トリガー オブジェクトが非アクティブになったときに適用する TriggerAction オブジェクトのコレクションを取得します。 このプロパティは EventTrigger クラスには適用されません。

(継承元 TriggerBase)
IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。

(継承元 DependencyObject)
RoutedEvent

このトリガーをアクティブにする RoutedEvent を取得または設定します。

SourceName

このトリガーをアクティブにするイベントでオブジェクトの名前を取得または設定します。 これは、要素トリガーまたはテンプレート トリガーでのみ使用されます。

メソッド

AddChild(Object)

指定したオブジェクトを現在のイベント トリガーの Actions コレクションに追加します。

AddText(String)

このメソッドはサポートされず、例外が発生します。

CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。

(継承元 DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。

(継承元 DependencyObject)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。

(継承元 DependencyObject)
Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。

(継承元 DependencyObject)
GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。

(継承元 DependencyObject)
GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。

(継承元 DependencyObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。

(継承元 DependencyObject)
InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。

(継承元 DependencyObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この DependencyObject の依存関係プロパティの有効値が更新された場合に必ず呼び出されます。 変更された特定の依存関係プロパティは、イベント データで報告されます。

(継承元 DependencyObject)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。

(継承元 DependencyObject)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeActions()

シリアル化プロセスがこのクラスのインスタンスの Actions プロパティの有効値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 DependencyObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。

(継承元 DispatcherObject)

明示的なインターフェイスの実装

IAddChild.AddChild(Object)

子オブジェクトを追加します。

IAddChild.AddText(String)

オブジェクトにノードのテキスト コンテンツを追加します。

適用対象

こちらもご覧ください