FontStyle 構造体

定義

標準、斜体、または斜投影としてフォント フェイスのスタイルを表す構造体を定義します。Defines a structure that represents the style of a font face as normal, italic, or oblique.

public value class FontStyle : IFormattable
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.FontStyleConverter))]
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.None)]
public struct FontStyle : IFormattable
type FontStyle = struct
    interface IFormattable
Public Structure FontStyle
Implements IFormattable
継承
FontStyle
属性
実装

"Italic"FontStyleとして設定する例を次に示します。The following example sets "Italic" as the FontStyle.

<TextBlock FontStyle="Italic">Italic font style</TextBlock>

注釈

フォントの傾斜 (標準、斜体、斜投影) を3つの用語で分類します。Three terms categorize the slant of a font: normal, italic, and oblique.

フォントスタイルFont style 説明Description
標準Normal 通常のフォントまたは欧文フォントの文字は、縦になっています。The characters in a normal, or roman, font are upright.
[斜体]Italic 斜体フォントの文字は、実際には斜線されており、デザイン時に表示されます。The characters in an italic font are truly slanted and appear as they were designed.
傾斜Oblique 斜投影フォントの文字は、人為的に斜線されています。The characters in an oblique font are artificially slanted. 傾斜は、通常のフォントからの文字に対して傾斜変換を実行することで実現されます。The slant is achieved by performing a shear transformation on the characters from a normal font. コンピューターまたはプリンターで真の斜体のフォントを使用できない場合、通常のフォントから斜投影スタイルを生成し、斜体のフォントをシミュレートするために使用できます。When a true italic font is not available on a computer or printer, an oblique style can generated from the normal font and used to simulate an italic font.

FontStylesクラスの列挙値を使用して、 FontStyle構造体を設定できます。You can use the enumerated values of the FontStyles class to set the FontStyle structure.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object fontStyleProperty="fontStylesValue"/>  

XAML 値XAML Values

fontStylesValuefontStylesValue
"Normal"、"Italic"、"斜投影" などの値。FontStylesA FontStyles value, such as "Normal", "Italic", or "Oblique".

メソッド

Equals(FontStyle)

FontStyle と現在の FontStyle インスタンスが等しいかどうかを比較します。Compares a FontStyle with the current FontStyle instance for equality.

Equals(Object)

Object と現在の FontStyle インスタンスが等しいかどうかを比較します。Compares an Object with the current FontStyle instance for equality.

GetHashCode()

このオブジェクトのハッシュ コードを取得します。Retrieves the hash code for this object.

ToString()

現在の String オブジェクトを表し、FontStyle プロパティ情報に基づく CurrentCulture を作成します。Creates a String that represents the current FontStyle object and is based on the CurrentCulture property information.

演算子

Equality(FontStyle, FontStyle)

FontStyle の 2 つのインスタンスを比較し、等しいかどうかを確認します。Compares two instances of FontStyle for equality.

Inequality(FontStyle, FontStyle)

FontStyle の 2 つのインスタンスを評価して、両者が等しくないかどうかを確認します。Evaluates two instances of FontStyle to determine inequality.

明示的なインターフェイスの実装

IFormattable.ToString(String, IFormatProvider)

このメンバーの説明については、ToString(String, IFormatProvider) のトピックを参照してください。For a description of this member, see ToString(String, IFormatProvider).

適用対象

こちらもご覧ください