FontVariants FontVariants FontVariants FontVariants Enum

定義

グリフ フォームの文字体裁のバリエーションを描画します。Renders variant typographic glyph forms.

public enum class FontVariants
public enum FontVariants
type FontVariants = 
Public Enum FontVariants
継承

フィールド

Inferior Inferior Inferior Inferior 4

既定のグリフを添字形式のグリフで置き換えます。または、代替グリフと、適切に配置するための配置調整を組み合わせることもできます。Replaces a default glyph with an inferior glyph, or it may combine glyph substitution with positioning adjustments for proper placement. 通常、添字形式は、化学式または数学表記で使用されます。Inferior forms are typically used in chemical formulas or mathematical notation.

Normal Normal Normal Normal 0

既定のフォント動作です。Default font behavior. フォントの拡大縮小と配置は標準です。Font scaling and positioning is normal.

Ordinal Ordinal Ordinal Ordinal 3

既定のグリフを序数形式のグリフで置き換えます。または、代替グリフと、適切に配置するための配置調整を組み合わせることもできます。Replaces a default glyph with an ordinal glyph, or it may combine glyph substitution with positioning adjustments for proper placement. 通常、序数形式は、"第一" を表す "1st" のように、序数を示す単語の数字表記に関連付けられています。Ordinal forms are normally associated with numeric notation of an ordinal word, such as "1st" for "first."

Ruby Ruby Ruby Ruby 5

既定のグリフをルビ (ふりがな) のグリフで置き換えます。Replaces a default glyph with a smaller Japanese Kana glyph. これは、読者に馴染みが薄いと思われる漢字の意味を明確にするために使用されます。This is used to clarify the meaning of Kanji, which may be unfamiliar to the reader.

Subscript Subscript Subscript Subscript 2

既定のグリフを下付き文字のグリフで置き換えます。Replaces a default glyph with a subscript glyph.

Superscript Superscript Superscript Superscript 1

既定のグリフを上付き文字のグリフで置き換えます。Replaces a default glyph with a superscript glyph. 一般に、上付き文字は脚注で使用されます。Superscript is commonly used for footnotes.

Variantsプロパティでは、OpenType フォントの上付き文字と下付き文字の値を設定することができます。The Variants property allows you to set superscript and subscript values for an OpenType font.

次のテキストは、Palatino Linotype フォントの上付き文字を示したものです。The following text displays superscripts for the Palatino Linotype font.

OpenType の上付き文字を使用してテキストをText using OpenType superscripts
上付き文字の例Example of superscripts

次のコード例のプロパティを使用して Palatino Linotype フォントの上付き文字を定義する方法を示しています、Typographyオブジェクト。The following code example shows how to define superscripts for the Palatino Linotype font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Palatino Linotype">
  2<Run Typography.Variants="Superscript">3</Run>
  14<Run Typography.Variants="Superscript">th</Run>
</Paragraph>

次のテキストでは、Palatino Linotype フォントの下付き文字を表示します。The following text displays subscripts for the Palatino Linotype font.

OpenType の下付き文字を使用してテキストをText using OpenType subscripts
添字の例Example of subscripts

次のコード例のプロパティを使用して Palatino Linotype フォントの下付き文字を定義する方法を示しています、Typographyオブジェクト。The following code example shows how to define subscripts for the Palatino Linotype font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Palatino Linotype">
  H<Run Typography.Variants="Subscript">2</Run>O
  Footnote<Run Typography.Variants="Subscript">4</Run>
</Paragraph>

注釈

指定したフォントが特定のグリフ セットをサポートしていない場合は、既定のグリフが表示されます。If a specified font does not support a particular glyph set, the default glyphs are displayed.

適用対象