AccessibleObject.UseStdAccessibleObjects AccessibleObject.UseStdAccessibleObjects AccessibleObject.UseStdAccessibleObjects AccessibleObject.UseStdAccessibleObjects Method

定義

オブジェクトを AccessibleObject のインスタンスに関連付けます。Associates an object with an instance of an AccessibleObject.

オーバーロード

UseStdAccessibleObjects(IntPtr) UseStdAccessibleObjects(IntPtr) UseStdAccessibleObjects(IntPtr) UseStdAccessibleObjects(IntPtr)

オブジェクトのハンドルに基づき、オブジェクトを AccessibleObject のインスタンスに関連付けます。Associates an object with an instance of an AccessibleObject based on the handle of the object.

UseStdAccessibleObjects(IntPtr, Int32) UseStdAccessibleObjects(IntPtr, Int32) UseStdAccessibleObjects(IntPtr, Int32) UseStdAccessibleObjects(IntPtr, Int32)

オブジェクトのハンドルと ID に基づき、オブジェクトを AccessibleObject のインスタンスに関連付けます。Associates an object with an instance of an AccessibleObject based on the handle and the object id of the object.

UseStdAccessibleObjects(IntPtr) UseStdAccessibleObjects(IntPtr) UseStdAccessibleObjects(IntPtr) UseStdAccessibleObjects(IntPtr)

オブジェクトのハンドルに基づき、オブジェクトを AccessibleObject のインスタンスに関連付けます。Associates an object with an instance of an AccessibleObject based on the handle of the object.

protected:
 void UseStdAccessibleObjects(IntPtr handle);
protected void UseStdAccessibleObjects (IntPtr handle);
member this.UseStdAccessibleObjects : nativeint -> unit
Protected Sub UseStdAccessibleObjects (handle As IntPtr)

パラメーター

handle
IntPtr IntPtr IntPtr IntPtr

オブジェクトのハンドルを格納している IntPtrAn IntPtr that contains the handle of the object.

注釈

サーバーアプリケーションは、システムによって提供されるオブジェクトに似たカスタム UI オブジェクトが含まれている場合に、この関数を呼び出すことができます。Server applications can call this function when they contain a custom UI object that is similar to a system-provided object. サーバーアプリケーションはCreateStdAccessibleObject IAccessible 、カスタムオブジェクトと一致させるために、必要に応じてメソッドとプロパティを呼び出してオーバーライドします。Server applications call CreateStdAccessibleObject and override the IAccessible methods and properties as needed to match their custom object. この方法を使用すると、すべてIAccessibleのプロパティとメソッドを完全に実装する作業がサーバー開発者に保存されます。This approach saves server developers the work of fully implementing all the IAccessible properties and methods. この関数はと似CreateStdAccessibleProxy CreateStdAccessibleObjectていますCreateStdAccessibleProxyが、ではクラス名をパラメーターとして指定でき、はhwndに関連付けられたクラス名を使用する点が異なります。This function is similar to CreateStdAccessibleProxy, except that CreateStdAccessibleProxy enables you to specify the class name as a parameter, whereas CreateStdAccessibleObject uses the class name associated with the hwnd.

このバージョンのUseStdAccessibleを呼び出すことは、クライアントの objid を使用して2つのパラメーターバージョンを呼び出すことと同じです。Calling this version of the UseStdAccessible is the same as calling the two parameter version with an objid of CLIENT.

UseStdAccessibleObjects(IntPtr, Int32) UseStdAccessibleObjects(IntPtr, Int32) UseStdAccessibleObjects(IntPtr, Int32) UseStdAccessibleObjects(IntPtr, Int32)

オブジェクトのハンドルと ID に基づき、オブジェクトを AccessibleObject のインスタンスに関連付けます。Associates an object with an instance of an AccessibleObject based on the handle and the object id of the object.

protected:
 void UseStdAccessibleObjects(IntPtr handle, int objid);
protected void UseStdAccessibleObjects (IntPtr handle, int objid);
member this.UseStdAccessibleObjects : nativeint * int -> unit
Protected Sub UseStdAccessibleObjects (handle As IntPtr, objid As Integer)

パラメーター

handle
IntPtr IntPtr IntPtr IntPtr

オブジェクトのハンドルを格納している IntPtrAn IntPtr that contains the handle of the object.

objid
Int32 Int32 Int32 Int32

handle パラメーターが参照するオブジェクトの型を定義する整数。An Int that defines the type of object that the handle parameter refers to.

注釈

システム指定のユーザーインターフェイス要素の指定した型のメソッドとプロパティを使用して、ユーザー補助オブジェクトを作成します。Creates an accessible object with the methods and properties for the specified type of system-provided user interface element.

サーバーアプリケーションは、システムによって提供されるオブジェクトに似たカスタム UI オブジェクトが含まれている場合に、この関数を呼び出すことができます。Server applications can call this function when they contain a custom UI object that is similar to a system-provided object. サーバーアプリケーションはCreateStdAccessibleObject IAccessible 、カスタムオブジェクトと一致させるために、必要に応じてメソッドとプロパティを呼び出してオーバーライドします。Server applications call CreateStdAccessibleObject and override the IAccessible methods and properties as needed to match their custom object. この方法を使用すると、すべてIAccessibleのプロパティとメソッドを完全に実装する作業がサーバー開発者に保存されます。This approach saves server developers the work of fully implementing all the IAccessible properties and methods.

有効objidな値。Valid objid values.

ObjectObject [値]Value 説明Description
アラートALERT 0xFFFFFFF60xFFFFFFF6 は、ウィンドウまたはアプリケーションに関連付けられたメッセージを参照します。Refers to a message associated with a window or application.
カーソルCARET 0xFFFFFFF80xFFFFFFF8 ウィンドウ内のテキスト挿入バー (キャレット) を参照します。Refers to the text insertion bar (caret) in the window.
クライアントCLIENT 0xFFFFFFFC0xFFFFFFFC ウィンドウのクライアント領域を参照します。Refers to the window's client area. ほとんどの場合、オペレーティングシステムはフレーム要素を制御します。クライアントオブジェクトには、アプリケーションが制御するすべての要素が含まれます。In most cases, the operating system controls the frame elements, and the client object contains all elements that the application controls.
GCURSOR 0xFFFFFFF70xFFFFFFF7 マウスポインターを参照します。Refers to the mouse pointer. システム内にマウスポインターが1つだけ存在し、ウィンドウの子ではありません。There is only one mouse pointer in the system and it is not a child of a window.
HSCROLLHSCROLL 0xFFFFFFFA0xFFFFFFFA ウィンドウの水平スクロールバーを参照します。Refers to the window's horizontal scroll bar.
MENUMENU 0xFFFFFFFD0xFFFFFFFD ウィンドウのメニューバーを参照します。Refers to the window's menu bar.
SIZEGRIPSIZEGRIP 0xFFFFFFF90xFFFFFFF9 ウィンドウのサイズグリップを参照します。これは、ウィンドウフレームの右下隅にあるオプションのフレームコンポーネントです。Refers to the window's size grip, an optional frame component located at the lower right corner of the window frame.
鳴らすSOUND 0xFFFFFFF50xFFFFFFF5 は、サウンドオブジェクトを参照します。Refers to a sound object. サウンドオブジェクトには、画面の位置や子は含まれませんが、name 属性と state 属性があります。Sound objects do not have screen locations or children, but do have name and state attributes. これらは、サウンドを再生するアプリケーションの子です。They are children of the application playing the sound.
SYSMENUSYSMENU ~0xFFFFFFFF ウィンドウの [システム] メニューを参照します。Refers to the window's system menu.
タイトルTITLEBAR 0xFFFFFFFE0xFFFFFFFE ウィンドウのタイトルバーを参照します。Refers to the window's title bar.
VSCROLLVSCROLL 0xFFFFFFFB0xFFFFFFFB ウィンドウの垂直スクロールバーを参照します。Refers to the window's vertical scroll bar.
ウィンドウWINDOW 0x000000000x00000000 子オブジェクトではなく、ウィンドウ自体を参照します。Refers to the window itself rather than to a child object.

適用対象