Application.CommonAppDataPath プロパティ

定義

すべてのユーザーで共有するアプリケーション データのパスを取得します。Gets the path for the application data that is shared among all users.

public:
 static property System::String ^ CommonAppDataPath { System::String ^ get(); };
public static string CommonAppDataPath { get; }
member this.CommonAppDataPath : string
Public Shared ReadOnly Property CommonAppDataPath As String

プロパティ値

すべてのユーザーで共有するアプリケーション データのパス。The path for the application data that is shared among all users.

注釈

パスが存在しない場合は、次の形式で作成されます。If a path does not exist, one is created in the following format:

ベースパス\ @ no__t @ no__t @ no__t @ no__t-5 @ no__t のようになります。Base Path\CompanyName\ProductName\ProductVersion

ProductVersion最初にメインの実行可能ファイルを含むアセンブリに AssemblyInformationalVersion 属性が含まれているかどうかを調べます。ProductVersion first looks to see if the assembly containing the main executable has the AssemblyInformationalVersion attribute on it. この属性が存在する場合は、ProductVersionCommonAppDataPathの両方で ProductVersionが使用されます。If this attribute exists, it is used for both ProductVersion and CommonAppDataPath. この属性が存在しない場合、両方のプロパティで、実行可能ファイルのバージョンが代わりに使用されます。If this attribute does not exist, both properties use the version of the executable file instead.

パスは、Windows フォーム アプリケーションの配置に、ClickOnceClickOnceを使用しているかどうかによって異なります。The path will be different depending on whether the Windows Forms application is deployed using ClickOnceClickOnce. ClickOnceClickOnce アプリケーションは、C:\Documents and Settings\username ディレクトリでユーザーごとのアプリケーション キャッシュに格納されます。applications are stored in a per-user application cache in the C:\Documents and Settings\username directory. 詳細については、ローカルへのアクセスとリモート データには、ClickOnce アプリケーション を参照してください。For more information, see Accessing Local and Remote Data in ClickOnce Applications.

適用対象

こちらもご覧ください