Application.EnableVisualStyles メソッド

定義

アプリケーションで visual スタイルを有効にします。

public:
 static void EnableVisualStyles();
public static void EnableVisualStyles ();
static member EnableVisualStyles : unit -> unit
Public Shared Sub EnableVisualStyles ()

次のコード例は、関数でを呼び出して、 EnableVisualStyles Main アプリケーションの視覚スタイルを有効にする方法を示しています。

#using <System.dll>
#using <System.Windows.Forms.dll>
#using <System.Drawing.dll>

using namespace System;
using namespace System::Drawing;
using namespace System::Windows::Forms;

namespace VStyles
{
   public ref class Form1: public System::Windows::Forms::Form
   {
   private:
      System::Windows::Forms::Button^ button1;

   public:
      Form1()
      {
         this->button1 = gcnew System::Windows::Forms::Button;
         this->button1->Location = System::Drawing::Point( 24, 16 );
         this->button1->Size = System::Drawing::Size( 120, 100 );
         this->button1->FlatStyle = FlatStyle::System;
         this->button1->Text = "I am themed.";
         
         // Sets up how the form should be displayed and adds the controls to the form.
         this->ClientSize = System::Drawing::Size( 300, 286 );
         this->Controls->Add( this->button1 );
         this->Text = "Application::EnableVisualStyles Example";
      }

   };

}


[STAThread]
int main()
{
   Application::EnableVisualStyles();
   Application::Run( gcnew VStyles::Form1 );
}
using System;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;

namespace VStyles
{
    public class Form1 : System.Windows.Forms.Form
    {

        private System.Windows.Forms.Button button1;
        
        [STAThread]
        static void Main() 
        {
            Application.EnableVisualStyles();
            Application.Run(new Form1());
        }

        public Form1()
        {
            this.button1 = new System.Windows.Forms.Button();
            this.button1.Location = new System.Drawing.Point(24, 16);
            this.button1.Size = new System.Drawing.Size(120, 100);
            this.button1.FlatStyle = FlatStyle.System;
            this.button1.Text = "I am themed.";

            // Sets up how the form should be displayed and adds the controls to the form.
            this.ClientSize = new System.Drawing.Size(300, 286);
            this.Controls.Add(this.button1);

            this.Text = "Application.EnableVisualStyles Example";
        }
    }
}
Imports System.Drawing
Imports System.Windows.Forms

Namespace VStyles
    
    ' Summary description for Form1.
    Public Class Form1
        Inherits System.Windows.Forms.Form

        Private button1 As System.Windows.Forms.Button

        <System.STAThread()> _
        Public Shared Sub Main()

            System.Windows.Forms.Application.EnableVisualStyles()
            System.Windows.Forms.Application.Run(New Form1)
        End Sub

        Public Sub New()

            Me.button1 = New System.Windows.Forms.Button()
            Me.button1.Location = New System.Drawing.Point(24, 16)
            Me.button1.Size = New System.Drawing.Size(120, 100)
            Me.button1.FlatStyle = FlatStyle.System
            Me.button1.Text = "I am themed."

            ' Sets up how the form should be displayed and adds the controls to the form.
            Me.ClientSize = New System.Drawing.Size(300, 286)
            Me.Controls.Add(Me.button1)

            Me.Text = "Application.EnableVisualStyles Example"
        End Sub

    End Class
End Namespace 'VStyles

注釈

このメソッドは、アプリケーションの視覚スタイルを有効にします。 視覚スタイルとは、オペレーティングシステムのテーマを形成する色、フォント、およびその他のビジュアル要素です。 コントロールとオペレーティングシステムでサポートされている場合は、visual スタイルを使用してコントロールが描画されます。 効果を与えるには、 EnableVisualStyles() アプリケーションでコントロールを作成する前にを呼び出す必要があります。通常、 EnableVisualStyles() は関数の最初の行です。 Main を呼び出すときに、visual スタイルを有効にするために個別のマニフェストは必要ありません EnableVisualStyles()

注意

.NET Framework 2.0 より前では、コントロール FlatStyle ButtonBase FlatStyle.System を visual スタイルで描画するために、から派生するコントロールなど、一部のコントロールのプロパティをに設定する必要がありました。 .NET Framework 2.0 で記述されたアプリケーションでは、これは不要になりました。

注意

このメソッドは、Internet Explorer でホストされているコントロールには影響しません。

適用対象

こちらもご覧ください