AutoScaleMode AutoScaleMode AutoScaleMode AutoScaleMode Enum

定義

Windows フォームでサポートされている、さまざまな種類の自動スケーリング モードを指定します。Specifies the different types of automatic scaling modes supported by Windows Forms.

public enum class AutoScaleMode
public enum AutoScaleMode
type AutoScaleMode = 
Public Enum AutoScaleMode
継承
AutoScaleModeAutoScaleModeAutoScaleModeAutoScaleMode

フィールド

Dpi Dpi Dpi Dpi 2

ディスプレイの解像度に応じてスケールを制御します。Controls scale relative to the display resolution. 一般的な解像度は 96 dpi と 120 dpi です。Common resolutions are 96 and 120 DPI.

Font Font Font Font 1

クラスが使用するフォント (通常はシステム フォント) のサイズに応じてスケールを制御します。Controls scale relative to the dimensions of the font the classes are using, which is typically the system font.

Inherit Inherit Inherit Inherit 3

クラスの親のスケーリング モードに従ってスケールを制御します。Controls scale according to the classes' parent's scaling mode. 親が存在しない場合、自動スケーリングは無効になっています。If there is no parent, automatic scaling is disabled.

None None None None 0

自動スケーリングが無効になっています。Automatic scaling is disabled.

注釈

クラスとその派生クラス (などForm) は、現在のシステムフォントまたはディスプレイの解像度 (dpi) に従って、自身とそのコンテンツのサイズを自動的に変更できます。 ContainerControlThe ContainerControl class and classes derived from it, such as Form, can automatically resize themselves and their contents according to either the current system font or the resolution of the display, measured in dots per inch (DPI). 列挙AutoScaleMode体は、これらのクラスとその派生型でサポートされる自動スケーリングモードを定義します。The AutoScaleMode enumeration defines the automatic scaling modes supported by these classes and their derived types. コントロールの現在のモードには、そのContainerControl.AutoScaleModeプロパティを使用してアクセスできます。A control's current mode can be accessed through its ContainerControl.AutoScaleMode property.

ほとんどのビジネスアプリケーションでは、フォント自動スケーリングモードを使用する必要があります。Most business applications should use the Font automatic scaling mode. Dpi スケーリングモードは、グラフィックスベースのアプリケーションに便利であり、.NET Compact Framework によって使用される既定のスケーリングと互換性があります。The Dpi scaling mode is useful for graphics-based applications and is compatible with the default scaling used by the .NET Compact Framework.

重要

.NET Framework バージョン1.0 および1.1 では、常に現在のシステムフォントに依存しているより単純なメカニズムを使用して、自動スケーリングがサポートされていました。In the .NET Framework versions 1.0 and 1.1, automatic scaling was supported using a simpler mechanism that always relied on the current system font. このメカニズムは互換性のために残されていますが、旧バージョンとの互換性のためにサポートされます。This mechanism is now obsolete but still supported for backward compatibility. AutoScaleを含むFormのプロパティをにtrue設定することによって、以前のスケーリング動作を取得できます。 ContainerControl.AutoScaleModeこれにより、プロパティが暗黙的に None に設定されます。You can obtain the older scaling behavior by setting the AutoScale property of the containing Form to true, which will also implicitly set the ContainerControl.AutoScaleMode property to None. 反対に、フォームContainerControl.AutoScaleModeのプロパティを設定AutoScaleすると、 false.NET Framework バージョン2.0 で導入された新しいスケーリング機構が有効になります。Conversely, setting the ContainerControl.AutoScaleMode property of a form will set AutoScale to false, enabling the newer scaling mechanism introduced with the .NET Framework version 2.0.

Smartphone アプリケーションの場合、この列挙体には、スマートフォン用の Windows Mobile バージョン5.0 ソフトウェアが必要です。Note that for Smartphone applications, this enumeration requires Windows Mobile Version 5.0 software for Smartphones.

適用対象

こちらもご覧ください