AxHost.InvalidActiveXStateException クラス

定義

無効な状態にある ActiveX コントロールを参照したときにスローされる例外。The exception that is thrown when the ActiveX control is referenced while in an invalid state.

public: ref class AxHost::InvalidActiveXStateException : Exception
public class AxHost.InvalidActiveXStateException : Exception
type AxHost.InvalidActiveXStateException = class
    inherit Exception
Public Class AxHost.InvalidActiveXStateException
Inherits Exception
継承
AxHost.InvalidActiveXStateException

次のコード例では、コンストラクター、およびSetAboutBoxDelegate Microsoft AttachInterfacesマスクエディット ActiveX AxHostコントロールをラップする派生クラスのメソッドとメソッドをオーバーライドします。The following code example overrides the constructor, and the SetAboutBoxDelegate and AttachInterfaces methods of an AxHost derived class that wraps the Microsoft Masked Edit ActiveX Control. このコードでは、MSMask32 ファイル/sourceで aximp.exe を実行することで、生成されたソースコードを作成し、編集するラッパークラスを生成するスイッチを指定する必要があります。This code requires that you have created the generated source code by running the AxImp.exe on the MSMask32.ocx file with the /source switch to generate the wrapper class to be edited. このコードは、Aximp.exe にC#よって出力される唯一の言語であるため、構文でのみ表示されます。This code is only shown in C# syntax because that is the only language output by the AxImp.exe.

public AxMaskEdBox()
    :
  base("c932ba85-4374-101b-a56c-00aa003668dc") // The ActiveX control's class identifier.
{
    // Make the AboutBox method the about box delegate.
    this.SetAboutBoxDelegate(new AboutBoxDelegate(AboutBox));
}

public virtual void AboutBox()
{
    // If the instance of the ActiveX control is null when the AboutBox method 
    // is called, raise an InvalidActiveXStateException exception.
    if ((this.ocx == null))
    {
        throw new System.Windows.Forms.AxHost.InvalidActiveXStateException(
          "AboutBox", System.Windows.Forms.AxHost.ActiveXInvokeKind.MethodInvoke);
    }
    // Show the about box if the ActiveX control has one.
    if (this.HasAboutBox)
    {
        this.ocx.AboutBox();
    }
}

protected override void AttachInterfaces()
{
    try
    {
        // Attach the IMSMask interface to the ActiveX control.
        this.ocx = ((MSMask.IMSMask)(this.GetOcx()));
    }
    catch (System.Exception ex)
    {
        System.Console.WriteLine(ex.Message);
    }
}

注釈

ActiveX コントロールのパブリックプロパティおよびメソッドは、ActiveX コントロールがインスタンス化され、完全に初期化された後にのみ参照できます。それ以外AxHost.InvalidActiveXStateExceptionの場合は、例外がスローされます。The public properties and methods of an ActiveX control can only be referenced after the ActiveX control has been instantiated and initialized completely; otherwise the AxHost.InvalidActiveXStateException exception is thrown. Exception AxHost.InvalidActiveXStateExceptionクラスには、参照を作成したメンバーの名前とメンバーの型が含まれています。The AxHost.InvalidActiveXStateException exception class contains the name of the member that made the reference and the member type. メンバーの種類はAxHost.ActiveXInvokeKind列挙値の1つです。The member type is one of the AxHost.ActiveXInvokeKind enumerated values.

コンストラクター

AxHost.InvalidActiveXStateException()

ActiveX コントロールを参照したメンバーに関する情報を指定せずに、AxHost.InvalidActiveXStateException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AxHost.InvalidActiveXStateException class without specifying information about the member that referenced the ActiveX control.

AxHost.InvalidActiveXStateException(String, AxHost+ActiveXInvokeKind)

AxHost.InvalidActiveXStateException クラスの新しいインスタンスを初期化し、ActiveX コントロールを参照するメンバーの名前と、その参照の種類を示します。Initializes a new instance of the AxHost.InvalidActiveXStateException class and indicates the name of the member that referenced the ActiveX control and the kind of reference it made.

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。Gets a collection of key/value pairs that provide additional user-defined information about the exception.

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。Gets or sets a link to the help file associated with this exception.

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。Gets or sets HRESULT, a coded numerical value that is assigned to a specific exception.

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。Gets the Exception instance that caused the current exception.

(継承元 Exception)
Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。Gets a message that describes the current exception.

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application or the object that causes the error.

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。Gets a string representation of the immediate frames on the call stack.

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。Gets the method that throws the current exception.

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。When overridden in a derived class, returns the Exception that is the root cause of one or more subsequent exceptions.

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。When overridden in a derived class, sets the SerializationInfo with information about the exception.

(継承元 Exception)
GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。Gets the runtime type of the current instance.

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。Creates and returns a string representation of the current exception.

イベント

SerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。Occurs when an exception is serialized to create an exception state object that contains serialized data about the exception.

(継承元 Exception)

適用対象

こちらもご覧ください