BindingManagerBase.AddNew BindingManagerBase.AddNew BindingManagerBase.AddNew BindingManagerBase.AddNew Method

定義

派生クラスでオーバーライドされると、基になるリストに新しい項目を追加します。When overridden in a derived class, adds a new item to the underlying list.

public:
 abstract void AddNew();
public abstract void AddNew ();
abstract member AddNew : unit -> unit
Public MustOverride Sub AddNew ()

注釈

AddNewメソッドは、その項目の種類の既定のコンス トラクターを使用して、基になるリストに新しい項目を追加します。The AddNew method adds a new item to the underlying list by using the default constructor for that item's type. AddNew カスタム コンポーネントに複雑なデータ バインディングのサポートを追加するプログラマが使用するには、主に対象としています。AddNew is intended primarily to be used by programmers adding complex data-binding support to their custom component.

AddNew カスタマイズされた項目を作成するため、独自のコードを挿入するアプリケーション プログラマは、次のパターンを使用して実装よくされます。AddNew is commonly implemented using the following pattern that allows application programmers to inject their own code for creating customized items:

  1. AddNew は、AddingNew イベントを発生させます。AddNew raises the AddingNew event.

  2. 処理することにより、プログラマがカスタム項目を指定できます、AddingNewイベントと設定、NewObjectのプロパティ、AddingNewEventArgs新しい項目へのパラメーター。The programmer can supply a custom item by handling the AddingNew event and setting the NewObject property of the AddingNewEventArgs parameter to the new item. それ以外の場合、コンポーネントは、既定のコンス トラクターを使用して項目を作成する必要があります。Otherwise, the component should create an item using the default constructor.

  3. データ ソースが実装していない場合、IEditableObjectインターフェイス、項目はすぐに、データ ソースと基になるリストに追加します。If the data source does not implement the IEditableObject interface, the item is immediately added to the data source and underlying list. このインターフェイスがサポートされているかどうかは、追加のトランザクションによって、CancelCurrentEditEndCurrentEditメソッド。If this interface is supported, then the addition is transacted by the CancelCurrentEdit and EndCurrentEdit methods.

適用対象

こちらもご覧ください