BindingManagerBase.PushData メソッド

定義

データ ソースからデータ バインド コントロールにデータをプッシュします。情報は返しません。Pushes data from the data source into the data-bound control, returning no information.

protected:
 void PushData();
protected void PushData ();
member this.PushData : unit -> unit
Protected Sub PushData ()

注釈

PushData メソッドは、データソースからデータバインドコントロールに情報をプッシュするプログラム的な方法です。The PushData method is a programmatic way to push information from the data source into the data-bound control. このメソッドは、データソースが System.ComponentModel.IBindingList インターフェイスを実装する場合には必要ありません。これは、IBindingList.ListChanged イベントによって、コントロールが自動的に通貨マネージャーによって更新されるためです。This method is not required if the data source implements the System.ComponentModel.IBindingList interface, because the IBindingList.ListChanged event should automatically cause the control to be updated through its currency manager.

PullData 操作の実行時にこのメソッドが発行された場合、PushData メソッドは trueの値を使用して直ちに戻ります。If this method is issued when a PullData operation is being performed, the PushData method returns immediately with a value of true.

適用対象

こちらもご覧ください