ColumnClickEventArgs クラス

定義

ColumnClick イベントのデータを提供します。Provides data for the ColumnClick event.

public ref class ColumnClickEventArgs : EventArgs
public class ColumnClickEventArgs : EventArgs
type ColumnClickEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public Class ColumnClickEventArgs
Inherits EventArgs
継承
ColumnClickEventArgs

この型の使用方法を次のコード例に示します。The following code example demonstrates the use of this type. この例では、イベントハンドラーがColumnClickイベントの発生を報告します。In the example, an event handler reports on the occurrence of the ColumnClick event. このレポートは、イベントがいつ発生し、デバッグに役立つかを理解するのに役立ちます。This report helps you to learn when the event occurs and can assist you in debugging. 複数のイベントまたは頻繁に発生するイベントについてレポートShowするConsole.WriteLineには、メッセージをに置き換えるTextBoxか、または複数行に追加することを検討してください。To report on multiple events or on events that occur frequently, consider replacing Show with Console.WriteLine or appending the message to a multiline TextBox.

コード例を実行するには、という名前ListView ListView1の型のインスタンスを含むプロジェクトに貼り付けます。To run the example code, paste it into a project that contains an instance of type ListView named ListView1. 次に、イベントハンドラーがColumnClickイベントに関連付けられていることを確認します。Then ensure that the event handler is associated with the ColumnClick event.

private void ListView1_ColumnClick(Object sender, ColumnClickEventArgs e) {

System.Text.StringBuilder messageBoxCS = new System.Text.StringBuilder();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Column", e.Column );
messageBoxCS.AppendLine();
MessageBox.Show(messageBoxCS.ToString(), "ColumnClick Event" );
}
Private Sub ListView1_ColumnClick(sender as Object, e as ColumnClickEventArgs) _ 
     Handles ListView1.ColumnClick

    Dim messageBoxVB as New System.Text.StringBuilder()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Column", e.Column)
    messageBoxVB.AppendLine()
    MessageBox.Show(messageBoxVB.ToString(),"ColumnClick Event")

End Sub

注釈

クラスColumnClickEventArgsは、 ListViewコントロール内でクリックされたListView.ColumnHeaderCollection列のクラス内に、0から始まるインデックスを提供します。The ColumnClickEventArgs class provides the zero-based index within the ListView.ColumnHeaderCollection class of the column that is clicked in the ListView control. この情報をColumnClickイベントのイベントハンドラーで使用して、列内のデータに対してタスクを実行するためにどの列がクリックされているかを判断できます。You can use this information in an event handler for the ColumnClick event to determine which column is being clicked to perform tasks on the data within the column.

コンストラクター

ColumnClickEventArgs(Int32)

ColumnClickEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ColumnClickEventArgs class.

プロパティ

Column

クリックされた列の 0 から始まるインデックス番号を取得します。Gets the zero-based index of the column that is clicked.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください