ComboBox.ObjectCollection クラス

定義

ComboBox 内の項目のコレクションを表します。

public: ref class ComboBox::ObjectCollection : System::Collections::IList
public: ref class ComboBox::ObjectCollection : System::Collections::Generic::IComparer<System::Windows::Forms::ComboBox::ObjectCollection::Entry ^>, System::Collections::IList
[System.ComponentModel.ListBindable(false)]
public class ComboBox.ObjectCollection : System.Collections.IList
[System.ComponentModel.ListBindable(false)]
public class ComboBox.ObjectCollection : System.Collections.Generic.IComparer<System.Windows.Forms.ComboBox.ObjectCollection.Entry>, System.Collections.IList
[<System.ComponentModel.ListBindable(false)>]
type ComboBox.ObjectCollection = class
    interface IList
    interface ICollection
    interface IEnumerable
[<System.ComponentModel.ListBindable(false)>]
type ComboBox.ObjectCollection = class
    interface IList
    interface ICollection
    interface IEnumerable
    interface IComparer<ComboBox.ObjectCollection.Entry>
Public Class ComboBox.ObjectCollection
Implements IList
Public Class ComboBox.ObjectCollection
Implements IComparer(Of ComboBox.ObjectCollection.Entry), IList
継承
ComboBox.ObjectCollection
属性
実装
ICollection IEnumerable IList IComparer<System.Windows.Forms.ComboBox.ObjectCollection.Entry>

注釈

このクラスは System.Windows.Forms.ComboBox.ObjectCollectionComboBox. コンボ ボックスのオブジェクト コレクションを使用して、文字列、画像、カスタム ビジネス オブジェクトなど、さまざまな種類のオブジェクトを管理できます。

コレクションに項目を追加するには、いくつかの方法があります。 このメソッドは Add 、1 つのオブジェクトをコレクションに追加します。 コレクションに多数のオブジェクトを追加するには、項目の配列を作成し、メソッドで割り当てることをお AddRange 勧めします。 コレクション内の特定の場所にオブジェクトを挿入するには、このメソッドを Insert 使用します。 コレクション内の既知のインデックスにある項目を削除するには、メソッドまたはメソッドをRemoveRemoveAt使用できます。 このメソッドは Clear 、コレクションからすべての項目を削除します。

項目を追加および削除するためのメソッドとプロパティに加えて、 System.Windows.Forms.ComboBox.ObjectCollection コレクション内の項目を検索するメソッドも提供します。 この Contains メソッドを使用すると、オブジェクトがコレクションのメンバーであるかどうかを判断できます。 アイテムがコレクション内にあることがわかったら、このメソッドを IndexOf 使用して、コレクション内の項目の場所を確認できます。

コンストラクター

ComboBox.ObjectCollection(ComboBox)

ComboBox.ObjectCollection の新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Count

コレクション内の項目の数を取得します。

IsReadOnly

このコレクションを変更できるかどうかを示す値を取得します。

Item[Int32]

コレクション内の指定したインデックスにある項目を取得します。

メソッド

Add(Object)

ComboBox の項目のリストに項目を追加します。

AddRange(Object[])

ComboBox の項目のリストに、項目の配列を追加します。

Clear()

ComboBox からすべての項目を削除します。

Contains(Object)

指定した項目がコレクション内にあるかどうかを判断します。

CopyTo(Object[], Int32)

既存のオブジェクト配列内の指定した位置にコレクション全体をコピーします。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetEnumerator()

項目のコレクションを反復処理するために使用できる列挙子を返します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IndexOf(Object)

指定した項目のコレクション内にあるインデックスを取得します。

Insert(Int32, Object)

コレクション内の指定したインデックスの位置に項目を挿入します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Remove(Object)

指定した項目を ComboBox から削除します。

RemoveAt(Int32)

ComboBox 内の指定したインデックス位置の項目を削除します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

ICollection.CopyTo(Array, Int32)

このメンバーの詳細については、「CopyTo(Array, Int32)」をご覧ください。

ICollection.IsSynchronized

このメンバーの詳細については、「IsSynchronized」をご覧ください。

ICollection.SyncRoot

このメンバーの詳細については、「SyncRoot」をご覧ください。

IComparer<ComboBox.ObjectCollection>.Compare(ComboBox+ObjectCollection+Entry, ComboBox+ObjectCollection+Entry)

2 つのオブジェクトを比較して、一方が他方より小さいか、同じか、または大きいかを示す値を返します。

IList.Add(Object)

このメンバーの詳細については、「Add(Object)」をご覧ください。

IList.IsFixedSize

このメンバーの詳細については、「IsFixedSize」をご覧ください。

拡張メソッド

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。

適用対象