CommonDialog.OwnerWndProc(IntPtr, Int32, IntPtr, IntPtr) メソッド

定義

コモン ダイアログ ボックスに特定の機能を追加するためにオーバーライドされる、オーナー ウィンドウ プロシージャを定義します。Defines the owner window procedure that is overridden to add specific functionality to a common dialog box.

protected:
 virtual IntPtr OwnerWndProc(IntPtr hWnd, int msg, IntPtr wparam, IntPtr lparam);
protected virtual IntPtr OwnerWndProc (IntPtr hWnd, int msg, IntPtr wparam, IntPtr lparam);
abstract member OwnerWndProc : nativeint * int * nativeint * nativeint -> nativeint
override this.OwnerWndProc : nativeint * int * nativeint * nativeint -> nativeint
Protected Overridable Function OwnerWndProc (hWnd As IntPtr, msg As Integer, wparam As IntPtr, lparam As IntPtr) As IntPtr

パラメーター

hWnd
IntPtr

送信するメッセージのウィンドウ ハンドル。The window handle of the message to send.

msg
Int32

送信する Win32 メッセージ。The Win32 message to send.

wparam
IntPtr

メッセージと一緒に送信する wparamThe wparam to send with the message.

lparam
IntPtr

メッセージと一緒に送信する lparamThe lparam to send with the message.

戻り値

IntPtr

送信されたメッセージの処理結果 (メッセージによって異なる)。The result of the message processing, which is dependent on the message sent.

注釈

コモンダイアログボックスのオーナーウィンドウにメッセージが送信されると、コントロールがここに転送されます。Control is transferred here when messages are sent to the owner window of the common dialog box. 継承クラスでは、このメソッドをオーバーライドして、コモンダイアログボックスに特定の機能を追加できます。Inheriting classes can override this method to add specific functionality to a common dialog box.

適用対象