ContainerControl.AutoScaleDimensions ContainerControl.AutoScaleDimensions ContainerControl.AutoScaleDimensions ContainerControl.AutoScaleDimensions Property

定義

コントロールがデザインされたときの寸法を取得または設定します。Gets or sets the dimensions that the control was designed to.

public:
 property System::Drawing::SizeF AutoScaleDimensions { System::Drawing::SizeF get(); void set(System::Drawing::SizeF value); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public System.Drawing.SizeF AutoScaleDimensions { get; set; }
member this.AutoScaleDimensions : System.Drawing.SizeF with get, set
Public Property AutoScaleDimensions As SizeF

プロパティ値

ASizeFドット/インチ (DPI) を格納しているまたはFontコントロールがデザインされたサイズ。A SizeF containing the dots per inch (DPI) or Font size that the control was designed to.

例外

幅または高さのSizeF値が 0 より小さい場合、この値を設定します。The width or height of the SizeF value is less than 0 when setting this value.

注釈

AutoScaleDimensionsプロパティは、コントロールにスケールまたは用に設計されていますが、画面の DPI またはフォントの設定を表します。The AutoScaleDimensions property represents the DPI or font setting of the screen that the control was scaled to or designed for. 具体的には、デザイン時にこのプロパティは設定、Windows フォーム デザイナーでの値に、モニター使用されています。Specifically, at design time this property will be set by the Windows Forms designer to the value your monitor is currently using. 次に、フォームが読み込まれたら、実行時に場合、CurrentAutoScaleDimensionsプロパティが、 AutoScaleDimensionsPerformAutoScaleコントロールとそのすべての子のスケーリングを実行するメソッドが呼び出されます。Then, when the form loads at run time, if the CurrentAutoScaleDimensions property is different from the AutoScaleDimensions, the PerformAutoScale method will be called to perform scaling of the control and all of its children. その後、AutoScaleDimensions新しいスケール サイズを反映するように更新されます。Afterwards, AutoScaleDimensions will be updated to reflect the new scaling size.

自動スケーリングの詳細については、次を参照してください。 Windows フォームで自動スケーリングします。For more information about automatic scaling, see Automatic Scaling in Windows Forms.

適用対象

こちらもご覧ください