ContainerControl.AutoScaleMode プロパティ

定義

コントロールの自動スケーリング モードを取得または設定します。Gets or sets the automatic scaling mode of the control.

public:
 property System::Windows::Forms::AutoScaleMode AutoScaleMode { System::Windows::Forms::AutoScaleMode get(); void set(System::Windows::Forms::AutoScaleMode value); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public System.Windows.Forms.AutoScaleMode AutoScaleMode { get; set; }
member this.AutoScaleMode : System.Windows.Forms.AutoScaleMode with get, set
Public Property AutoScaleMode As AutoScaleMode

プロパティ値

現在のスケーリング モードを表す AutoScaleModeAn AutoScaleMode that represents the current scaling mode. 既定値は、None です。The default is None.

属性

例外

有効でない AutoScaleMode 値がこのプロパティの設定時に使用されました。An AutoScaleMode value that is not valid was used to set this property.

注釈

プロパティAutoScaleModeは、このコントロールの現在の自動スケーリングモードを指定します。The AutoScaleMode property specifies the current automatic scaling mode of this control. Font使用すると、オペレーティングシステムのフォントのサイズに応じてコントロールまたはフォームの伸縮や縮小を行うことができ、コントロールまたはフォームの絶対サイズが重要でない場合に使用する必要があります。Scaling by Font is useful if you want to have a control or form stretch or shrink according to the size of the fonts in the operating system, and should be used when the absolute size of the control or form does not matter. でのDpiスケーリングは、画面を基準にしてコントロールまたはフォームのサイズを変更する場合に便利です。Scaling by Dpi is useful when you want to size a control or form relative to the screen. たとえば、グラフやその他のグラフィックを表示するコントロールに対してドット/インチ (DPI) のスケーリングを使用して、常に特定の割合の画面を表示することができます。For example, you may want to use dots per inch (DPI) scaling on a control displaying a chart or other graphic so that it always occupies a certain percentage of the screen.

自動スケーリングの詳細については、「 Windows フォームでの自動スケーリング」を参照してください。For more information about automatic scaling, see Automatic Scaling in Windows Forms.

適用対象

こちらもご覧ください