Control.BindingContextChanged イベント

定義

BindingContext プロパティの値が変化したときに発生します。

public:
 event EventHandler ^ BindingContextChanged;
public event EventHandler BindingContextChanged;
member this.BindingContextChanged : EventHandler 
Public Custom Event BindingContextChanged As EventHandler 

イベントの種類

EventHandler

次のコード例では、 EventHandler コントロールの イベントに BindingContextChanged デリゲートを追加 TextBox します。

private:
   void AddEventHandler()
   {
      textBox1->BindingContextChanged += gcnew EventHandler(
         this, &Form1::BindingContext_Changed );
   }

   void BindingContext_Changed( Object^ /*sender*/, EventArgs^ /*e*/ )
   {
      Console::WriteLine( "BindingContext changed" );
   }
private void AddEventHandler()
{
   textBox1.BindingContextChanged += new EventHandler(BindingContext_Changed);
}

private void BindingContext_Changed(object sender, EventArgs e)
{
   Console.WriteLine("BindingContext changed");
}
Private Sub AddEventHandler()
    AddHandler textBox1.BindingContextChanged, _
       AddressOf BindingContext_Changed
End Sub    
   
Private Sub BindingContext_Changed(sender As Object, e As EventArgs)
    Console.WriteLine("BindingContext changed")
End Sub

注釈

プロパティを使用してに新しいを追加するには、 BindingContext Control コンストラクターを参照し BindingContext てください BindingContext

このイベントは、プログラムによる変更またはユーザー操作によってプロパティが変更された BindingContext 場合に発生します。

イベントの処理の詳細については、「処理とイベントの発生」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください