Control.ClientRectangle Control.ClientRectangle Control.ClientRectangle Control.ClientRectangle Property

定義

コントロールのクライアント領域を表す四角形を取得します。Gets the rectangle that represents the client area of the control.

public:
 property System::Drawing::Rectangle ClientRectangle { System::Drawing::Rectangle get(); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public System.Drawing.Rectangle ClientRectangle { get; }
member this.ClientRectangle : System.Drawing.Rectangle
Public ReadOnly Property ClientRectangle As Rectangle

プロパティ値

コントロールのクライアント領域を表す RectangleA Rectangle that represents the client area of the control.

次のコード例は、フォームでの自動スクロールを有効、フォームのサイズを変更して、により、フォームのサイズが変更された後、ボタンが表示されるようになります。The following code example enables auto-scrolling for a form, resizes the form, and ensures that a button remains visible after the form is resized. この例が必要です、Formで、Buttonという名前のbutton2にします。This example requires that you have a Form with a Button named button2 on it.

private:
   void ResizeForm()
   {
      
      // Enable auto-scrolling for the form.
      this->AutoScroll = true;
      
      // Resize the form.
      Rectangle r = this->ClientRectangle;
      
      // Subtract 100 pixels from each side of the Rectangle.
      r.Inflate(  -100, -100 );
      this->Bounds = this->RectangleToScreen( r );
      
      // Make sure button2 is visible.
      this->ScrollControlIntoView( button2 );
   }
private void ResizeForm()
{
   // Enable auto-scrolling for the form.
   this.AutoScroll = true;

   // Resize the form.
   Rectangle r = this.ClientRectangle;
   // Subtract 100 pixels from each side of the Rectangle.
   r.Inflate(-100, -100);
   this.Bounds = this.RectangleToScreen(r);

   // Make sure button2 is visible.
   this.ScrollControlIntoView(button2);
}
Private Sub ResizeForm()
   ' Enable auto-scrolling for the form.
   Me.AutoScroll = True
   
   ' Resize the form.
   Dim r As Rectangle = Me.ClientRectangle
   ' Subtract 100 pixels from each side of the Rectangle.
   r.Inflate(- 100, - 100)
   Me.Bounds = Me.RectangleToScreen(r)
   
   ' Make sure button2 is visible.
   Me.ScrollControlIntoView(button2)
End Sub

注釈

コントロールのクライアント領域は、スクロール バー、罫線、タイトル バー、メニューなどの非クライアント要素マイナス、コントロールの境界です。The client area of a control is the bounds of the control, minus the nonclient elements such as scroll bars, borders, title bars, and menus.

クライアント座標では、コントロールのクライアント領域の左上隅に対して相対的であるために、このプロパティによって返される四角形の左上隅の座標は、(0, 0) になります。Because client coordinates are relative to the upper-left corner of the client area of the control, the coordinates of the upper-left corner of the rectangle returned by this property are (0,0). このプロパティを使用して、コントロールの表面の描画などのタスクに対して、コントロールのクライアント領域の座標とサイズを取得することができます。You can use this property to obtain the size and coordinates of the client area of the control for tasks such as drawing on the surface of the control.

コントロールの描画に関する詳細については、次を参照してください。 Windows フォーム コントロールのレンダリングします。For more information about drawing on controls, see Rendering a Windows Forms Control.

適用対象

こちらもご覧ください