Control.Font プロパティ

定義

コントロールによって表示されるテキストのフォントを取得または設定します。Gets or sets the font of the text displayed by the control.

public:
 virtual property System::Drawing::Font ^ Font { System::Drawing::Font ^ get(); void set(System::Drawing::Font ^ value); };
public virtual System.Drawing.Font Font { get; set; }
member this.Font : System.Drawing.Font with get, set
Public Overridable Property Font As Font

プロパティ値

コントロールによって表示されるテキストに適用される FontThe Font to apply to the text displayed by the control. 既定値は DefaultFont プロパティの値です。The default is the value of the DefaultFont property.

次のコード例では、ユーザーに FontDialog を表示し、DateTimePicker コントロールの Font を変更します。The following code example displays a FontDialog to the user and changes the Font of a DateTimePicker control. この例では、ButtonDateTimePicker を持つ Form が必要です。This example requires that you have a Form with Button and a DateTimePicker on it.

private:
   void myButton_Click( Object^ sender, EventArgs^ e )
   {
      FontDialog^ myFontDialog = gcnew FontDialog;
      if ( myFontDialog->ShowDialog() == ::DialogResult::OK )
      {
         // Set the control's font.
         myDateTimePicker->Font = myFontDialog->Font;
      }
   }
private void myButton_Click(object sender, EventArgs e)
{
   FontDialog myFontDialog = new FontDialog();
   if(myFontDialog.ShowDialog() == DialogResult.OK)
   {
      // Set the control's font.
      myDateTimePicker.Font = myFontDialog.Font;
   }
}
Private Sub myButton_Click(sender As Object, e As EventArgs)
   Dim myFontDialog As FontDialog
   myFontDialog = New FontDialog()
   
   If myFontDialog.ShowDialog() = DialogResult.OK Then
      ' Set the control's font.
      myDateTimePicker.Font = myFontDialog.Font
   End If
End Sub

注釈

Font プロパティはアンビエントプロパティです。The Font property is an ambient property. アンビエントプロパティは、設定されていない場合、親コントロールから取得されるコントロールプロパティです。An ambient property is a control property that, if not set, is retrieved from the parent control. たとえば、Button は、既定では親 Form と同じ BackColor を持ちます。For example, a Button will have the same BackColor as its parent Form by default. アンビエントプロパティの詳細については、AmbientProperties クラスまたは Control クラスの概要を参照してください。For more information about ambient properties, see the AmbientProperties class or the Control class overview.

Font は不変であるため (つまり、プロパティを調整することはできません)、Font プロパティは新しい Fontにのみ割り当てることができます。Because the Font is immutable (meaning that you cannot adjust any of its properties), you can only assign the Font property a new Font. ただし、既存のフォントに基づいて新しいフォントを作成することもできます。However, you can base the new font on the existing font.

[Visual Basic、 C#][Visual Basic, C#]

次に、既存のフォントを太字に調整する方法の例を示します。The following is an example of how to adjust the existing font to make it bold:

myControl.Font = new Font(myControl.Font,   
    myControl.Font.Style | FontStyle.Bold);  
MyControl.Font = New Font(MyControl.Font, _   
    MyControl.Font.Style Or FontStyle.Bold)  

注意 (継承者)

派生クラスの Font プロパティをオーバーライドする場合は、基本クラスの Font プロパティを使用して、基本実装を拡張します。When overriding the Font property in a derived class, use the base class's Font property to extend the base implementation. それ以外の場合は、すべての実装を指定する必要があります。Otherwise, you must provide all the implementation. Font プロパティの getset の両方のアクセサーをオーバーライドする必要はありません。必要に応じて、オーバーライドできるのは1つだけです。You are not required to override both the get and set accessors of the Font property; you can override only one if needed.

適用対象

こちらもご覧ください