Control.ProcessKeyEventArgs(Message) メソッド

定義

キー メッセージを処理し、適切なコントロール イベントを生成します。Processes a key message and generates the appropriate control events.

protected:
 virtual bool ProcessKeyEventArgs(System::Windows::Forms::Message % m);
protected virtual bool ProcessKeyEventArgs (ref System.Windows.Forms.Message m);
abstract member ProcessKeyEventArgs : Message -> bool
override this.ProcessKeyEventArgs : Message -> bool
Protected Overridable Function ProcessKeyEventArgs (ByRef m As Message) As Boolean

パラメーター

m
Message

処理するウィンドウ メッセージを表す、参照渡しされた MessageA Message, passed by reference, that represents the window message to process.

戻り値

Boolean

メッセージがコントロールによって処理された場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the message was processed by the control; otherwise, false.

注釈

このメソッドは、コントロールがキーボードメッセージを受け取ると呼び出されます。This method is called when a control receives a keyboard message. メソッドは、OnKeyPressOnKeyDown、または OnKeyUp メソッドを呼び出すことによって、メッセージの適切なキーイベントを生成します。The method is responsible for generating the appropriate key events for the message by calling the OnKeyPress, OnKeyDown, or OnKeyUp methods. m パラメーターには、処理する必要があるウィンドウメッセージが含まれています。The m parameter contains the window message that must be processed. Message.Msg プロパティに指定できる値は、WM_CHAR、WM_KEYDOWN、WM_SYSKEYDOWN、WM_KEYUP、WM_SYSKEYUP、および WM_IME_CHAR です。Possible values for the Message.Msg property are WM_CHAR, WM_KEYDOWN, WM_SYSKEYDOWN, WM_KEYUP, WM_SYSKEYUP, and WM_IME_CHAR.

注意 (継承者)

派生クラスの ProcessKeyEventArgs(Message) メソッドをオーバーライドする場合、コントロールは true を返して、キーが処理されたことを示す必要があります。When overriding the ProcessKeyEventArgs(Message) method in a derived class, a control should return true to indicate that it has processed the key. コントロールによって処理されないキーの場合は、基本クラスの ProcessKeyEventArgs(Message) メソッドを呼び出した結果が返されます。For keys that are not processed by the control, the result of calling the base class's ProcessKeyEventArgs(Message) method should be returned. コントロールは、このメソッドをオーバーライドする必要はほとんどありません。Controls will seldom, if ever, need to override this method.

適用対象