DataGridView.DataMember プロパティ

定義

DataGridView でデータが表示される対象のデータ ソースのリストまたはテーブルの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the list or table in the data source for which the DataGridView is displaying data.

public:
 property System::String ^ DataMember { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string DataMember { get; set; }
member this.DataMember : string with get, set
Public Property DataMember As String

プロパティ値

DataGridView でデータが表示される対象の DataSource のテーブルまたはリストの名前。The name of the table or list in the DataSource for which the DataGridView is displaying data. 既定値は、Empty です。The default is Empty.

例外

データ ソースでエラーが発生しました。DataError イベントのハンドラーがないか、ハンドラーが ThrowException プロパティを true に設定しました。An error occurred in the data source and either there is no handler for the DataError event or the handler has set the ThrowException property to true. 通常、例外オブジェクトは型 FormatException にキャストできます。The exception object can typically be cast to type FormatException.

このプロパティの一般的な使用例を次のコード例に示します。The following code example illustrates a common use for this property. この例では、customersDataGridView という名前の @no__t 0 コントロールは、customersDataSet という名前の @no__t にバインドされています。In the example, a DataGridView control named customersDataGridView is bound to a DataSet named customersDataSet. この DataSet には "Customers" という名前のテーブルが含まれます。This DataSet contains a table named "Customers". @No__t-0 プロパティは、テーブルの名前に設定されます。The DataMember property is set to the name of the table.

private void BindData()
{
    customersDataGridView.AutoGenerateColumns = true;
    customersDataGridView.DataSource = customersDataSet;
    customersDataGridView.DataMember = "Customers";
}
Private Sub BindData()

    With customersDataGridView
        .AutoGenerateColumns = True
        .DataSource = customersDataSet
        .DataMember = "Customers"
    End With

End Sub

注釈

このプロパティは、複数のリストまたはテーブルを含むデータソースにバインドする場合に便利です。This property is useful when binding to a data source that contains multiple lists or tables. 1つのリストまたはテーブルを含むデータソースにバインドするときに、このプロパティを設定する必要はありません。You do not need to set this property when binding to a data source that contains a single list or table. たとえば、このプロパティを設定せずに1つのテーブルを含む @no__t に @no__t 0 コントロールをバインドできます。For example, you can bind a DataGridView control to a DataSet that contains a single table without setting this property. ただし、DataSet に複数のテーブルが含まれている場合は、このプロパティをいずれかのテーブルの名前に設定する必要があります。If the DataSet contains multiple tables, however, you must set this property to the name of one of the tables.

適用対象

こちらもご覧ください