DataGridView.IsCurrentRowDirty プロパティ

定義

現在の行が確定されていない変更を含んでいるかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current row has uncommitted changes.

public:
 property bool IsCurrentRowDirty { bool get(); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public bool IsCurrentRowDirty { get; }
member this.IsCurrentRowDirty : bool
Public ReadOnly Property IsCurrentRowDirty As Boolean

プロパティ値

現在の行がコミットされていない変更を含む場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the current row has uncommitted changes; otherwise, false.

属性

注釈

鉛筆のグリフが行に表示されている場合、このプロパティは @no__t 0 を返します。This property returns true when the pencil glyph is displayed in the row. 既定では、DataGridView が編集をサポートするデータソースにバインドされている場合、または行レベルのコミットスコープを使用するように仮想モードが実装されている場合を除き、IsCurrentRowDirty プロパティは常に IsCurrentCellDirty プロパティの値と等しくなります。By default, the IsCurrentRowDirty property will always equal the value of the IsCurrentCellDirty property, unless the DataGridView is bound to a data source that supports editing, or virtual mode has been implemented to use row-level commit scope. このような場合、DataGridView は、このプロパティを行レベルで評価します。In these cases, the DataGridView will evaluate this property at the row level.

ユーザーが行から移動すると、コントロールはすべての行の変更をコミットします。When the user navigates away from the row, the control commits all row changes. ユーザーは、CTRL + ENTER キーを押して、行を離れることなく行の変更をコミットすることもできます。The user can also press CTRL+ENTER to commit row changes without leaving the row. プログラムによって行の変更をコミットするには、フォームの @no__t 0 メソッドを呼び出します。To commit row changes programmatically, call the form's Validate method. データソースが @no__t 0 の場合は、BindingSource.EndEdit を呼び出すこともできます。If your data source is a BindingSource, you can also call BindingSource.EndEdit.

適用対象

こちらもご覧ください