DataGridView.ShowEditingIcon DataGridView.ShowEditingIcon DataGridView.ShowEditingIcon DataGridView.ShowEditingIcon Property

定義

編集中のグリフが、編集されているセルの行ヘッダーに表示されるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether or not the editing glyph is visible in the row header of the cell being edited.

public:
 property bool ShowEditingIcon { bool get(); void set(bool value); };
public bool ShowEditingIcon { get; set; }
member this.ShowEditingIcon : bool with get, set
Public Property ShowEditingIcon As Boolean

プロパティ値

編集中のグリフを表示する場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the editing glyph is visible; otherwise, false. 既定値は、true です。The default is true.

注釈

行ヘッダーには、現在のセルが編集モードで、ユーザーがセルを変更したときに鉛筆のように見える編集グリフが表示されます。The row header will display an editing glyph that looks like a pencil when the current cell is in edit mode and the user has made changes to the cell. 編集中のグリフは、行ヘッダー ForeColorセルのプロパティを使用して色分けされます。The editing glyph is colored by using the ForeColor property of the row header cell. グリフを完全に表示するための十分な領域がない場合、グリフはレンダリングされません。The glyph is not rendered if there is not enough space to display it completely. たとえば、行ヘッダーセルにValueプロパティが設定されている場合、テキストとグリフの両方に十分な領域がないと、グリフは削除されます。For example, if the row header cell has its Value property set, the glyph is removed if there is not enough room for both the text and glyph.

編集グリフの表示は、仮想モードのIsCurrentRowDirtyプロパティの値によって制御されます。The display of the editing glyph is controlled by the value of the IsCurrentRowDirty property in virtual mode. それ以外の場合は、 IsCurrentCellDirtyプロパティによって制御されます。Otherwise, it is controlled by the IsCurrentCellDirty property.

標準グリフは公開されていません。The standard glyph is not publicly exposed. グリフをカスタマイズするには、カスタムDataGridViewRowHeaderCellクラスを作成します。To customize the glyph, you can create a custom DataGridViewRowHeaderCell class.

適用対象

こちらもご覧ください