DataGridView.ShowRowErrors DataGridView.ShowRowErrors DataGridView.ShowRowErrors DataGridView.ShowRowErrors Property

定義

データ エントリ エラーを含む行ごとに行ヘッダーでエラー グリフを表示するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether row headers will display error glyphs for each row that contains a data entry error.

public:
 property bool ShowRowErrors { bool get(); void set(bool value); };
public bool ShowRowErrors { get; set; }
member this.ShowRowErrors : bool with get, set
Public Property ShowRowErrors As Boolean

プロパティ値

DataGridViewRow がエラーがあることを示す場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the DataGridViewRow indicates there is an error; otherwise, false. 既定値は true です。The default is true.

注釈

ErrorTextプロパティは行内のセルのいずれかでエラーがあるかどうかを示します。The ErrorText property indicates if there is an error in one of the cells in a row. 場合ErrorText以外の値に設定されてEmpty、エラー グリフし (ErrorProvider アイコン) 行ヘッダーに表示されます。If ErrorText is set to a value other than Empty, then an error glyph (ErrorProvider icon) is shown in the row header.

行ヘッダーの既定の幅には、グリフが表示されているかどうか、エラー グリフを表示する十分な空き領域が含まれています。The default width of the row header includes enough room to display the error glyph, whether or not the glyph is displayed. 行ヘッダーのサイズが完全にグリフを表示するには、十分な領域がないように調整すると、グリフはレンダリングされません。If the row header size is adjusted so that there is not enough space to display the glyph completely, the glyph is not rendered.

行ヘッダーはテキストとグリフの両方を表示できるため、ヘッダーの内容はとおりに優先度、表示します。Because row headers can display both text and glyphs, header content is displayed by priority, as follows:

  1. 行ヘッダー セルに表示されるテキスト。Text displayed in the row header cell.

  2. 編集中のグリフ。The editing glyph.

  3. エラー グリフ。The error glyph.

たとえば、行の幅が低下している場合エラー グリフ消えて最初に、標準グリフをテキスト。For example, if the row width is decreased, the error glyph disappears first, then the standard glyph, then text.

高度なユーザーがカスタムに開発することでエラー グリフをカスタマイズできるDataGridViewRowHeaderCellまたはDataGridViewCellクラス。Advanced users can customize the error glyph by developing a custom DataGridViewRowHeaderCell or DataGridViewCell class.

適用対象

こちらもご覧ください