DataGridViewAutoSizeColumnModeEventHandler 代理人

定義

AutoSizeColumnModeChanged コントロールの DataGridView イベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that will handle the AutoSizeColumnModeChanged event of a DataGridView control.

public delegate void DataGridViewAutoSizeColumnModeEventHandler(System::Object ^ sender, DataGridViewAutoSizeColumnModeEventArgs ^ e);
public delegate void DataGridViewAutoSizeColumnModeEventHandler(object sender, DataGridViewAutoSizeColumnModeEventArgs e);
type DataGridViewAutoSizeColumnModeEventHandler = delegate of obj * DataGridViewAutoSizeColumnModeEventArgs -> unit
Public Delegate Sub DataGridViewAutoSizeColumnModeEventHandler(sender As Object, e As DataGridViewAutoSizeColumnModeEventArgs)

パラメーター

sender
Object

イベントのソース。The source of the event.

e
DataGridViewAutoSizeColumnModeEventArgs

イベント データを格納している DataGridViewAutoSizeColumnModeEventArgsA DataGridViewAutoSizeColumnModeEventArgs that contains the event data.

継承
DataGridViewAutoSizeColumnModeEventHandler

注釈

AutoSizeColumnModeChanged イベントは、DataGridView コントロール内の列の AutoSizeMode プロパティの値が変更されたときに発生します。The AutoSizeColumnModeChanged event is raised when the value of the AutoSizeMode property of a column in a DataGridView control changes.

DataGridViewAutoSizeColumnModeEventHandler デリゲートを作成する場合は、イベントを処理するメソッドを指定します。When you create a DataGridViewAutoSizeColumnModeEventHandler delegate, you identify the method that will handle the event. イベントをイベント ハンドラーに関連付けるには、デリゲートのインスタンスをイベントに追加します。To associate the event with your event handler, add an instance of the delegate to the event. デリゲートを削除しない限り、そのイベントが発生すると常にイベント ハンドラーが呼び出されます。The event handler is called whenever the event occurs, unless you remove the delegate. イベントハンドラーデリゲートの詳細については、「イベントの処理と発生」を参照してください。For more information about event-handler delegates, see Handling and Raising Events.

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。Gets an object that represents the method represented by the specified delegate.

適用対象

こちらもご覧ください