DataGridViewRow.GetErrorText(Int32) DataGridViewRow.GetErrorText(Int32) DataGridViewRow.GetErrorText(Int32) DataGridViewRow.GetErrorText(Int32) Method

定義

指定したインデックス位置の行のエラー テキストを取得します。Gets the error text for the row at the specified index.

public:
 System::String ^ GetErrorText(int rowIndex);
public string GetErrorText (int rowIndex);
member this.GetErrorText : int -> string
Public Function GetErrorText (rowIndex As Integer) As String

パラメーター

rowIndex
Int32 Int32 Int32 Int32

エラーを含む行のインデックス。The index of the row that contains the error.

戻り値

指定したインデックス位置の行のエラーを説明する文字列。A string that describes the error of the row at the specified index.

例外

行が DataGridView コントロールに属しており、共有行です。The row belongs to a DataGridView control and is a shared row.

行が DataGridView コントロールに属しており、rowIndex がゼロ未満か、コントロールの行数から 1 を引いた値を超えています。The row belongs to a DataGridView control and rowIndex is less than zero or greater than the number of rows in the control minus one.

注釈

GetErrorTextDataGridViewRow取得するために使用したインデックスをメソッドに渡します。Pass the GetErrorText method the index you used to retrieve the DataGridViewRow. パラメーターには、 Indexプロパティを使用しないでください。 rowIndexDo not use the Index property for the rowIndex parameter. 行が共有されてIndexいる場合、は-1 です。これはrowIndex、の無効な値です。If the row is shared, Index is -1, which is an invalid value for rowIndex. 行の共有の詳細については、「 Windows フォーム DataGridView コントロールのスケーリングに関するベストプラクティス」を参照してください。For more information about row sharing, see Best Practices for Scaling the Windows Forms DataGridView Control.

適用対象

こちらもご覧ください