DataGridViewRowCancelEventArgs クラス

定義

UserDeletingRowDataGridView イベントのデータを提供します。

public ref class DataGridViewRowCancelEventArgs : System::ComponentModel::CancelEventArgs
public class DataGridViewRowCancelEventArgs : System.ComponentModel.CancelEventArgs
type DataGridViewRowCancelEventArgs = class
    inherit CancelEventArgs
Public Class DataGridViewRowCancelEventArgs
Inherits CancelEventArgs
継承
DataGridViewRowCancelEventArgs

この型の使用方法を次のコード例に示します。 この例は、「方法: Windows フォーム DataGridView コントロールで仮想モードを実装する」で利用可能な、より大きな例の一部です。

void dataGridView1_UserDeletingRow( Object^ /*sender*/,
    System::Windows::Forms::DataGridViewRowCancelEventArgs^ e )
{
   if ( e->Row->Index < this->customers->Count )
   {
      
      // If the user has deleted an existing row, remove the 
      // corresponding Customer object from the data store.
      this->customers->RemoveAt( e->Row->Index );
   }

   if ( e->Row->Index == this->rowInEdit )
   {
      
      // If the user has deleted a newly created row, release
      // the corresponding Customer object. 
      this->rowInEdit = -1;
      this->customerInEdit = nullptr;
   }
}
private void dataGridView1_UserDeletingRow(object sender,
    System.Windows.Forms.DataGridViewRowCancelEventArgs e)
{
    if (e.Row.Index < this.customers.Count)
    {
        // If the user has deleted an existing row, remove the 
        // corresponding Customer object from the data store.
        this.customers.RemoveAt(e.Row.Index);
    }

    if (e.Row.Index == this.rowInEdit)
    {
        // If the user has deleted a newly created row, release
        // the corresponding Customer object. 
        this.rowInEdit = -1;
        this.customerInEdit = null;
    }
}
Private Sub dataGridView1_UserDeletingRow(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As System.Windows.Forms.DataGridViewRowCancelEventArgs) _
    Handles dataGridView1.UserDeletingRow

    If e.Row.Index < Me.customers.Count Then

        ' If the user has deleted an existing row, remove the 
        ' corresponding Customer object from the data store.
        Me.customers.RemoveAt(e.Row.Index)

    End If

    If e.Row.Index = Me.rowInEdit Then

        ' If the user has deleted a newly created row, release
        ' the corresponding Customer object. 
        Me.rowInEdit = -1
        Me.customerInEdit = Nothing

    End If

End Sub

注釈

イベントハンドラー内の行の削除を取り消すには、 UserDeletingRow プロパティを Cancel に設定し true ます。

イベントを処理する方法の詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。

コンストラクター

DataGridViewRowCancelEventArgs(DataGridViewRow)

DataGridViewRowCancelEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Cancel

イベントをキャンセルするかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 CancelEventArgs)
Row

ユーザーが削除しようとしている行を取得します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください