FileNameEditor クラス

定義

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

ファイル名を選択するためのユーザー インターフェイスを提供します。Provides a user interface for selecting a file name.

public ref class FileNameEditor : System::Drawing::Design::UITypeEditor
[System.CLSCompliant(false)]
public class FileNameEditor : System.Drawing.Design.UITypeEditor
type FileNameEditor = class
    inherit UITypeEditor
Public Class FileNameEditor
Inherits UITypeEditor
継承
FileNameEditor
属性

次のコード例ではEditorAttribute 、を使用FileNameEditorして、をプロパティに関連付けます。The following code example uses an EditorAttribute to associate the FileNameEditor with a property.

public:
   [EditorAttribute(System::ComponentModel::Design::CollectionEditor::typeid,
      System::Drawing::Design::UITypeEditor::typeid)]
   property String^ testFilename 
   {
      String^ get()
      {
         return filename;
      }
      void set( String^ value )
      {
         filename = value;
      }
   }
private:
   String^ filename;
[EditorAttribute(typeof(System.Windows.Forms.Design.FileNameEditor), typeof(System.Drawing.Design.UITypeEditor))]
public string testFilename
{
    get
    {
        return filename;
    }
    set
    {
        filename = value;
    }
}
private string filename;       
<EditorAttribute(GetType(System.Windows.Forms.Design.FileNameEditor), GetType(System.Drawing.Design.UITypeEditor))>  _
Public Property testFilename() As String
   Get
      Return filename
   End Get
   Set
      filename = value
   End Set
End Property
Private filename As String   

注釈

FileNameEditorファイル名の選択と編集を行うためのファイル選択ダイアログボックスを提供します。FileNameEditor provides a file selection dialog box for file name selection and editing.

注意 (継承者)

このクラスから継承して、ダイアログの独自のタイトルと、独自のファイルリストフィルター拡張機能を提供することができます。You may inherit from this class to provide your own title for the dialog and your own file list filter extensions.

コンストラクター

FileNameEditor()

FileNameEditor クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the FileNameEditor class.

プロパティ

IsDropDownResizable

ユーザーがドロップダウン エディターのサイズを変更できるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether drop-down editors should be resizable by the user.

(継承元 UITypeEditor)

メソッド

EditValue(IServiceProvider, Object)

GetEditStyle() メソッドで提供されたエディター スタイルを使用して、指定したオブジェクトの値を編集します。Edits the value of the specified object using the editor style indicated by the GetEditStyle() method.

(継承元 UITypeEditor)
EditValue(ITypeDescriptorContext, IServiceProvider, Object)

GetEditStyle(ITypeDescriptorContext) メソッドによって提供されるエディター スタイルを使用して、指定したオブジェクトを編集します。Edits the specified object using the editor style provided by the GetEditStyle(ITypeDescriptorContext) method.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetEditStyle()

EditValue(IServiceProvider, Object) メソッドで使用するエディター スタイルを取得します。Gets the editor style used by the EditValue(IServiceProvider, Object) method.

(継承元 UITypeEditor)
GetEditStyle(ITypeDescriptorContext)

EditValue(ITypeDescriptorContext, IServiceProvider, Object) メソッドで使用する編集スタイルを取得します。Gets the editing style used by the EditValue(ITypeDescriptorContext, IServiceProvider, Object) method.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetPaintValueSupported()

エディターでオブジェクトの値の視覚的な表現を描画できるかどうかを示します。Indicates whether this editor supports painting a representation of an object's value.

(継承元 UITypeEditor)
GetPaintValueSupported(ITypeDescriptorContext)

指定したコンテキスト内でオブジェクトの値の視覚的な表現を描画できるかどうかを示します。Indicates whether the specified context supports painting a representation of an object's value within the specified context.

(継承元 UITypeEditor)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeDialog(OpenFileDialog)

ファイルを開くためのダイアログ ボックスを作成するときにそのダイアログ ボックスを初期化します。Initializes the open file dialog when it is created.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
PaintValue(Object, Graphics, Rectangle)

指定したキャンバスに、指定したオブジェクトの値の視覚的な表現を描画します。Paints a representation of the value of the specified object to the specified canvas.

(継承元 UITypeEditor)
PaintValue(PaintValueEventArgs)

指定した PaintValueEventArgs を使用して、オブジェクトの値の視覚的な表現を描画します。Paints a representation of the value of an object using the specified PaintValueEventArgs.

(継承元 UITypeEditor)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象