ParentControlDesigner クラス

定義

入れ子になったコントロールをサポートする Control のデザイン モードの動作を拡張します。

public ref class ParentControlDesigner : System::Windows::Forms::Design::ControlDesigner
public class ParentControlDesigner : System.Windows.Forms.Design.ControlDesigner
type ParentControlDesigner = class
    inherit ControlDesigner
Public Class ParentControlDesigner
Inherits ControlDesigner
継承
ParentControlDesigner
派生

次の例では、カスタム ParentControlDesignerを実装する方法を示します。 このコード例は、インターフェイスに提供されるより大きな例の IToolboxUser 一部です。

#using <System.Drawing.dll>
#using <System.dll>
#using <System.Design.dll>
#using <System.Windows.Forms.dll>

using namespace System;
using namespace System::Collections;
using namespace System::ComponentModel;
using namespace System::ComponentModel::Design;
using namespace System::Diagnostics;
using namespace System::Drawing;
using namespace System::Drawing::Design;
using namespace System::Windows::Forms;
using namespace System::Windows::Forms::Design;

// This example contains an IRootDesigner that implements the IToolboxUser interface.
// This example demonstrates how to enable the GetToolSupported method of an IToolboxUser
// designer in order to disable specific toolbox items, and how to respond to the 
// invocation of a ToolboxItem in the ToolPicked method of an IToolboxUser implementation.
public ref class SampleRootDesigner;

// The following attribute associates the SampleRootDesigner with this example component.

[DesignerAttribute(__typeof(SampleRootDesigner),__typeof(IRootDesigner))]
public ref class RootDesignedComponent: public Control{};


// This example component class demonstrates the associated IRootDesigner which 
// implements the IToolboxUser interface. When designer view is invoked, Visual 
// Studio .NET attempts to display a design mode view for the class at the top 
// of a code file. This can sometimes fail when the class is one of multiple types 
// in a code file, and has a DesignerAttribute associating it with an IRootDesigner. 
// Placing a derived class at the top of the code file solves this problem. A 
// derived class is not typically needed for this reason, except that placing the 
// RootDesignedComponent class in another file is not a simple solution for a code 
// example that is packaged in one segment of code.
public ref class RootViewSampleComponent: public RootDesignedComponent{};


// This example IRootDesigner implements the IToolboxUser interface and provides a 
// Windows Forms view technology view for its associated component using an internal 
// Control type.     
// The following ToolboxItemFilterAttribute enables the GetToolSupported method of this
// IToolboxUser designer to be queried to check for whether to enable or disable all 
// ToolboxItems which create any components whose type name begins with "System.Windows.Forms".

[ToolboxItemFilterAttribute(S"System.Windows.Forms",ToolboxItemFilterType::Custom)]
public ref class SampleRootDesigner: public ParentControlDesigner, public IRootDesigner, public IToolboxUser
{
public private:
   ref class RootDesignerView;

private:

   // This field is a custom Control type named RootDesignerView. This field references
   // a control that is shown in the design mode document window.
   RootDesignerView^ view;

   // This string array contains type names of components that should not be added to 
   // the component managed by this designer from the Toolbox.  Any ToolboxItems whose 
   // type name matches a type name in this array will be marked disabled according to  
   // the signal returned by the IToolboxUser.GetToolSupported method of this designer.
   array<String^>^blockedTypeNames;

public:
   SampleRootDesigner()
   {
      array<String^>^tempTypeNames = {"System.Windows.Forms.ListBox","System.Windows.Forms.GroupBox"};
      blockedTypeNames = tempTypeNames;
   }


private:

   property array<ViewTechnology>^ SupportedTechnologies 
   {

      // IRootDesigner.SupportedTechnologies is a required override for an IRootDesigner.
      // This designer provides a display using the Windows Forms view technology.
      array<ViewTechnology>^ IRootDesigner::get()
      {
         ViewTechnology temp0[] = {ViewTechnology::WindowsForms};
         return temp0;
      }

   }

   // This method returns an object that provides the view for this root designer. 
   Object^ IRootDesigner::GetView( ViewTechnology technology )
   {
      
      // If the design environment requests a view technology other than Windows 
      // Forms, this method throws an Argument Exception.
      if ( technology != ViewTechnology::WindowsForms )
            throw gcnew ArgumentException( "An unsupported view technology was requested","Unsupported view technology." );

      
      // Creates the view object if it has not yet been initialized.
      if ( view == nullptr )
            view = gcnew RootDesignerView( this );

      return view;
   }


   // This method can signal whether to enable or disable the specified
   // ToolboxItem when the component associated with this designer is selected.
   bool IToolboxUser::GetToolSupported( ToolboxItem^ tool )
   {
      
      // Search the blocked type names array for the type name of the tool
      // for which support for is being tested. Return false to indicate the
      // tool should be disabled when the associated component is selected.
      for ( int i = 0; i < blockedTypeNames->Length; i++ )
         if ( tool->TypeName == blockedTypeNames[ i ] )
                  return false;

      
      // Return true to indicate support for the tool, if the type name of the
      // tool is not located in the blockedTypeNames string array.
      return true;
   }


   // This method can perform behavior when the specified tool has been invoked.
   // Invocation of a ToolboxItem typically creates a component or components, 
   // and adds any created components to the associated component.
   void IToolboxUser::ToolPicked( ToolboxItem^ /*tool*/ ){}


public private:

   // This control provides a Windows Forms view technology view object that 
   // provides a display for the SampleRootDesigner.

   [DesignerAttribute(__typeof(ParentControlDesigner),__typeof(IDesigner))]
   ref class RootDesignerView: public Control
   {
   private:

      // This field stores a reference to a designer.
      IDesigner^ m_designer;

   public:
      RootDesignerView( IDesigner^ designer )
      {
         
         // Perform basic control initialization.
         m_designer = designer;
         BackColor = Color::Blue;
         Font = gcnew System::Drawing::Font( Font->FontFamily->Name,24.0f );
      }


   protected:

      // This method is called to draw the view for the SampleRootDesigner.
      void OnPaint( PaintEventArgs^ pe )
      {
         Control::OnPaint( pe );
         
         // Draw the name of the component in large letters.
         pe->Graphics->DrawString( m_designer->Component->Site->Name, Font, Brushes::Yellow, ClientRectangle );
      }

   };


};
using System;
using System.Collections;
using System.ComponentModel;
using System.ComponentModel.Design;
using System.Diagnostics;
using System.Drawing;
using System.Drawing.Design;
using System.Windows.Forms;
using System.Windows.Forms.Design;

// This example contains an IRootDesigner that implements the IToolboxUser interface.
// This example demonstrates how to enable the GetToolSupported method of an IToolboxUser
// designer in order to disable specific toolbox items, and how to respond to the 
// invocation of a ToolboxItem in the ToolPicked method of an IToolboxUser implementation.
namespace IToolboxUserExample
{
    // This example component class demonstrates the associated IRootDesigner which 
    // implements the IToolboxUser interface. When designer view is invoked, Visual 
    // Studio .NET attempts to display a design mode view for the class at the top 
    // of a code file. This can sometimes fail when the class is one of multiple types 
    // in a code file, and has a DesignerAttribute associating it with an IRootDesigner. 
    // Placing a derived class at the top of the code file solves this problem. A 
    // derived class is not typically needed for this reason, except that placing the 
    // RootDesignedComponent class in another file is not a simple solution for a code 
    // example that is packaged in one segment of code.
    public class RootViewSampleComponent : RootDesignedComponent
    {
    }

    // The following attribute associates the SampleRootDesigner with this example component.
    [DesignerAttribute(typeof(SampleRootDesigner), typeof(IRootDesigner))]
    public class RootDesignedComponent : System.Windows.Forms.Control
    {
    }

    // This example IRootDesigner implements the IToolboxUser interface and provides a 
    // Windows Forms view technology view for its associated component using an internal 
    // Control type.     
    // The following ToolboxItemFilterAttribute enables the GetToolSupported method of this
    // IToolboxUser designer to be queried to check for whether to enable or disable all 
    // ToolboxItems which create any components whose type name begins with "System.Windows.Forms".
    [ToolboxItemFilterAttribute("System.Windows.Forms", ToolboxItemFilterType.Custom)]
    public class SampleRootDesigner : ParentControlDesigner, IRootDesigner, IToolboxUser
    {
        // This field is a custom Control type named RootDesignerView. This field references
        // a control that is shown in the design mode document window.
        private RootDesignerView view;

        // This string array contains type names of components that should not be added to 
        // the component managed by this designer from the Toolbox.  Any ToolboxItems whose 
        // type name matches a type name in this array will be marked disabled according to  
        // the signal returned by the IToolboxUser.GetToolSupported method of this designer.
        private string[] blockedTypeNames =
        {
            "System.Windows.Forms.ListBox",
            "System.Windows.Forms.GroupBox"
        };

        // IRootDesigner.SupportedTechnologies is a required override for an IRootDesigner.
        // This designer provides a display using the Windows Forms view technology.
        ViewTechnology[] IRootDesigner.SupportedTechnologies 
        {
            get { return new ViewTechnology[] {ViewTechnology.Default}; }
        }

        // This method returns an object that provides the view for this root designer. 
        object IRootDesigner.GetView(ViewTechnology technology) 
        {
            // If the design environment requests a view technology other than Windows 
            // Forms, this method throws an Argument Exception.
            if (technology != ViewTechnology.Default)            
                throw new ArgumentException("An unsupported view technology was requested", 
                "Unsupported view technology.");            
            
            // Creates the view object if it has not yet been initialized.
            if (view == null)                            
                view = new RootDesignerView(this);          
  
            return view;
        }

        // This method can signal whether to enable or disable the specified
        // ToolboxItem when the component associated with this designer is selected.
        bool IToolboxUser.GetToolSupported(ToolboxItem tool)
        {       
            // Search the blocked type names array for the type name of the tool
            // for which support for is being tested. Return false to indicate the
            // tool should be disabled when the associated component is selected.
            for( int i=0; i<blockedTypeNames.Length; i++ )
                if( tool.TypeName == blockedTypeNames[i] )
                    return false;
            
            // Return true to indicate support for the tool, if the type name of the
            // tool is not located in the blockedTypeNames string array.
            return true;
        }
    
        // This method can perform behavior when the specified tool has been invoked.
        // Invocation of a ToolboxItem typically creates a component or components, 
        // and adds any created components to the associated component.
        void IToolboxUser.ToolPicked(ToolboxItem tool)
        {
        }

        // This control provides a Windows Forms view technology view object that 
        // provides a display for the SampleRootDesigner.
        [DesignerAttribute(typeof(ParentControlDesigner), typeof(IDesigner))]
        internal class RootDesignerView : Control
        {
            // This field stores a reference to a designer.
            private IDesigner m_designer;

            public RootDesignerView(IDesigner designer)
            {
                // Perform basic control initialization.
                m_designer = designer;
                BackColor = Color.Blue;
                Font = new Font(Font.FontFamily.Name, 24.0f);                
            }

            // This method is called to draw the view for the SampleRootDesigner.
            protected override void OnPaint(PaintEventArgs pe)
            {
                base.OnPaint(pe);
                // Draw the name of the component in large letters.
                pe.Graphics.DrawString(m_designer.Component.Site.Name, Font, Brushes.Yellow, ClientRectangle);
            }
        }
    }
}
Imports System.Collections
Imports System.ComponentModel
Imports System.ComponentModel.Design
Imports System.Diagnostics
Imports System.Drawing
Imports System.Drawing.Design
Imports System.Windows.Forms
Imports System.Windows.Forms.Design

' This example contains an IRootDesigner that implements the IToolboxUser interface.
' This example demonstrates how to enable the GetToolSupported method of an IToolboxUser
' designer in order to disable specific toolbox items, and how to respond to the 
' invocation of a ToolboxItem in the ToolPicked method of an IToolboxUser implementation.
' This example component class demonstrates the associated IRootDesigner which 
' implements the IToolboxUser interface. When designer view is invoked, Visual 
' Studio .NET attempts to display a design mode view for the class at the top 
' of a code file. This can sometimes fail when the class is one of multiple types 
' in a code file, and has a DesignerAttribute associating it with an IRootDesigner. 
' Placing a derived class at the top of the code file solves this problem. A 
' derived class is not typically needed for this reason, except that placing the 
' RootDesignedComponent class in another file is not a simple solution for a code 
' example that is packaged in one segment of code.

Public Class RootViewSampleComponent
    Inherits RootDesignedComponent
End Class

' The following attribute associates the SampleRootDesigner with this example component.
<DesignerAttribute(GetType(SampleRootDesigner), GetType(IRootDesigner))> _
Public Class RootDesignedComponent
    Inherits System.Windows.Forms.Control
End Class

' This example IRootDesigner implements the IToolboxUser interface and provides a 
' Windows Forms view technology view for its associated component using an internal 
' Control type.     
' The following ToolboxItemFilterAttribute enables the GetToolSupported method of this
' IToolboxUser designer to be queried to check for whether to enable or disable all 
' ToolboxItems which create any components whose type name begins with "System.Windows.Forms".
<ToolboxItemFilterAttribute("System.Windows.Forms", ToolboxItemFilterType.Custom)> _
<System.Security.Permissions.PermissionSetAttribute(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand, Name:="FullTrust")> _
Public Class SampleRootDesigner
    Inherits ParentControlDesigner
    Implements IRootDesigner, IToolboxUser

    ' Member field of custom type RootDesignerView, a control that is shown in the 
    ' design mode document window. This member is cached to reduce processing needed 
    ' to recreate the view control on each call to GetView().
    Private m_view As RootDesignerView

    ' This string array contains type names of components that should not be added to 
    ' the component managed by this designer from the Toolbox.  Any ToolboxItems whose 
    ' type name matches a type name in this array will be marked disabled according to  
    ' the signal returned by the IToolboxUser.GetToolSupported method of this designer.
    Private blockedTypeNames As String() = {"System.Windows.Forms.ListBox", "System.Windows.Forms.GroupBox"}

    ' IRootDesigner.SupportedTechnologies is a required override for an IRootDesigner.
    ' This designer provides a display using the Windows Forms view technology.
    ReadOnly Property SupportedTechnologies() As ViewTechnology() Implements IRootDesigner.SupportedTechnologies
        Get
            Return New ViewTechnology() {ViewTechnology.Default}
        End Get
    End Property

    ' This method returns an object that provides the view for this root designer. 
    Function GetView(ByVal technology As ViewTechnology) As Object Implements IRootDesigner.GetView
        ' If the design environment requests a view technology other than Windows 
        ' Forms, this method throws an Argument Exception.
        If technology <> ViewTechnology.Default Then
            Throw New ArgumentException("An unsupported view technology was requested", "Unsupported view technology.")
        End If

        ' Creates the view object if it has not yet been initialized.
        If m_view Is Nothing Then
            m_view = New RootDesignerView(Me)
        End If
        Return m_view
    End Function

    ' This method can signal whether to enable or disable the specified
    ' ToolboxItem when the component associated with this designer is selected.
    Function GetToolSupported(ByVal tool As ToolboxItem) As Boolean Implements IToolboxUser.GetToolSupported
        ' Search the blocked type names array for the type name of the tool
        ' for which support for is being tested. Return false to indicate the
        ' tool should be disabled when the associated component is selected.
        Dim i As Integer
        For i = 0 To blockedTypeNames.Length - 1
            If tool.TypeName = blockedTypeNames(i) Then
                Return False
            End If
        Next i ' Return true to indicate support for the tool, if the type name of the
        ' tool is not located in the blockedTypeNames string array.
        Return True
    End Function

    ' This method can perform behavior when the specified tool has been invoked.
    ' Invocation of a ToolboxItem typically creates a component or components, 
    ' and adds any created components to the associated component.
    Sub ToolPicked(ByVal tool As ToolboxItem) Implements IToolboxUser.ToolPicked
    End Sub

    ' This control provides a Windows Forms view technology view object that 
    ' provides a display for the SampleRootDesigner.
    <DesignerAttribute(GetType(ParentControlDesigner), GetType(IDesigner))> _
    Friend Class RootDesignerView
        Inherits Control
        ' This field stores a reference to a designer.
        Private m_designer As IDesigner

        Public Sub New(ByVal designer As IDesigner)
            ' Performs basic control initialization.
            m_designer = designer
            BackColor = Color.Blue
            Font = New Font(Font.FontFamily.Name, 24.0F)
        End Sub

        ' This method is called to draw the view for the SampleRootDesigner.
        Protected Overrides Sub OnPaint(ByVal pe As PaintEventArgs)
            MyBase.OnPaint(pe)
            ' Draws the name of the component in large letters.
            pe.Graphics.DrawString(m_designer.Component.Site.Name, Font, Brushes.Yellow, New RectangleF(ClientRectangle.X, ClientRectangle.Y, ClientRectangle.Width, ClientRectangle.Height))
        End Sub
    End Class
End Class

注釈

ParentControlDesigner には、子コントロールを含めることができるコントロールのデザイナー用の基本クラスが用意されています。 メソッドとクラスからControlDesignerComponentDesigner継承されたメソッドと機能に加えて、ParentControlDesignerデザイン時に拡張される動作を持つコントロールに子コントロールを追加、削除、選択、配置することができます。

を使用して DesignerAttribute、デザイナーを型に関連付けることができます。 デザイン時の動作のカスタマイズの概要については、「 Design-Time サポートの拡張」を参照してください。

コンストラクター

ParentControlDesigner()

ParentControlDesigner クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

accessibilityObj

デザイナーのアクセシビリティ オブジェクトを指定します。

(継承元 ControlDesigner)

プロパティ

AccessibilityObject

コントロールに割り当てられた AccessibleObject を取得します。

(継承元 ControlDesigner)
ActionLists

デザイナーに関連付けられているコンポーネントでサポートされているデザイン時アクション リストを取得します。

(継承元 ComponentDesigner)
AllowControlLasso

選択されたコントロールに親が再指定されるかどうかを示す値を取得します。

AllowGenericDragBox

ツールボックス項目をデザイナー画面にドラッグしたときに、ジェネリック ダイアログ ボックスを描画するかどうかを示す値を取得します。

AllowSetChildIndexOnDrop

ドラッグしたコントロールを ParentControlDesigner にドロップしたときに、ドラッグしたコントロールの z オーダーを維持するかどうかを示す値を取得します。

AssociatedComponents

デザイナーで管理されているコンポーネントに関連付けられているコンポーネントのコレクションを取得します。

(継承元 ControlDesigner)
AutoResizeHandles

AutoSize プロパティの値に基づいてサイズ変更ハンドルを割り当てるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 ControlDesigner)
BehaviorService

デザイン環境から BehaviorService を取得します。

(継承元 ControlDesigner)
Component

デザイナーがデザインするコンポーネントを取得します。

(継承元 ComponentDesigner)
Control

デザイナーがデザインするコントロールを取得します。

(継承元 ControlDesigner)
DefaultControlLocation

デザイナーに追加されたコントロールの既定の位置を取得します。

DrawGrid

このデザイナーのコントロールにグリッドを描画するかどうかを示す値を取得または設定します。

EnableDragRect

デザイナーによってドラッグ四角形が描画されるかどうかを示す値を取得します。

GridSize

デザイナーがグリッド描画モードのときに描画されるグリッドの各四角形のサイズを取得または設定します。

InheritanceAttribute

デザイナーの InheritanceAttribute を取得します。

(継承元 ControlDesigner)
Inherited

コンポーネントが継承されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ComponentDesigner)
MouseDragTool

ドラッグ操作中に、デザイナーに有効なツールがあるかどうかを示す値を取得します。

ParentComponent

ControlDesigner の親コンポーネントを取得します。

(継承元 ControlDesigner)
ParticipatesWithSnapLines

ドラッグ操作中に ControlDesigner でスナップ線を配置できるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 ControlDesigner)
SelectionRules

コンポーネントの移動機能を示す選択規則を取得します。

(継承元 ControlDesigner)
ShadowProperties

ユーザー設定値をオーバーライドするプロパティ値のコレクションを取得します。

(継承元 ComponentDesigner)
SnapLines

このコントロールの有効な配置ポイントを表す SnapLine オブジェクトの一覧を取得します。

SnapLines

このコントロールの有効な配置ポイントを表す SnapLine オブジェクトの一覧を取得します。

(継承元 ControlDesigner)
Verbs

デサイナに関連付けられているコンポーネントがサポートしているデザイン時の動詞を取得します。

(継承元 ComponentDesigner)

メソッド

AddPaddingSnapLines(ArrayList)

埋め込みスナップ線を追加します。

BaseWndProc(Message)

Windows メッセージを処理します。

(継承元 ControlDesigner)
CanAddComponent(IComponent)

親コンテナーにコンポーネントが追加されたときに呼び出されます。

CanBeParentedTo(IDesigner)

このデザイナーのコントロールが、指定したデザイナーのコントロールを親として持つことができるかどうかを示します。

(継承元 ControlDesigner)
CanParent(Control)

指定したコントロールをこのデザイナーによって管理されるコントロールの子にできるかどうかを示します。

CanParent(ControlDesigner)

指定したデザイナーによって管理されるコントロールを、このデザイナーによって管理されるコントロールの子にできるかどうかを示します。

CreateTool(ToolboxItem)

指定したツールからコンポーネントまたはコントロールを作成し、それを現在のデザイン ドキュメントに追加します。

CreateTool(ToolboxItem, Point)

指定したツールからコンポーネントまたはコントロールを作成し、それを現在のデザイン ドキュメントの指定した位置に追加します。

CreateTool(ToolboxItem, Rectangle)

指定したツールからコンポーネントまたはコントロールを作成し、それを現在のデザイン ドキュメントの指定した四角形の境界内に追加します。

CreateToolCore(ToolboxItem, Int32, Int32, Int32, Int32, Boolean, Boolean)

すべての CreateTool(ToolboxItem) メソッドのコア機能を提供します。

DefWndProc(Message)

Windows メッセージの既定の処理を提供します。

(継承元 ControlDesigner)
DisplayError(Exception)

指定した例外に関する情報をユーザーに表示します。

(継承元 ControlDesigner)
Dispose()

ComponentDesigner によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 ComponentDesigner)
Dispose(Boolean)

ParentControlDesigner が使用しているアンマネージド リソースを解放します。オプションとして、マネージド リソースを解放することもできます。

DoDefaultAction()

コンポーネントの既定イベントに対するメソッド シグネチャをソース コード ファイル内に作成し、コード内のその位置にカーソルを移動します。

(継承元 ComponentDesigner)
EnableDesignMode(Control, String)

子コントロールに対するデザイン時の機能を有効にします。

(継承元 ControlDesigner)
EnableDragDrop(Boolean)

デザイン中のコントロールに対して、ドラッグ アンド ドロップのサポートを有効または無効にします。

(継承元 ControlDesigner)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetControl(Object)

指定したコンポーネントのデザイナーからコントロールを取得します。

GetControlGlyph(GlyphSelectionType)

コントロールの境界を表す本体グリフを取得します。

GetControlGlyph(GlyphSelectionType)

このコントロールのバインドを表す ControlBodyGlyph を返します。

(継承元 ControlDesigner)
GetGlyphs(GlyphSelectionType)

標準コントロールの選択境界線とグラブ ハンドルを表す Glyph オブジェクトのコレクションを取得します。

GetGlyphs(GlyphSelectionType)

標準コントロールの選択境界線とグラブ ハンドルを表す Glyph オブジェクトのコレクションを取得します。

(継承元 ControlDesigner)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetHitTest(Point)

指定した点でのマウス クリックがコントロールによって処理されるかどうかを示します。

(継承元 ControlDesigner)
GetParentForComponent(IComponent)

コンポーネントを追加する際に、デザイン中のコントロール、または Container が返されるかどうかを判断するために、派生クラスで使用されます。

GetService(Type)

デザイナーのコンポーネントのデザイン モード サイトから、指定した型のサービスの取得を試みます。

(継承元 ComponentDesigner)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetUpdatedRect(Rectangle, Rectangle, Boolean)

グリッド配置モードが有効な場合は、指定した四角形の位置をグリッドの配置に合わせて更新します。

HookChildControls(Control)

指定したコントロールの子コントロールからのメッセージをデザイナーにルーティングします。

(継承元 ControlDesigner)
Initialize(IComponent)

コンポーネントを指定して、デザイナーを初期化します。

InitializeExistingComponent(IDictionary)

既存のコンポーネントを再初期化します。

(継承元 ControlDesigner)
InitializeNewComponent(IDictionary)

新たに作成されたコンポーネントを初期化します。

InitializeNewComponent(IDictionary)

新たに作成されたコンポーネントを初期化します。

(継承元 ControlDesigner)
InitializeNonDefault()

コントロールのプロパティを既定値以外の値に初期化します。

(継承元 ControlDesigner)
InternalControlDesigner(Int32)

ControlDesigner の指定されたインデックス位置の内部コントロール デザイナーを返します。

(継承元 ControlDesigner)
InvokeCreateTool(ParentControlDesigner, ToolboxItem)

指定した ToolboxItem からツールを作成します。

InvokeGetInheritanceAttribute(ComponentDesigner)

指定した InheritanceAttributeComponentDesigner を取得します。

(継承元 ComponentDesigner)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
NumberOfInternalControlDesigners()

ControlDesigner 内の内部コントロール デザイナーの数を返します。

(継承元 ControlDesigner)
OnContextMenu(Int32, Int32)

コンテキスト メニューを表示し、コンテキスト メニューが表示される直前に追加処理を実行する機会を提供します。

(継承元 ControlDesigner)
OnCreateHandle()

制御ハンドルが作成された直後に、追加処理を実行する機会を提供します。

(継承元 ControlDesigner)
OnDragComplete(DragEventArgs)

ドラッグ アンド ドロップ操作をクリーンアップするために呼び出されます。

OnDragComplete(DragEventArgs)

ドラッグ アンド ドロップ操作をクリーンアップするための呼び出しを受信します。

(継承元 ControlDesigner)
OnDragDrop(DragEventArgs)

ドラッグ アンド ドロップ オブジェクトがコントロールのデザイナー ビューにドロップされると呼び出されます。

OnDragEnter(DragEventArgs)

ドラッグ アンド ドロップ操作がコントロールのデザイナー ビューに入ると呼び出されます。

OnDragLeave(EventArgs)

ドラッグ アンド ドロップ操作がコントロールのデザイナー ビューを離れると呼び出されます。

OnDragOver(DragEventArgs)

ドラッグ アンド ドロップ オブジェクトがコントロールのデザイナー ビュー上にドラッグされると呼び出されます。

OnGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

ドラッグ操作が進行中のときのマウスの位置に基づいてビジュアル キューを提供するために、ドラッグ アンド ドロップの操作中に呼び出されます。

OnGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

ドラッグ アンド ドロップの操作中に呼び出しを受信し、ドラッグ操作のマウスの位置に基づいてビジュアル キューを提供します。

(継承元 ControlDesigner)
OnMouseDragBegin(Int32, Int32)

コンポーネント上でマウスの左ボタンをしばらく押したままにすると応答して呼び出されます。

OnMouseDragEnd(Boolean)

ドラッグ アンド ドロップ操作の終了時に呼び出され、操作を完了またはキャンセルします。

OnMouseDragMove(Int32, Int32)

ドラッグ アンド ドロップ操作中にマウスが移動するたびに呼び出されます。

OnMouseEnter()

マウスが最初にコントロールに入ると呼び出されます。

OnMouseEnter()

マウスが最初にコントロールに入ると呼び出しを受信します。

(継承元 ControlDesigner)
OnMouseHover()

マウスがコントロールの上にあるときに呼び出されます。

OnMouseHover()

マウスがコントロールの上にあるときに呼び出しを受信します。

(継承元 ControlDesigner)
OnMouseLeave()

マウスが最初にコントロールに入ると呼び出されます。

OnMouseLeave()

マウスが最初にコントロールに入ると呼び出しを受信します。

(継承元 ControlDesigner)
OnPaintAdornments(PaintEventArgs)

デザイナーが管理しているコントロールが表面を描画したときに呼び出され、デザイナーがコントロールの一番上に追加の表示要素を描画できるようにします。

OnSetComponentDefaults()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

デザイナーが初期化されるときに呼び出されます。

(継承元 ControlDesigner)
OnSetCursor()

現在のマウス カーソルを変更できるようにします。

PostFilterAttributes(IDictionary)

デザイナーが、TypeDescriptor を通じて公開する一連の属性から、項目を変更または削除できるようにします。

(継承元 ComponentDesigner)
PostFilterEvents(IDictionary)

デザイナーが、TypeDescriptor を通じて公開する一連のイベントから、項目を変更または削除できるようにします。

(継承元 ComponentDesigner)
PostFilterProperties(IDictionary)

デザイナーが、TypeDescriptor を通じて公開する一連のプロパティから、項目を変更または削除できるようにします。

(継承元 ComponentDesigner)
PreFilterAttributes(IDictionary)

デザイナーが、TypeDescriptor を通じて公開する一連の属性に項目を追加できるようにします。

(継承元 ComponentDesigner)
PreFilterEvents(IDictionary)

デザイナーが、TypeDescriptor を通じて公開する一連のイベントに項目を追加できるようにします。

(継承元 ComponentDesigner)
PreFilterProperties(IDictionary)

TypeDescriptor を通じてコンポーネントが公開するプロパティのセットを調整します。

RaiseComponentChanged(MemberDescriptor, Object, Object)

コンポーネントが変更されたことを IComponentChangeService に通知します。

(継承元 ComponentDesigner)
RaiseComponentChanging(MemberDescriptor)

コンポーネントが変更されようとしていることを IComponentChangeService に通知します。

(継承元 ComponentDesigner)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
UnhookChildControls(Control)

指定したコントロールの子に対するメッセージを親デザイナーではなく各コントロールにルーティングします。

(継承元 ControlDesigner)
WndProc(Message)

Windows メッセージを処理します。

WndProc(Message)

Windows メッセージを処理し、必要に応じてコントロールにルーティングします。

(継承元 ControlDesigner)

明示的なインターフェイスの実装

IDesignerFilter.PostFilterAttributes(IDictionary)

このメンバーの説明については、PostFilterAttributes(IDictionary) メソッドのトピックを参照してください。

(継承元 ComponentDesigner)
IDesignerFilter.PostFilterEvents(IDictionary)

このメンバーの説明については、PostFilterEvents(IDictionary) メソッドのトピックを参照してください。

(継承元 ComponentDesigner)
IDesignerFilter.PostFilterProperties(IDictionary)

このメンバーの説明については、PostFilterProperties(IDictionary) メソッドのトピックを参照してください。

(継承元 ComponentDesigner)
IDesignerFilter.PreFilterAttributes(IDictionary)

このメンバーの説明については、PreFilterAttributes(IDictionary) メソッドのトピックを参照してください。

(継承元 ComponentDesigner)
IDesignerFilter.PreFilterEvents(IDictionary)

このメンバーの説明については、PreFilterEvents(IDictionary) メソッドのトピックを参照してください。

(継承元 ComponentDesigner)
IDesignerFilter.PreFilterProperties(IDictionary)

このメンバーの説明については、PreFilterProperties(IDictionary) メソッドのトピックを参照してください。

(継承元 ComponentDesigner)
ITreeDesigner.Children

このメンバーの説明については、Children プロパティを参照してください。

(継承元 ComponentDesigner)
ITreeDesigner.Parent

このメンバーの説明については、Parent プロパティを参照してください。

(継承元 ComponentDesigner)

適用対象

こちらもご覧ください