Form.AutoScaleBaseSize プロパティ

定義

フォームを自動スケールするときに使用する基本サイズを取得または設定します。Gets or sets the base size used for autoscaling of the form.

public:
 virtual property System::Drawing::Size AutoScaleBaseSize { System::Drawing::Size get(); void set(System::Drawing::Size value); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public virtual System.Drawing.Size AutoScaleBaseSize { get; set; }
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
member this.AutoScaleBaseSize : System.Drawing.Size with get, set
Public Overridable Property AutoScaleBaseSize As Size

プロパティ値

Size

対象となるフォームを自動スケールするときに使用する基本サイズを表す SizeA Size that represents the base size that this form uses for autoscaling.

属性

注釈

重要

このメンバーは旧バージョンとの互換性のために残されています。This member has been retained for backward compatibility. 自動スケーリングの詳細については、「 Windows フォームでの自動スケーリング」を参照してください。For more information about automatic scaling, see Automatic Scaling in Windows Forms.

フォームの AutoScaleBaseSize スケールファクターを計算するために、プロパティの値がフォーム表示時に使用されます。The value of the AutoScaleBaseSize property is used at form-display time to compute the scaling factor for the form. 自動スケールの基本サイズは、自動スケールが使用されている場合のフォームのスケールを決定するために、システムのフォントサイズを比較するためのベースラインとしてフォームによって使用されます。The autoscaling base size is used by the form as a baseline for comparison to the system's font size to determine how much to scale the form when autoscaling is used. 特定のフォントに基づいてフォームのサイズが自動的に調整されるようにするには、メソッドを使用し GetAutoScaleSize ます。If you want to determine the size a form will auto scale to based on a specific font, use the GetAutoScaleSize method.

注意

このプロパティの値は、フォームが最初に作成されるときに使用されます。The value of this property is used when the form is initially created. プロパティが設定されると、変更することはできません。Once the property is set, it cannot be changed.

適用対象

こちらもご覧ください