Form.ShowInTaskbar プロパティ

定義

フォームを Windows タスクバーに表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

public:
 property bool ShowInTaskbar { bool get(); void set(bool value); };
public bool ShowInTaskbar { get; set; }
member this.ShowInTaskbar : bool with get, set
Public Property ShowInTaskbar As Boolean

プロパティ値

Boolean

実行時にフォームを Windows タスク バーに表示する場合は true。それ以外の場合は false。 既定値は、true です。

次の例は、プロパティを使用して、 ShowInTaskbar Windows タスクバーに表示されないダイアログボックスを作成する方法を示しています。

private:
   void ShowInTaskBarEx()
   {
      Form^ myForm = gcnew Form;
      myForm->Text = "My Form";
      myForm->SetBounds( 10, 10, 200, 200 );
      myForm->FormBorderStyle = ::FormBorderStyle::FixedDialog;
      myForm->MinimizeBox = false;
      myForm->MaximizeBox = false;

      // Do not allow form to be displayed in taskbar.
      myForm->ShowInTaskbar = false;
      myForm->ShowDialog();
   }
private void ShowInTaskBarEx()
{
    Form myForm = new Form();
    myForm.Text = "My Form";
    myForm.SetBounds(10,10,200,200);
    myForm.FormBorderStyle = FormBorderStyle.FixedDialog;
    myForm.MinimizeBox = false;
    myForm.MaximizeBox = false;
    // Do not allow form to be displayed in taskbar.
    myForm.ShowInTaskbar = false;
    myForm.ShowDialog();
}
Private Sub ShowInTaskBarEx()
    Dim myForm As New Form()
    myForm.Text = "My Form"
    myForm.SetBounds(10, 10, 200, 200)
    myForm.FormBorderStyle = FormBorderStyle.FixedDialog
    myForm.MinimizeBox = False
    myForm.MaximizeBox = False
    ' Do not allow form to be displayed in taskbar.
    myForm.ShowInTaskbar = False
    myForm.ShowDialog()
End Sub

注釈

フォームが別のフォーム内で親になっている場合、親フォームは Windows タスクバーに表示されません。

このプロパティを使用すると、ユーザーが Windows タスクバーを使用してフォームを選択できないようにすることができます。 たとえば、アプリケーションで [検索と置換] ツールウィンドウを表示する場合は、アプリケーションのメインウィンドウと [検索と置換] ツールウィンドウの両方が表示され、検索を適切に処理する必要があるため、Windows タスクバーを使用してそのウィンドウが選択されないようにすることができます。

スタイルを使用してフォームを作成する場合は、このプロパティを使用することがよくあり FixedToolWindow ます。 スタイルを設定して FixedToolWindow も、ウィンドウがタスクバーに表示されないことを保証するだけではありません。

適用対象