HtmlWindow.Open HtmlWindow.Open HtmlWindow.Open HtmlWindow.Open Method

定義

指定したウィンドウにファイルを表示します。Displays a file in the named window.

オーバーロード

Open(String, String, String, Boolean) Open(String, String, String, Boolean) Open(String, String, String, Boolean) Open(String, String, String, Boolean)

指定したウィンドウにファイルを表示します。Displays a file in the named window.

Open(Uri, String, String, Boolean) Open(Uri, String, String, Boolean) Open(Uri, String, String, Boolean) Open(Uri, String, String, Boolean)

指定したウィンドウにファイルを表示します。Displays a file in the named window.

Open(String, String, String, Boolean) Open(String, String, String, Boolean) Open(String, String, String, Boolean) Open(String, String, String, Boolean)

指定したウィンドウにファイルを表示します。Displays a file in the named window.

public:
 System::Windows::Forms::HtmlWindow ^ Open(System::String ^ urlString, System::String ^ target, System::String ^ windowOptions, bool replaceEntry);
public System.Windows.Forms.HtmlWindow Open (string urlString, string target, string windowOptions, bool replaceEntry);
member this.Open : string * string * string * bool -> System.Windows.Forms.HtmlWindow
Public Function Open (urlString As String, target As String, windowOptions As String, replaceEntry As Boolean) As HtmlWindow

パラメーター

urlString
String String String String

読み込むファイルの場所を記述する URL。The Uniform Resource Locator that describes the location of the file to load.

target
String String String String

リソースを開くウィンドウの名前。The name of the window in which to open the resource. これは、開発者が指定した名前、または次の特殊な値のいずれかです。This may be a developer-supplied name, or one of the following special values: _blank: 新しいウィンドウで urlString を開きます。_blank: Opens urlString in a new window. OpenNew(String, String) を呼び出した場合と同じ動作を行います。Works the same as a call to OpenNew(String, String).

_media: メディア バーで urlString を開きます。_media: Opens urlString in the Media bar.

_parent: 現在のウィンドウを作成したウィンドウで urlString を開きます。_parent: Opens urlString in the window that created the current window.

_search: 検索バーで urlString を開きます。_search: Opens urlString in the Search bar.

_self: 現在のウィンドウで urlString を開きます。_self: Opens urlString in the current window.

_top: FRAME 要素に属するウィンドウに対して呼び出した場合は、その FRAMESET をホストするウィンドウで urlString を開きます。_top: If called against a window belonging to a FRAME element, opens urlString in the window hosting its FRAMESET. それ以外の場合は、_self と同じ動作になります。Otherwise, acts the same as _self.

windowOptions
String String String String

次のオプションのうち、name=value の形式で表された 0 個以上のオプションを含むコンマ区切り文字列。A comma-delimited string consisting of zero or more of the following options in the form name=value. lefttopheightwidth のオプションについては、任意の整数を指定できます。それ以外の各オプションについて有効な値は、yes (1) と no (0) のいずれかです。Except for the left, top, height, and width options, which take arbitrary integers, each option accepts yes or 1, and no or 0, as valid values.

channelmode: Internet Explorer 4.0 の非推奨のチャネルのテクノロジで使用されます。channelmode: Used with the deprecated channels technology of Internet Explorer 4.0. 既定値は no です。Default is no.

directories: ウィンドウにディレクトリ移動ボタンを表示するかどうか。directories: Whether the window should display directory navigation buttons. 既定値は yes です。Default is yes.

height: ウィンドウのクライアント領域の高さ (ピクセル単位)。height: The height of the window's client area, in pixels. 最小値は 100 です。これよりも小さいウィンドウを開こうとすると、Internet Explorer の既定値に従ってウィンドウが開かれます。The minimum is 100; attempts to open a window smaller than this will cause the window to open according to the Internet Explorer defaults.

left: ユーザーの画面の左上隅を基準とした、ウィンドウの左側 (x 座標) の相対位置 (ピクセル単位)。left: The left (x-coordinate) position of the window, relative to the upper-left corner of the user's screen, in pixels. 正の整数にする必要があります。Must be a positive integer.

location: ユーザーがウィンドウを新しい URL に移動できるようにするアドレス バーを表示するかどうか。location: Whether to display the Address bar, which enables users to navigate the window to a new URL. 既定値は yes です。Default is yes.

menubar: 新しいウィンドウにメニューを表示するかどうか。menubar: Whether to display menus on the new window. 既定値は yes です。Default is yes.

resizable: ユーザーがウィンドウのサイズを変更できるかどうか。resizable: Whether the window can be resized by the user. 既定値は yes です。Default is yes.

scrollbars: ウィンドウに水平スクロール バーと垂直スクロール バーを配置するかどうか。scrollbars: Whether the window has horizontal and vertical scroll bars. 既定値は yes です。Default is yes.

status: ウィンドウの下部にステータス バーを配置するかどうか。status: Whether the window has a status bar at the bottom. 既定値は yes です。Default is yes.

titlebar: 現在のページのタイトルを表示するかどうか。titlebar: Whether the title of the current page is displayed. マネージド アプリケーションでこのオプションを no に設定しても影響はなく、タイトル バーは常に表示されます。Setting this option to no has no effect within a managed application; the title bar will always appear.

toolbar: [戻る][進む][停止] などのツールバー ボタンを表示するかどうか。toolbar: Whether toolbar buttons such as Back, Forward, and Stop are visible. 既定値は yes です。Default is yes.

top: ユーザーの画面の左上隅を基準とした、ウィンドウの上端 (y 座標) の相対位置 (ピクセル単位)。top: The top (y-coordinate) position of the window, relative to the upper-left corner of the user's screen, in pixels. 正の整数にする必要があります。Must be a positive integer.

width: ウィンドウのクライアント領域の幅 (ピクセル単位)。width: The width of the window's client area, in pixels. 最小値は 100 です。これよりも小さいウィンドウを開こうとすると、Internet Explorer の既定値に従ってウィンドウが開かれます。The minimum is 100; attempts to open a window smaller than this will cause the window to open according to the Internet Explorer defaults.

replaceEntry
Boolean Boolean Boolean Boolean

ナビゲーション履歴に保存されている現在のウィンドウの URL を urlString に置き換えるかどうか。Whether urlString replaces the current window's URL in the navigation history. これは、HtmlHistory クラスのメソッドの操作に影響を及ぼします。This will effect the operation of methods on the HtmlHistory class.

戻り値

新しいウィンドウ、または target パラメーターで指定された以前に作成されたウィンドウを表す HtmlWindowAn HtmlWindow representing the new window, or the previously created window named by the target parameter.

注釈

targetパラメーターは、以前の呼び出しの結果として作成された、ウィンドウに名前を付けてOpenします。The target parameter can name a window that was created as the result of a previous call to Open. パラメーターが、ハイパーリンクをクリックすることによって開いたウィンドウを指す場合も (A要素)、またはFORMを使用する要素、TARGET属性を新しいウィンドウでその URL を開きます。The parameter may also point to a window opened by clicking on a hyperlink (A element) or a FORM element that uses the TARGET attribute to open its URL in a new window. 次の HTML コードがという名前の新しいウィンドウを開きますorderWindowユーザーがそれをクリックしたとき。The following HTML code will open a new window named orderWindow when the user clicks it:

<A HREF="/startOrder.aspx" TARGET="orderWindow">Click to Start Order</a>

任意のオプションを指定する場合、windowOptionsパラメーター、含まれていない任意のオプションが自動的に無効にします。If you supply any options for the windowOptions parameter, any option not included is automatically disabled. つまりでののみを指定する場合windowOptionsするステータス バーの場合は、そのメニュー バー、ツールバー、タイトル、スクロール バー、およびでは表示されませんする明示的に有効にするのでない限りwindowOptionsします。In other words, if you only specify by way of windowOptions that you want a status bar, then the menu bar, toolbar, title, scroll bars, and so on will not be displayed unless you explicitly enable them by way of windowOptions.

場合は、ファイル参照urlが HTML ファイル、テキスト ファイル、または Internet Explorer の内部でホストできるその他のファイルの種類が指定したウィンドウに表示されます。If the file referenced by url is an HTML file, text file, or other file type that can be hosted inside of Internet Explorer, it will be displayed in the named window. ファイルは、Internet Explorer 内に表示されることはできませんとターゲットによってという名前のウィンドウがまだ存在しない場合、ウィンドウが開きますリソースをダウンロードする Internet Explorer の間だけ。すぐに閉じられます後。If the file cannot be displayed inside of Internet Explorer, and the window named by target does not already exist, then the window will open only long enough for Internet Explorer to download the resource; it will close immediately afterwards.

使用して新しいウィンドウを作成するときにOpenまたはOpenNew、Internet Explorer の新しいインスタンスを開くには、HTML ドキュメント オブジェクト モデルになります。When you create new windows using Open or OpenNew, it causes the HTML Document Object Model to open a new instance of Internet Explorer. 呼び出さない場合Closeで作成した windows のすべて、Internet Explorer のこのインスタンスが実行したまま、アプリケーションが終了した後もします。If you do not call Close on all of the windows you have created, this instance of Internet Explorer will remain running even after your application has quit.

使用する場合Openを既存のウィンドウの URL を読み込むwindowOptionsは無視されます。 ディメンション、外観、および最初の呼び出しによってその最初の画面位置に、ウィンドウが保持されますOpenします。If you use Open to load a URL in an existing window, windowOptions will be ignored; the window will retain the dimensions, appearance, and screen location first given it by the initial call to Open.

Open(Uri, String, String, Boolean) Open(Uri, String, String, Boolean) Open(Uri, String, String, Boolean) Open(Uri, String, String, Boolean)

指定したウィンドウにファイルを表示します。Displays a file in the named window.

public:
 System::Windows::Forms::HtmlWindow ^ Open(Uri ^ url, System::String ^ target, System::String ^ windowOptions, bool replaceEntry);
public System.Windows.Forms.HtmlWindow Open (Uri url, string target, string windowOptions, bool replaceEntry);
member this.Open : Uri * string * string * bool -> System.Windows.Forms.HtmlWindow
Public Function Open (url As Uri, target As String, windowOptions As String, replaceEntry As Boolean) As HtmlWindow

パラメーター

url
Uri Uri Uri Uri

読み込むファイルの場所を記述する URL。The Uniform Resource Locator that describes the location of the file to load.

target
String String String String

リソースを開くウィンドウの名前。The name of the window in which to open the resource. これは、開発者が指定した名前、または次の特殊な値のいずれかです。This can be a developer-supplied name, or one of the following special values: _blank: 新しいウィンドウで url を開きます。_blank: Opens url in a new window. OpenNew(String, String) を呼び出した場合と同じ動作を行います。Works the same as a call to OpenNew(String, String).

_media: メディア バーで url を開きます。_media: Opens url in the Media bar.

_parent: 現在のウィンドウを作成したウィンドウで url を開きます。_parent: Opens url in the window that created the current window.

_search: 検索バーで url を開きます。_search: Opens url in the Search bar.

_self: 現在のウィンドウで url を開きます。_self: Opens url in the current window.

_top: FRAME 要素に属するウィンドウに対して呼び出した場合は、その FRAMESET をホストするウィンドウで url を開きます。_top: If called against a window belonging to a FRAME element, opens url in the window hosting its FRAMESET. それ以外の場合は、_self と同じ動作になります。Otherwise, acts the same as _self.

windowOptions
String String String String

次のオプションのうち、name=value の形式で表された 0 個以上のオプションを含むコンマ区切り文字列。A comma-delimited string consisting of zero or more of the following options in the form name=value. lefttopheightwidth のオプションについては、任意の整数を指定できます。それ以外の各オプションについて有効な値は、yes (1) と no (0) のいずれかです。Except for the left, top, height, and width options, which take arbitrary integers, each option accepts yes or 1, and no or 0, as valid values.

channelmode: Internet Explorer 4.0 の非推奨のチャネルのテクノロジで使用されます。channelmode: Used with the deprecated channels technology of Internet Explorer 4.0. 既定値は no です。Default is no.

directories: ウィンドウにディレクトリ移動ボタンを表示するかどうか。directories: Whether the window should display directory navigation buttons. 既定値は yes です。Default is yes.

height: ウィンドウのクライアント領域の高さ (ピクセル単位)。height: The height of the window's client area, in pixels. 最小値は 100 です。これよりも小さいウィンドウを開こうとすると、Internet Explorer の既定値に従ってウィンドウが開かれます。The minimum is 100; attempts to open a window smaller than this will cause the window to open according to The Internet Explorer defaults.

left: ユーザーの画面の左上隅を基準とした、ウィンドウの左側 (x 座標) の相対位置 (ピクセル単位)。left: The left (x-coordinate) position of the window, relative to the upper-left corner of the user's screen, in pixels. 正の整数にする必要があります。Must be a positive integer.

location: ユーザーがウィンドウを新しい URL に移動できるようにするアドレス バーを表示するかどうか。location: Whether to display the Address bar, which enables users to navigate the window to a new URL. 既定値は yes です。Default is yes.

menubar: 新しいウィンドウにメニューを表示するかどうか。menubar: Whether to display menus on the new window. 既定値は yes です。Default is yes.

resizable: ユーザーがウィンドウのサイズを変更できるかどうか。resizable: Whether the window can be resized by the user. 既定値は yes です。Default is yes.

scrollbars: ウィンドウに水平スクロール バーと垂直スクロール バーを配置するかどうか。scrollbars: Whether the window has horizontal and vertical scroll bars. 既定値は yes です。Default is yes.

status: ウィンドウの下部にステータス バーを配置するかどうか。status: Whether the window has a status bar at the bottom. 既定値は yes です。Default is yes.

titlebar: 現在のページのタイトルを表示するかどうか。titlebar: Whether the title of the current page is displayed. マネージド アプリケーションでこのオプションを no に設定しても影響はなく、タイトル バーは常に表示されます。Setting this option to no has no effect within a managed application; the title bar will always appear.

toolbar: [戻る][進む][停止] などのツールバー ボタンを表示するかどうか。toolbar: Whether toolbar buttons such as Back, Forward, and Stop are visible. 既定値は yes です。Default is yes.

top: ユーザーの画面の左上隅を基準とした、ウィンドウの上端 (y 座標) の相対位置 (ピクセル単位)。top: The top (y-coordinate) position of the window, relative to the upper-left corner of the user's screen, in pixels. 正の整数にする必要があります。Must be a positive integer.

width: ウィンドウのクライアント領域の幅 (ピクセル単位)。width: The width of the window's client area, in pixels. 最小値は 100 です。これよりも小さいウィンドウを開こうとすると、Internet Explorer の既定値に従ってウィンドウが開かれます。The minimum is 100; attempts to open a window smaller than this will cause the window to open according to The Internet Explorer defaults.

replaceEntry
Boolean Boolean Boolean Boolean

ナビゲーション履歴に保存されている現在のウィンドウの URL を url に置き換えるかどうか。Whether url replaces the current window's URL in the navigation history. これは、HtmlHistory クラスのメソッドの操作に影響を及ぼします。This will effect the operation of methods on the HtmlHistory class.

戻り値

新しいウィンドウ、または target パラメーターで指定された以前に作成されたウィンドウを表す HtmlWindowAn HtmlWindow representing the new window, or the previously created window named by the target parameter.

次のコード例には、2 つのメソッドが含まれています。The following code example contains two methods:

  • 1 つ目は、という名前のウィンドウで URL を開くdisplayWindow、表示されるステータス バーに作成されます。The first opens a URL in a window named displayWindow, which it creates with a status bar displayed.

  • 2 つ目は、同じウィンドウで別の URL を開きますが、アドレス バーのみを表示することを指定します。The second opens another URL in the same window, but specifies that only the location bar should be displayed.

ウィンドウと表示されているコントロールのサイズは、URL は、最初に開いた依存に注意してください。Notice that the dimensions of the window and the controls that are displayed depends on which URL is opened first. コード例では、フォームが含まれている必要があります、WebBrowserという名前のコントロールWebBrowser1します。The code example requires that your form contains a WebBrowser control named WebBrowser1.

private void DisplayFirstUrl()
{
	if (webBrowser1.Document != null)
	{
		//If this is called first, the window will only have a status bar.
		webBrowser1.Document.Window.Open(new Uri("http://www.microsoft.com/"), "displayWindow", "status=yes,width=200,height=400", false);
	}
}

private void DisplaySecondUrl()
{
	if (webBrowser1.Document != null)
	{
		// If this is called first, the window will only have an Address bar.
		webBrowser1.Document.Window.Open(new Uri("http://msdn.microsoft.com/"), "displayWindow", "width=400,height=200,location=yes", false);
	}
}
Private Sub DisplayFirstUrl()
    If (WebBrowser1.Document IsNot Nothing) Then
        With WebBrowser1.Document
            ' If this is called first, the window will only have a status bar.
            .Window.Open(New Uri("http://www.microsoft.com/"), "displayWindow", "status=yes,width=200,height=400", False)
        End With
    End If
End Sub

Private Sub DisplaySecondUrl()
    If (WebBrowser1.Document IsNot Nothing) Then
        With WebBrowser1.Document
            ' If this is called first, the window will only have an Address bar.
            .Window.Open(New Uri("http://msdn.microsoft.com/"), "displayWindow", "width=400,height=200,location=yes", False)
        End With
    End If
End Sub

注釈

targetパラメーターは、以前の呼び出しの結果として作成された、ウィンドウに名前を付けてOpenします。The target parameter can name a window that was created as the result of a previous call to Open. パラメーターが、ハイパーリンクをクリックすることによって開いたウィンドウを指す場合も (A要素)、またはFORMを使用する要素、TARGET属性を新しいウィンドウでその URL を開きます。The parameter may also point to a window opened by clicking on a hyperlink (A element) or a FORM element that uses the TARGET attribute to open its URL in a new window. 次の HTML コードがという名前の新しいウィンドウを開きますorderWindowユーザーがそれをクリックしたとき。The following HTML code will open a new window named orderWindow when the user clicks it:

<A HREF="/startOrder.aspx" TARGET="orderWindow">Click to Start Order</a>

任意のオプションを指定する場合、windowOptionsパラメーター、含まれていない任意のオプションが自動的に無効にします。If you supply any options for the windowOptions parameter, any option not included is automatically disabled. つまりでののみを指定する場合windowOptionsするステータス バーの場合は、そのメニュー バー、ツールバー、タイトル、スクロール バー、およびでは表示されませんする明示的に有効にするのでない限りwindowOptionsします。In other words, if you only specify by way of windowOptions that you want a status bar, then the menu bar, toolbar, title, scroll bars, and so on will not be displayed unless you explicitly enable them by way of windowOptions.

場合は、ファイル参照urlが HTML ファイル、テキスト ファイル、または Internet Explorer の内部でホストできるその他のファイルの種類が指定したウィンドウに表示されます。If the file referenced by url is an HTML file, text file, or other file type that can be hosted inside of Internet Explorer, it will be displayed in the named window. ファイルは、Internet Explorer 内に表示されることはできませんとターゲットによってという名前のウィンドウがまだ存在しない場合、ウィンドウが開きますリソースをダウンロードする Internet Explorer の間だけ。すぐに閉じられます後。If the file cannot be displayed inside of Internet Explorer, and the window named by target does not already exist, then the window will open only long enough for Internet Explorer to download the resource; it will close immediately afterwards.

使用して新しいウィンドウを作成するときにOpenまたはOpenNew、Internet Explorer の新しいインスタンスを開くには、HTML ドキュメント オブジェクト モデルになります。When you create new windows using Open or OpenNew, it causes the HTML Document Object Model to open a new instance of Internet Explorer. 呼び出さない場合Closeで作成した windows のすべて、Internet Explorer のこのインスタンスが実行したまま、アプリケーションが終了した後もします。If you do not call Close on all of the windows you have created, this instance of Internet Explorer will remain running even after your application has quit.

使用する場合Openを既存のウィンドウの URL を読み込むwindowOptionsは無視されます。 ディメンション、外観、および最初の呼び出しによってその最初の画面位置に、ウィンドウが保持されますOpenします。If you use Open to load a URL in an existing window, windowOptions will be ignored; the window will retain the dimensions, appearance, and screen location first given it by the initial call to Open .

こちらもご覧ください

適用対象