IDataObject インターフェイス

定義

形式に依存しないデータ転送機構を提供します。Provides a format-independent mechanism for transferring data.

public interface class IDataObject
public interface IDataObject
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public interface IDataObject
type IDataObject = interface
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type IDataObject = interface
Public Interface IDataObject
派生
属性

注釈

この IDataObject インターフェイスは、 Clipboard クラスおよびドラッグアンドドロップ操作で使用されます。The IDataObject interface is used by the Clipboard class and in drag-and-drop operations.

クラスで実装された場合、 IDataObject メソッドを使用すると、ユーザーはクラスのインスタンス内の複数の形式でデータを格納できます。When implemented in a class, the IDataObject methods allow the user to store data in multiple formats in an instance of the class. データを複数の形式で格納することにより、対象アプリケーションでは、保存されているデータを取得できます。Storing data in more than one format increases the chance that a target application, whose format requirements you might not know, can retrieve the stored data. のインスタンスにデータを格納するには、 IDataObject メソッドを呼び出し、 SetData パラメーターにデータ形式を指定し format ます。To store data in an instance of IDataObject, call the SetData method and specify the data format in the format parameter. 格納さ autoConvert れた false データが取得時に別の形式に変換されないようにする場合は、パラメーターをに設定します。Set the autoConvert parameter to false if you do not want stored data to be converted to another format when it is retrieved. SetDataの1つのインスタンスで複数回呼び出し、複数の IDataObject 形式でデータを格納します。Invoke SetData multiple times on one instance of IDataObject to store data in more than one format.

から格納されたデータを取得するには、 IDataObject メソッドを呼び出し、 GetData パラメーターにデータ形式を指定し format ます。You retrieve stored data from an IDataObject by calling the GetData method and specifying the data format in the format parameter. autoConvertパラメーターをに設定 false すると、指定した形式で格納されたデータのみが取得されます。Set the autoConvert parameter to false to retrieve only data that was stored in the specified format. 格納されているデータを指定した形式に変換するに autoConvert は、をに設定する true か、を使用しないように autoConvert します。To convert the stored data to the specified format, set autoConvert to true, or do not use autoConvert.

に格納されているデータの形式を確認するには IDataObject 、次のメソッドを使用し IDataObject ます。To determine the formats of the data stored in an IDataObject, use the following IDataObject methods.

  • メソッドを呼び出して、 GetFormats データが使用可能なすべての形式の配列を取得します。Call the GetFormats method to retrieve an array of all the formats in which the data is available. autoConvert false データが格納されている形式だけを取得するには、パラメーターをに設定します。Set the autoConvert parameter to false to get only the formats in which the data is stored. データが使用可能なすべての形式を取得するには、をに設定するか、このパラメーターを使用しないようにし autoConvert true ます。To get all the formats in which the data is available, set autoConvert to true, or do not use this parameter.

  • メソッドを呼び出して、格納されている GetDataPresent データが特定の形式で使用可能かどうかを確認します。Call the GetDataPresent method to determine whether stored data is available in a certain format. 格納されているデータを指定した形式に変換しない場合は、 autoConvert パラメーターをに設定 false します。If you do not want stored data to be converted to the specified format, set the autoConvert parameter to false.

DataObjectこのインターフェイスの実装については、クラスを参照してください。See the DataObject class for an implementation of this interface. DataFormats定義済みのデータ形式については、クラスを参照してください ClipboardSee the DataFormats class for the predefined Clipboard data formats.

メソッド

GetData(String)

指定したデータ形式に関連付けられているデータを取得します。Retrieves the data associated with the specified data format.

GetData(String, Boolean)

指定したデータ形式に関連付けられているデータを取得します。データを指定形式に変換できるかどうかを確認するためにブール値を使用します。Retrieves the data associated with the specified data format, using a Boolean to determine whether to convert the data to the format.

GetData(Type)

指定したクラス型形式に関連付けられているデータを取得します。Retrieves the data associated with the specified class type format.

GetDataPresent(String)

インスタンスに格納されているデータが、指定した形式と関連付けられているかどうかや、その形式に変換できるかどうかを確認します。Determines whether data stored in this instance is associated with, or can be converted to, the specified format.

GetDataPresent(String, Boolean)

インスタンスに格納されているデータが、指定した形式に関連付けられているかどうかを確認します。データを指定形式に変換できるかどうかを確認するためにブール値を使用します。Determines whether data stored in this instance is associated with the specified format, using a Boolean value to determine whether to convert the data to the format.

GetDataPresent(Type)

インスタンスに格納されているデータが、指定した形式と関連付けられているかどうかや、その形式に変換できるかどうかを確認します。Determines whether data stored in this instance is associated with, or can be converted to, the specified format.

GetFormats()

このインスタンスに格納されたデータに関連付けられているすべての形式、または変換できるすべての形式のリストを返します。Returns a list of all formats that data stored in this instance is associated with or can be converted to.

GetFormats(Boolean)

インスタンスに格納されているデータが関連付けられている形式、またはそのデータを変換できる形式のリストを取得します。データを変換できる形式をすべて取得するのか、ネイティブ データ形式だけを取得するのかを確認するためにブール値を使用します。Gets a list of all formats that data stored in this instance is associated with or can be converted to, using a Boolean value to determine whether to retrieve all formats that the data can be converted to or only native data formats.

SetData(Object)

指定したデータを、そのデータのクラスに基づく形式で、このインスタンスに格納します。Stores the specified data in this instance, using the class of the data for the format.

SetData(String, Boolean, Object)

指定されているデータおよびそのデータに関連付けられている形式をインスタンスに格納します。データを別の形式に変換できるかどうかを確認するためにブール値を使用します。Stores the specified data and its associated format in this instance, using a Boolean value to specify whether the data can be converted to another format.

SetData(String, Object)

指定したデータおよびそのデータに関連付けられている形式をインスタンスに格納します。Stores the specified data and its associated format in this instance.

SetData(Type, Object)

指定されているデータおよびそのデータに関連付けられているクラス型をインスタンスに格納します。Stores the specified data and its associated class type in this instance.

適用対象

こちらもご覧ください