WindowsFormsHost.WndProc(IntPtr, Int32, IntPtr, IntPtr, Boolean) メソッド

定義

派生クラスで実装された場合、ホストされた子ウィンドウのウィンドウ プロセスにアクセスします。When implemented in a derived class, accesses the window process of the hosted child window.

protected:
 override IntPtr WndProc(IntPtr hwnd, int msg, IntPtr wParam, IntPtr lParam, bool % handled);
protected override IntPtr WndProc (IntPtr hwnd, int msg, IntPtr wParam, IntPtr lParam, ref bool handled);
override this.WndProc : nativeint * int * nativeint * nativeint * bool -> nativeint
Protected Overrides Function WndProc (hwnd As IntPtr, msg As Integer, wParam As IntPtr, lParam As IntPtr, ByRef handled As Boolean) As IntPtr

パラメーター

hwnd
IntPtr

ホストされたウィンドウのウィンドウ ハンドル。Window handle of the hosted window.

msg
Int32

アクションの対象となるメッセージ。Message to act upon.

wParam
IntPtr

メッセージの処理に関連する可能性のある情報。Information that may be relevant to handling the message. 通常、これは、フラグなどの小規模の情報を格納するために使用されます。This is typically used to store small pieces of information, such as flags.

lParam
IntPtr

メッセージの処理に関連する可能性のある情報。Information that may be relevant to handling the message. 通常、これは、オブジェクトの参照に使用されます。This is typically used to reference an object.

handled
Boolean

イベント結果を処理済みとしてマークするかどうか。Whether events resulting should be marked handled.

戻り値

子ウィンドウのウィンドウ ハンドル。The window handle of the child window.

適用対象