LinkLabel.UseCompatibleTextRendering プロパティ

定義

テキストのレンダリングに Graphics クラス (GDI+GDI+) を使用するか、TextRenderer クラス (GDIGDI) を使用するかを決定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that determines whether to use the Graphics class (GDI+GDI+) or the TextRenderer class (GDIGDI) to render text.

public:
 property bool UseCompatibleTextRendering { bool get(); void set(bool value); };
public bool UseCompatibleTextRendering { get; set; }
member this.UseCompatibleTextRendering : bool with get, set
Public Property UseCompatibleTextRendering As Boolean

プロパティ値

trueクラスをGraphics使用して、バージョン1.0 および1.1 との互換性を保つためにテキストレンダリングを実行する場合は。true if the Graphics class should be used to perform text rendering for compatibility with versions 1.0 and 1.1. .NET Framework の。それ以外falseの場合は。of the .NET Framework; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

注釈

プロパティがにfalse設定されているLinkArea場合、はテキスト全体を対象とします。 UseCompatibleTextRenderingIf the UseCompatibleTextRendering property is set to false, the LinkArea covers the entire text. たとえば、"abcd" のようなテキストは、末尾に下線が付きます。For example, text such as "abcd " is rendered with the trailing space underlined.

プロパティがtrueLinkArea設定されている場合、はテキスト全体をカバーしません。 UseCompatibleTextRenderingIf the UseCompatibleTextRendering property is set to true, the LinkArea does not cover the entire text.

プロパティは、 TextRendererクラスを.NET Framework 1.0.NET Framework 1.0使用してテキストを表示する Windows フォームコントロールと.NET Framework 1.1.NET Framework 1.1 、を使用してカスタムテキストレンダリングを実行するアプリケーションの間で、視覚的な互換性を提供するためのものです。 UseCompatibleTextRendering Graphicsクラス。The UseCompatibleTextRendering property is intended to provide visual compatibility between Windows Forms controls that render text using the TextRenderer class and .NET Framework 1.0.NET Framework 1.0 and .NET Framework 1.1.NET Framework 1.1 applications that perform custom text rendering using the Graphics class. ほとんどの場合、 .NET Framework 1.0.NET Framework 1.0アプリケーションがまたは.NET Framework 1.1.NET Framework 1.1からアップグレードされていない場合は、を既定UseCompatibleTextRendering値のfalseに設定したままにしておくことをお勧めします。In most cases, if your application is not being upgraded from .NET Framework 1.0.NET Framework 1.0 or .NET Framework 1.1.NET Framework 1.1, it is recommended that you leave UseCompatibleTextRendering set to the default value of false.

ベースGDIGDI .NET Framework 2.0.NET Framework 2.0のクラスは、パフォーマンスを向上させるために、テキストの外観を改善し、国際対応フォントのサポートを強化するためにで導入されました。 TextRendererThe GDIGDI based TextRenderer class was introduced in the .NET Framework 2.0.NET Framework 2.0 to improve performance, make text look better, and improve support for international fonts. 以前の.NET Framework.NET Frameworkバージョンのでは、 GDI+GDI+ベースGraphicsのクラスを使用してすべてのテキスト表示を実行していました。In earlier versions of the .NET Framework.NET Framework, the GDI+GDI+ based Graphics class was used to perform all text rendering. GDIGDIとは異なり、文字間隔と単語GDI+GDI+の折り返しを計算します。calculates character spacing and word wrapping differently from GDI+GDI+. クラスを使用しGraphicsてテキストを表示する Windows フォームアプリケーションでは、を使用TextRendererするコントロールのテキストが、アプリケーション内の他のテキストとは異なるものとして表示されることがあります。In a Windows Forms application that uses the Graphics class to render text, this could cause the text for controls that use TextRenderer to appear different from the other text in the application. この非互換性を解決するには、 UseCompatibleTextRendering特定のtrueコントロールに対してプロパティをに設定します。To resolve this incompatibility, you can set the UseCompatibleTextRendering property to true for a specific control. アプリケーションでUseCompatibleTextRenderingサポートtrueされているすべてのコントロールに対してApplication.SetCompatibleTextRenderingDefaultをに設定するにtrueは、のパラメーターを指定してメソッドを呼び出します。To set UseCompatibleTextRendering to true for all supported controls in the application, call the Application.SetCompatibleTextRenderingDefault method with a parameter of true.

適用対象

こちらもご覧ください