ListBox.DrawItem イベント

定義

オーナー描画 ListBox のビジュアルな部分を変更すると発生します。

public:
 event System::Windows::Forms::DrawItemEventHandler ^ DrawItem;
public event System.Windows.Forms.DrawItemEventHandler DrawItem;
member this.DrawItem : System.Windows.Forms.DrawItemEventHandler 
Public Custom Event DrawItem As DrawItemEventHandler 

イベントの種類

DrawItemEventHandler

次のコード例は、オーナー描画の項目を作成する方法を示して ListBox います。 このコードでは、プロパティを使用して、 DrawMode 描画された項目が固定サイズであることを指定し、イベントを使用して DrawItem 各項目の描画を実行し ListBox ます。 このコード例では、 DrawItemEventArgs イベントハンドラーにパラメーターとして渡されたクラスのプロパティとメソッドを使用して、項目を描画します。 この例では、 ListBox というコントロールが listBox1 フォームに追加されており、この DrawItem コード例で定義されているイベントハンドラーによってイベントが処理される必要があります。 また、この例では、 ListBox "Apple"、"オレンジ"、および "Plum" のテキストをこの順序で使用して、に項目が追加されている必要もあります。

private ListBox ListBox1 = new ListBox();
private void InitializeListBox()
{
    ListBox1.Items.AddRange(new Object[] 
        { "Red Item", "Orange Item", "Purple Item" });
    ListBox1.Location = new System.Drawing.Point(81, 69);
    ListBox1.Size = new System.Drawing.Size(120, 95);
    ListBox1.DrawMode = DrawMode.OwnerDrawFixed;
    ListBox1.DrawItem += new DrawItemEventHandler(ListBox1_DrawItem);
    Controls.Add(ListBox1);
}

private void ListBox1_DrawItem(object sender, 
    System.Windows.Forms.DrawItemEventArgs e)
{
    // Draw the background of the ListBox control for each item.
    e.DrawBackground();
    // Define the default color of the brush as black.
    Brush myBrush = Brushes.Black;

    // Determine the color of the brush to draw each item based 
    // on the index of the item to draw.
    switch (e.Index)
    {
        case 0:
            myBrush = Brushes.Red;
            break;
        case 1:
            myBrush = Brushes.Orange;
            break;
        case 2:
            myBrush = Brushes.Purple;
            break;
    }

    // Draw the current item text based on the current Font 
    // and the custom brush settings.
    e.Graphics.DrawString(ListBox1.Items[e.Index].ToString(), 
        e.Font, myBrush, e.Bounds, StringFormat.GenericDefault);
    // If the ListBox has focus, draw a focus rectangle around the selected item.
    e.DrawFocusRectangle();
}
Private WithEvents ListBox1 As New ListBox()

Private Sub InitializeListBox() 
    ListBox1.Items.AddRange(New Object() _
        {"Red Item", "Orange Item", "Purple Item"})
    ListBox1.Location = New System.Drawing.Point(81, 69)
    ListBox1.Size = New System.Drawing.Size(120, 95)
    ListBox1.DrawMode = DrawMode.OwnerDrawFixed
    Controls.Add(ListBox1)

End Sub

Private Sub ListBox1_DrawItem(ByVal sender As Object, _
 ByVal e As System.Windows.Forms.DrawItemEventArgs) _
 Handles ListBox1.DrawItem

    ' Draw the background of the ListBox control for each item.
    e.DrawBackground()

    ' Define the default color of the brush as black.
    Dim myBrush As Brush = Brushes.Black

    ' Determine the color of the brush to draw each item based on   
    ' the index of the item to draw.
    Select Case e.Index
        Case 0
            myBrush = Brushes.Red
        Case 1
            myBrush = Brushes.Orange
        Case 2
            myBrush = Brushes.Purple
    End Select

    ' Draw the current item text based on the current 
    ' Font and the custom brush settings.
    e.Graphics.DrawString(ListBox1.Items(e.Index).ToString(), _
        e.Font, myBrush, e.Bounds, StringFormat.GenericDefault)

    ' If the ListBox has focus, draw a focus rectangle around  _ 
    ' the selected item.
    e.DrawFocusRectangle()
End Sub

注釈

このイベントは、オーナー描画によって使用され ListBox ます。 イベントは、 DrawMode プロパティがまたはに設定されている場合にのみ発生し DrawMode.OwnerDrawFixed DrawMode.OwnerDrawVariable ます。 このイベントを使用して、で項目を描画するために必要なタスクを実行でき ListBox ます。 可変サイズの項目がある場合 ( DrawMode プロパティがに設定されている場合 DrawMode.OwnerDrawVariable )、項目を描画する前に、 MeasureItem イベントが発生します。 イベントのイベントハンドラーを作成して、イベントのイベント MeasureItem ハンドラーに描画する項目のサイズを指定することができ DrawItem ます。

イベントの処理の詳細については、「処理とイベントの発生」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください