ListView.Activation プロパティ

定義

項目をアクティブにするためにユーザーが実行する必要のあるアクションの種類を取得または設定します。Gets or sets the type of action the user must take to activate an item.

public:
 property System::Windows::Forms::ItemActivation Activation { System::Windows::Forms::ItemActivation get(); void set(System::Windows::Forms::ItemActivation value); };
public System.Windows.Forms.ItemActivation Activation { get; set; }
member this.Activation : System.Windows.Forms.ItemActivation with get, set
Public Property Activation As ItemActivation

プロパティ値

ItemActivation 値の 1 つ。One of the ItemActivation values. 既定値は、Standard です。The default is Standard.

例外

指定された値が、ItemActivation メンバーではありません。The value specified is not one of the ItemActivation members.

注釈

Activation プロパティを使用すると、ユーザーが ListView コントロールで項目をアクティブ化する方法を指定できます。The Activation property allows you to specify how the user will activate an item in the ListView control. ListView 内の項目をアクティブ化することは、項目を選択するだけとは異なります。Activating an item in a ListView differs from just selecting an item. 項目がアクティブになると、通常、アクションは ItemActivate イベントのイベントハンドラーで実行されます。When an item is activated, an action is typically performed in an event handler for the ItemActivate event. たとえば、アイテムがアクティブになると、ファイルを開いたり、アイテムの編集を許可するダイアログボックスを表示したりすることができます。For example, when an item is activated you might open a file or display a dialog box that allows the item to be edited. 通常、項目をアクティブ化するには、ユーザーがダブルクリックします。Typically, an item is double-clicked by the user to activate it. Activation プロパティが OneClickに設定されている場合は、項目を1回クリックするとアクティブになります。If the Activation property is set to OneClick, clicking the item one time activates it. Activation プロパティを TwoClick に設定すると、標準のダブルクリックとは異なります。これは、2回のクリックに時間を設定できるためです。Setting the Activation property to TwoClick differs from the standard double-click because the two clicks can have any duration between them.

注意

Activation プロパティが OneClick または TwoClickに設定されている場合、LabelEdit プロパティの値に関係なく、ラベルの編集は許可されません。If the Activation property is set to OneClick or TwoClick, label editing will not be allowed regardless of the value of the LabelEdit property.

適用対象

こちらもご覧ください