ListView.FindItemWithText メソッド

定義

指定したテキスト値で始まる最初の ListViewItem を検索します。

オーバーロード

FindItemWithText(String)

指定したテキスト値で始まる最初の ListViewItem を検索します。

FindItemWithText(String, Boolean, Int32)

指定したテキスト値で始まる最初の ListViewItem または ListViewItem.ListViewSubItem (指定されている場合) を検索します。 検索は、指定したインデックス位置から開始されます。

FindItemWithText(String, Boolean, Int32, Boolean)

指定したテキスト値で始まる最初の ListViewItem または ListViewItem.ListViewSubItem (指定されている場合) を検索します。 検索は、指定したインデックス位置から開始されます。

FindItemWithText(String)

指定したテキスト値で始まる最初の ListViewItem を検索します。

public:
 System::Windows::Forms::ListViewItem ^ FindItemWithText(System::String ^ text);
public System.Windows.Forms.ListViewItem FindItemWithText (string text);
member this.FindItemWithText : string -> System.Windows.Forms.ListViewItem
Public Function FindItemWithText (text As String) As ListViewItem

パラメーター

text
String

検索するテキストです。

戻り値

ListViewItem

指定したテキスト値で始まる最初の ListViewItem

次のコード例は、メソッドを示して FindItemWithText います。 この例を実行するには、次のコードを Windows フォームに貼り付け、 InitializeFindListView フォームのコンストラクターまたはイベントハンドラーからメソッドを呼び出し Load ます。 このボタンをクリックすると、メソッド呼び出しの結果が表示されます。

// Declare the ListView and Button for the example.
ListView findListView = new ListView();
Button findButton = new Button();

private void InitializeFindListView()
{
// Set up the location and event handling for the button.
    findButton.Click += new EventHandler(findButton_Click);
    findButton.Location = new Point(10, 10);
    
// Set up the location of the ListView and add some items.
findListView.Location = new Point(10, 30);
    findListView.Items.Add(new ListViewItem("angle bracket"));
    findListView.Items.Add(new ListViewItem("bracket holder"));
    findListView.Items.Add(new ListViewItem("bracket"));

    // Add the button and ListView to the form.
    this.Controls.Add(findButton);
    this.Controls.Add(findListView);
}

void findButton_Click(object sender, EventArgs e)
{
        // Call FindItemWithText, sending output to MessageBox.
    ListViewItem item1 = findListView.FindItemWithText("brack");
     if (item1 != null)
         MessageBox.Show("Calling FindItemWithText passing 'brack': " 
             + item1.ToString());
     else
         MessageBox.Show("Calling FindItemWithText passing 'brack': null");
 }
' Declare the ListView and Button for the example.
Private findListView As New ListView()
Private WithEvents findButton As New Button()


Private Sub InitializeFindListView()

    ' Set up the location and event handling for the button.
    findButton.Location = New Point(10, 10)

    ' Set up the location of the ListView and add some items.
    findListView.Location = New Point(10, 30)
    findListView.Items.Add(New ListViewItem("angle bracket"))
    findListView.Items.Add(New ListViewItem("bracket holder"))
    findListView.Items.Add(New ListViewItem("bracket"))

    ' Add the button and ListView to the form.
    Me.Controls.Add(findButton)
    Me.Controls.Add(findListView)

End Sub

Private Sub findButton_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs) _
    Handles findButton.Click

    ' Call FindItemWithText, sending output to MessageBox.
    Dim item1 As ListViewItem = findListView.FindItemWithText("brack")
    If (item1 IsNot Nothing) Then
        MessageBox.Show("Calling FindItemWithText passing 'brack': " _
            & item1.ToString())
    Else
        MessageBox.Show("Calling FindItemWithText passing 'brack': null")
    End If

End Sub

注釈

検索では、大文字と小文字を区別しません。

パラメーターでは、 text 目的の一致するテキストの部分文字列を指定できます。 さらに、このメソッドは、指定されたテキストで始まる最初の項目を返します。 たとえば、に ListView 2 つのリスト項目が含まれていて、最初の項目のテキストが "山かっこ" に設定され、2番目の項目のテキストが "角かっこ" に設定されている場合、 FindItemWithText brack パラメーターとして渡すと、テキストが "角かっこ" である項目が返されます。

FindItemWithText null リストが空の場合、または一致する項目がない場合、メソッドはを返します。

適用対象

FindItemWithText(String, Boolean, Int32)

指定したテキスト値で始まる最初の ListViewItem または ListViewItem.ListViewSubItem (指定されている場合) を検索します。 検索は、指定したインデックス位置から開始されます。

public:
 System::Windows::Forms::ListViewItem ^ FindItemWithText(System::String ^ text, bool includeSubItemsInSearch, int startIndex);
public System.Windows.Forms.ListViewItem FindItemWithText (string text, bool includeSubItemsInSearch, int startIndex);
member this.FindItemWithText : string * bool * int -> System.Windows.Forms.ListViewItem
Public Function FindItemWithText (text As String, includeSubItemsInSearch As Boolean, startIndex As Integer) As ListViewItem

パラメーター

text
String

検索するテキストです。

includeSubItemsInSearch
Boolean

検索にサブ項目を含める場合は true。それ以外の場合は false

startIndex
Int32

検索を開始する位置の項目のインデックス。

戻り値

ListViewItem

指定したテキスト値で始まる最初の ListViewItem

例外

startIndex が 0 未満か、ListView の項目数より大きい値です。

注釈

検索では、大文字と小文字を区別しません。

パラメーターでは、 text 目的の一致するテキストの部分文字列を指定できます。 さらに、このメソッドは、指定されたテキストで始まる最初の項目を返します。 たとえば、に ListView 2 つのリスト項目が含まれていて、最初の項目のテキストが "山かっこ" に設定され、2番目の項目のテキストが "角かっこ" に設定されている場合、 FindItemWithText パラメーターとして "brack" を渡すと、テキストが "角かっこ" である項目が返されます。

FindItemWithText null リストが空の場合、または一致する項目がない場合、メソッドはを返します。

適用対象

FindItemWithText(String, Boolean, Int32, Boolean)

指定したテキスト値で始まる最初の ListViewItem または ListViewItem.ListViewSubItem (指定されている場合) を検索します。 検索は、指定したインデックス位置から開始されます。

public:
 System::Windows::Forms::ListViewItem ^ FindItemWithText(System::String ^ text, bool includeSubItemsInSearch, int startIndex, bool isPrefixSearch);
public System.Windows.Forms.ListViewItem FindItemWithText (string text, bool includeSubItemsInSearch, int startIndex, bool isPrefixSearch);
member this.FindItemWithText : string * bool * int * bool -> System.Windows.Forms.ListViewItem
Public Function FindItemWithText (text As String, includeSubItemsInSearch As Boolean, startIndex As Integer, isPrefixSearch As Boolean) As ListViewItem

パラメーター

text
String

検索するテキストです。

includeSubItemsInSearch
Boolean

検索にサブ項目を含める場合は true。それ以外の場合は false

startIndex
Int32

検索を開始する位置の項目のインデックス。

isPrefixSearch
Boolean

部分的な一致を許可する場合は true。それ以外の場合は false

戻り値

ListViewItem

指定したテキスト値で始まる最初の ListViewItem

例外

startIndex が 0 未満か、ListView の項目数より大きい値です。

注釈

FindItemWithText null リストが空の場合、または一致する項目がない場合、メソッドはを返します。

検索では、大文字と小文字を区別しません。

パラメーターでは、 text 目的の一致するテキストの部分文字列を指定できます。 このメソッドは、がに渡される場合を除き、指定されたテキストで始まる最初の項目を返し false isPrefixSearch ます。 たとえば、に ListView 2 つのリスト項目が含まれていて、最初の項目のテキストが "山かっこ" に設定され、2番目の項目のテキストが "角かっこ" に設定されている場合、 FindItemWithText 検索テキストとして "brack" を渡すと、テキストが "角かっこ" である項目が返されます。 isPrefixSearchがに設定されている場合 false 、この呼び出しはを返し null ます。

適用対象