ListView.Scrollable プロパティ

定義

すべての項目を表示する十分な領域がない場合に、スクロール バーをコントロールに追加するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether a scroll bar is added to the control when there is not enough room to display all items.

public:
 property bool Scrollable { bool get(); void set(bool value); };
public bool Scrollable { get; set; }
member this.Scrollable : bool with get, set
Public Property Scrollable As Boolean

プロパティ値

必要に応じてスクロール バーをコントロールに追加して、ユーザーがすべての項目を参照できるようにする場合は true。それ以外の場合は falsetrue if scroll bars are added to the control when necessary to allow the user to see all the items; otherwise, false. 既定値は、true です。The default is true.

注釈

このプロパティを true に設定すると、項目数がコントロールのクライアント領域のサイズを超える場合に使用する垂直スクロールバーが ListView に表示されます。When this property is set to true, the ListView displays a vertical scroll bar to use when the number of items exceeds the size of the client area of the control. このプロパティを使用して、@no__t 0 コントロールで使用できるすべての項目にユーザーがアクセスできるようにすることができます。You can use this property to ensure that the user can access all items that are available in the ListView control.

注意

バージョン2.0 より前の .NET Framework.NET Framework のバージョンでは、このプロパティを false に設定し、コントロールのサイズを大きくするために、列ヘッダーが正しく描画されませんでした。In versions of the .NET Framework.NET Framework prior to version 2.0, the column headers were not painted correctly when setting this property to false and resizing the control to make it larger. この問題を回避するには、このプロパティを ResizeBegin イベントハンドラーの true に設定し、ResizeEnd イベントハンドラーで false に設定し直します。To work around this issue, set this property to true in a ResizeBegin event handler and set it back to false in a ResizeEnd event handler.

適用対象