ListViewItem クラス

定義

ListView コントロール内の項目を表します。

public ref class ListViewItem : ICloneable, System::Runtime::Serialization::ISerializable
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Forms.ListViewItemConverter))]
[System.Serializable]
public class ListViewItem : ICloneable, System.Runtime.Serialization.ISerializable
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.Forms.ListViewItemConverter))>]
[<System.Serializable>]
type ListViewItem = class
    interface ICloneable
    interface ISerializable
Public Class ListViewItem
Implements ICloneable, ISerializable
継承
ListViewItem
属性
実装

次のコード例では、 ListView 3 つの ListViewItem オブジェクトを指定し、 ListViewItem.ListViewSubItem 各項目に対して3つのオブジェクトを指定して、コントロールを作成します。 また、この例では、 ColumnHeader 詳細ビューにサブ項目を表示するオブジェクトも作成します。 ImageListまた、オブジェクトのイメージを提供するために、コード例に2つのオブジェクトが作成され ListViewItem ます。 これらの ImageList オブジェクトは、プロパティとプロパティに追加され LargeImageList SmallImageList ます。 この例では、コントロールを作成するときに、次のプロパティを使用し ListView ます。

コードをに追加し、この Form 例で作成したメソッドをコンストラクターまたはフォームの別のメソッドから呼び出す必要があります。 この例では、、、、およびという名前のイメージ MySmallImage1 MySmallImage2 が、 MyLargeImage1 MyLargeImage2 C ドライブのルートディレクトリに配置されている必要があります。

private:
   void CreateMyListView()
   {
      // Create a new ListView control.
      ListView^ listView1 = gcnew ListView;
      listView1->Bounds = Rectangle(Point(10,10),System::Drawing::Size( 300, 200 ));

      // Set the view to show details.
      listView1->View = View::Details;

      // Allow the user to edit item text.
      listView1->LabelEdit = true;

      // Allow the user to rearrange columns.
      listView1->AllowColumnReorder = true;

      // Display check boxes.
      listView1->CheckBoxes = true;

      // Select the item and subitems when selection is made.
      listView1->FullRowSelect = true;

      // Display grid lines.
      listView1->GridLines = true;

      // Sort the items in the list in ascending order.
      listView1->Sorting = SortOrder::Ascending;

      // Create three items and three sets of subitems for each item.
      ListViewItem^ item1 = gcnew ListViewItem( "item1",0 );

      // Place a check mark next to the item.
      item1->Checked = true;
      item1->SubItems->Add( "1" );
      item1->SubItems->Add( "2" );
      item1->SubItems->Add( "3" );
      ListViewItem^ item2 = gcnew ListViewItem( "item2",1 );
      item2->SubItems->Add( "4" );
      item2->SubItems->Add( "5" );
      item2->SubItems->Add( "6" );
      ListViewItem^ item3 = gcnew ListViewItem( "item3",0 );

      // Place a check mark next to the item.
      item3->Checked = true;
      item3->SubItems->Add( "7" );
      item3->SubItems->Add( "8" );
      item3->SubItems->Add( "9" );

      // Create columns for the items and subitems.
      // Width of -2 indicates auto-size.
      listView1->Columns->Add( "Item Column", -2, HorizontalAlignment::Left );
      listView1->Columns->Add( "Column 2", -2, HorizontalAlignment::Left );
      listView1->Columns->Add( "Column 3", -2, HorizontalAlignment::Left );
      listView1->Columns->Add( "Column 4", -2, HorizontalAlignment::Center );

      //Add the items to the ListView.
      array<ListViewItem^>^temp1 = {item1,item2,item3};
      listView1->Items->AddRange( temp1 );

      // Create two ImageList objects.
      ImageList^ imageListSmall = gcnew ImageList;
      ImageList^ imageListLarge = gcnew ImageList;

      // Initialize the ImageList objects with bitmaps.
      imageListSmall->Images->Add( Bitmap::FromFile( "C:\\MySmallImage1.bmp" ) );
      imageListSmall->Images->Add( Bitmap::FromFile( "C:\\MySmallImage2.bmp" ) );
      imageListLarge->Images->Add( Bitmap::FromFile( "C:\\MyLargeImage1.bmp" ) );
      imageListLarge->Images->Add( Bitmap::FromFile( "C:\\MyLargeImage2.bmp" ) );

      //Assign the ImageList objects to the ListView.
      listView1->LargeImageList = imageListLarge;
      listView1->SmallImageList = imageListSmall;
      
      // Add the ListView to the control collection.
      this->Controls->Add( listView1 );
   }
private void CreateMyListView()
{
    // Create a new ListView control.
    ListView listView1 = new ListView();
    listView1.Bounds = new Rectangle(new Point(10,10), new Size(300,200));

    // Set the view to show details.
    listView1.View = View.Details;
    // Allow the user to edit item text.
    listView1.LabelEdit = true;
    // Allow the user to rearrange columns.
    listView1.AllowColumnReorder = true;
    // Display check boxes.
    listView1.CheckBoxes = true;
    // Select the item and subitems when selection is made.
    listView1.FullRowSelect = true;
    // Display grid lines.
    listView1.GridLines = true;
    // Sort the items in the list in ascending order.
    listView1.Sorting = SortOrder.Ascending;
                
    // Create three items and three sets of subitems for each item.
    ListViewItem item1 = new ListViewItem("item1",0);
    // Place a check mark next to the item.
    item1.Checked = true;
    item1.SubItems.Add("1");
    item1.SubItems.Add("2");
    item1.SubItems.Add("3");
    ListViewItem item2 = new ListViewItem("item2",1);
    item2.SubItems.Add("4");
    item2.SubItems.Add("5");
    item2.SubItems.Add("6");
    ListViewItem item3 = new ListViewItem("item3",0);
    // Place a check mark next to the item.
    item3.Checked = true;
    item3.SubItems.Add("7");
    item3.SubItems.Add("8");
    item3.SubItems.Add("9");

    // Create columns for the items and subitems.
    // Width of -2 indicates auto-size.
    listView1.Columns.Add("Item Column", -2, HorizontalAlignment.Left);
    listView1.Columns.Add("Column 2", -2, HorizontalAlignment.Left);
    listView1.Columns.Add("Column 3", -2, HorizontalAlignment.Left);
    listView1.Columns.Add("Column 4", -2, HorizontalAlignment.Center);

    //Add the items to the ListView.
    listView1.Items.AddRange(new ListViewItem[]{item1,item2,item3});

    // Create two ImageList objects.
    ImageList imageListSmall = new ImageList();
    ImageList imageListLarge = new ImageList();

    // Initialize the ImageList objects with bitmaps.
    imageListSmall.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\\MySmallImage1.bmp"));
    imageListSmall.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\\MySmallImage2.bmp"));
    imageListLarge.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\\MyLargeImage1.bmp"));
    imageListLarge.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\\MyLargeImage2.bmp"));

    //Assign the ImageList objects to the ListView.
    listView1.LargeImageList = imageListLarge;
    listView1.SmallImageList = imageListSmall;

    // Add the ListView to the control collection.
    this.Controls.Add(listView1);
}
Private Sub CreateMyListView()
    ' Create a new ListView control.
    Dim listView1 As New ListView()
    listView1.Bounds = New Rectangle(New Point(10, 10), New Size(300, 200))

    ' Set the view to show details.
    listView1.View = View.Details
    ' Allow the user to edit item text.
    listView1.LabelEdit = True
    ' Allow the user to rearrange columns.
    listView1.AllowColumnReorder = True
    ' Display check boxes.
    listView1.CheckBoxes = True
    ' Select the item and subitems when selection is made.
    listView1.FullRowSelect = True
    ' Display grid lines.
    listView1.GridLines = True
    ' Sort the items in the list in ascending order.
    listView1.Sorting = SortOrder.Ascending

    ' Create three items and three sets of subitems for each item.
    Dim item1 As New ListViewItem("item1", 0)
    ' Place a check mark next to the item.
    item1.Checked = True
    item1.SubItems.Add("1")
    item1.SubItems.Add("2")
    item1.SubItems.Add("3")
    Dim item2 As New ListViewItem("item2", 1)
    item2.SubItems.Add("4")
    item2.SubItems.Add("5")
    item2.SubItems.Add("6")
    Dim item3 As New ListViewItem("item3", 0)
    ' Place a check mark next to the item.
    item3.Checked = True
    item3.SubItems.Add("7")
    item3.SubItems.Add("8")
    item3.SubItems.Add("9")

    ' Create columns for the items and subitems.
    ' Width of -2 indicates auto-size.
    listView1.Columns.Add("Item Column", -2, HorizontalAlignment.Left)
    listView1.Columns.Add("Column 2", -2, HorizontalAlignment.Left)
    listView1.Columns.Add("Column 3", -2, HorizontalAlignment.Left)
    listView1.Columns.Add("Column 4", -2, HorizontalAlignment.Center)

    'Add the items to the ListView.
    listView1.Items.AddRange(New ListViewItem() {item1, item2, item3})

    ' Create two ImageList objects.
    Dim imageListSmall As New ImageList()
    Dim imageListLarge As New ImageList()

    ' Initialize the ImageList objects with bitmaps.
    imageListSmall.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\MySmallImage1.bmp"))
    imageListSmall.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\MySmallImage2.bmp"))
    imageListLarge.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\MyLargeImage1.bmp"))
    imageListLarge.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\MyLargeImage2.bmp"))

    'Assign the ImageList objects to the ListView.
    listView1.LargeImageList = imageListLarge
    listView1.SmallImageList = imageListSmall

    ' Add the ListView to the control collection.
    Me.Controls.Add(listView1)
End Sub

注釈

ListViewコントロールは、 ListBox 項目の一覧を表示するという点でに似ています。 主な違いは、コントロールには、ユーザーがアイテムを表示するさまざまな方法が用意されていることです ListView 。 クラスは、 ListViewItem コントロールに表示される項目に関連付けられている外観、動作、およびデータを定義し ListView ます。 ListViewItem オブジェクトは、 ListView 4 つの異なるビューのいずれかでコントロールに表示できます。 項目は、大きいアイコンまたは小さいアイコンとして表示することも、小さいアイコンとして垂直リストに表示することもできます。 アイテムには、親アイテムに関連する情報を含むサブ項目を含めることもできます。 4番目のビュースタイルである [詳細] ビューを使用すると、アイテムとそのサブ項目を、サブアイテムに表示されている情報を識別するために使用できる列ヘッダーを持つグリッドに表示できます。

クラスのほとんどのプロパティは、 ListViewItem 関連付けられているコントロール内の項目の表示を変更する方法を提供し ListView ます。 、、およびの各プロパティを使用すると、 BackColor ForeColor Font コントロールに項目のテキストを表示する方法を変更でき ListView ます。 ImageIndexプロパティを使用すると、コントロールに割り当てられているから読み込むイメージを指定でき ImageList ListView LargeImageList ます (のプロパティまたはプロパティを設定し SmallImageList ListView ます)。 項目は、コントロールと同様の方法でユーザーから項目の選択肢を取得するために、チェックボックスを表示でき CheckedListBox ます。 プロパティを使用して、 Checked 項目がチェックされているかどうかを判断したり、実行時にチェックボックスをオンまたはオフにしたりできます。 項目は、 View 関連付けられているコントロールのプロパティが ListView に設定され、 Details コントロールので列が定義されている場合に、任意の数のサブ項目を表示でき ListView.ColumnHeaderCollection ListView ます。 項目にサブ項目を追加するには、 Add クラスのメソッドを呼び出し ListViewItem.ListViewSubItemCollection ます。 SubItemsプロパティを使用すると、 ListViewItem.ListViewSubItemCollection クラスとそのメンバーにアクセスできます。

クラスのプロパティとメソッドの一部 ListViewItem は、コントロール内のプロパティおよびメソッドの項目固有バージョンです ListView 。 たとえば、メソッドは、 EnsureVisible メソッドのバージョンに似てい ListView ますが、 ListViewItem バージョンは現在の項目のみに影響します。

クラスには、 ListViewItem メソッドのバージョンではないメソッドも用意されてい ListView ます。 メソッドは、項目のテキストを BeginEdit 編集モードにして、ユーザーが項目のテキストを変更できるようにし LabelEdit ます (コントロールのプロパティ ListView がに設定されている場合 true )。 Cloneメソッドを使用すると、既存のオブジェクトのコピーを作成して、 ListViewItem 他のコントロールで再利用することができ ListView ます。

コンストラクター

ListViewItem()

ListViewItem クラスの新しいインスタンスを既定値で初期化します。

ListViewItem(ListViewGroup)

ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したグループに割り当てます。

ListViewItem(ListViewItem+ListViewSubItem[], Int32)

項目のアイコンのイメージのインデックス位置、および ListViewItem オブジェクトの配列を使用して、ListViewItem.ListViewSubItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(ListViewItem+ListViewSubItem[], Int32, ListViewGroup)

項目のアイコンのイメージのインデックス位置、および ListViewItem オブジェクトの配列を使用して、ListViewItem.ListViewSubItem クラスの新しいインスタンスを初期化し、その項目を指定したグループに割り当てます。

ListViewItem(ListViewItem+ListViewSubItem[], String)

指定したサブ項目とイメージを使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(ListViewItem+ListViewSubItem[], String, ListViewGroup)

指定したサブ項目、イメージ、およびグループを使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(SerializationInfo, StreamingContext)

指定したシリアル化情報とストリーム コンテキストを使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String)

指定した項目のテキストを使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String, Int32)

指定した項目のテキストと項目のアイコンのイメージのインデックス位置を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String, Int32, ListViewGroup)

指定した項目のテキストと項目のアイコンのイメージのインデックス位置を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化し、その項目を指定したグループに割り当てます。

ListViewItem(String, ListViewGroup)

指定した項目のテキストを使用して ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化し、それを指定したグループに割り当てます。

ListViewItem(String, String)

指定したテキストとイメージを使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String, String, ListViewGroup)

指定したテキスト、イメージ、およびグループを使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String[])

サブ項目を表す文字列の配列を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String[], Int32)

項目のアイコンのイメージのインデックス位置、およびサブ項目を表す文字列の配列を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String[], Int32, Color, Color, Font)

項目のアイコンのイメージのインデックス位置、前景色、背景色、項目のフォント、およびサブ項目を表す文字列の配列を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String[], Int32, Color, Color, Font, ListViewGroup)

項目のアイコンのイメージのインデックス位置、前景色、背景色、項目のフォント、およびサブ項目を表す文字列の配列を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。 さらに、その項目を指定したグループに割り当てます。

ListViewItem(String[], Int32, ListViewGroup)

項目のアイコンのイメージのインデックス位置、およびサブ項目を表す文字列の配列を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化し、その項目を指定したグループに割り当てます。

ListViewItem(String[], ListViewGroup)

サブ項目を表す文字列の配列を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化し、その項目を指定したグループに割り当てます。

ListViewItem(String[], String)

指定した項目とサブ項目のテキストとイメージを使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String[], String, Color, Color, Font)

指定したテキスト、イメージ、色、およびフォントを持つサブ項目を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String[], String, Color, Color, Font, ListViewGroup)

指定したテキスト、イメージ、色、フォント、およびグループを持つサブ項目を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ListViewItem(String[], String, ListViewGroup)

指定したテキスト、イメージ、およびグループを持つサブ項目を使用して、ListViewItem クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

BackColor

項目のテキストの背景色を取得または設定します。

Bounds

サブ項目を含めた、項目の外接する四角形を取得します。

Checked

項目がチェックされているかどうかを示す値を取得または設定します。

Focused

ListView コントロール内の項目にフォーカスが設定されているかどうかを示す値を取得または設定します。

Font

項目によって表示されるテキストのフォントを取得または設定します。

ForeColor

項目のテキストの前景色を取得または設定します。

Group

項目が割り当てられているグループを取得または設定します。

ImageIndex

項目に対して表示されるイメージのインデックスを取得または設定します。

ImageKey

項目に対して表示されるイメージのキーを取得または設定します。

ImageList

項目と共に表示されるイメージを格納している ImageList を取得します。

IndentCount

ListViewItem のインデント幅として使用する小さいイメージの幅の数を取得または設定します。

Index

ListView コントロール内の項目の 0 から始まるインデックスを取得します。

ListView

項目を格納している ListView コントロールを取得します。

Name

この ListViewItem に関連付けられた名前を取得または設定します。

Position

ListViewItem の左上隅の位置を取得または設定します。

Selected

項目が選択されているかどうかを示す値を取得または設定します。

StateImageIndex

項目に対して表示される、状態のイメージ (オンまたはオフのチェック ボックスなど、項目の状態を示すイメージ) のインデックスを取得または設定します。

SubItems

項目のすべてのサブ項目を格納しているコレクションを取得します。

Tag

項目に関連付けられているデータを含むオブジェクトを取得または設定します。

Text

項目のテキストを取得または設定します。

ToolTipText

マウス ポインターが ListViewItem 上に配置されたときに表示されるテキストを取得または設定します。

UseItemStyleForSubItems

項目の Font プロパティ、ForeColor プロパティ、および BackColor プロパティがすべてのサブ項目に対して使用されるかどうかを示す値を取得または設定します。

メソッド

BeginEdit()

項目のテキストを編集モードにします。

Clone()

項目の完全なコピーを作成します。

Deserialize(SerializationInfo, StreamingContext)

項目を逆シリアル化します。

EnsureVisible()

必要に応じてコントロールの内容をスクロールして、項目がコントロール内に確実に表示されるようにします。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
FindNearestItem(SearchDirectionHint)

検索方向を指定して、最も近い項目を ListViewItem から検索します。

GetBounds(ItemBoundsPortion)

項目の外接する四角形の指定した部分を取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetSubItemAt(Int32, Int32)

ListViewItem の指定した座標にあるサブ項目を返します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Remove()

項目を関連付けられた ListView コントロールから削除します。

Serialize(SerializationInfo, StreamingContext)

項目をシリアル化します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

明示的なインターフェイスの実装

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

項目をシリアル化します。

適用対象

こちらもご覧ください