MaskedTextBox.RejectInputOnFirstFailure プロパティ

定義

最初の無効な文字に到達した後、ユーザー入力の解析を停止するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the parsing of user input should stop after the first invalid character is reached.

public:
 property bool RejectInputOnFirstFailure { bool get(); void set(bool value); };
public bool RejectInputOnFirstFailure { get; set; }
member this.RejectInputOnFirstFailure : bool with get, set
Public Property RejectInputOnFirstFailure As Boolean

プロパティ値

入力文字列の処理が最初の解析エラーで終了する場合は true。それ以外の場合で、処理がすべてのエラーを無視するときは falsetrue if processing of the input string should be terminated at the first parsing error; otherwise, false if processing should ignore all errors. 既定値は、false です。The default is false.

注釈

場合によっては、1回の入力操作で MaskedTextBox に複数の文字を入力することがあります。通常は、文字列をコピーして貼り付けます。Sometimes the user will enter several characters into a MaskedTextBox in a single input operation, typically by copying and pasting a string. 入力マスクの貼り付け位置に従って、文字列全体に有効な文字のみが含まれている場合は、操作全体が成功します。If the entire string only contains valid characters, according to their paste position in the input mask, then the entire operation will succeed. ただし、解析エラーが発生した場合、MaskedTextBox の動作は、次のように RejectInputOnFirstFailureの値によって異なります。However, when a parsing error occurs, the behavior of MaskedTextBox depends on the value of RejectInputOnFirstFailure, as follows:

  • このプロパティが true場合、入力文字列の処理は無効な文字で終了します。If this property is true, then processing of the input string stops at the invalid character. 後続のすべての文字は無視されます。All subsequent characters are ignored. 1つの MaskInputRejected イベントが発生します。A single MaskInputRejected event is raised.

  • このプロパティが false場合、無効な文字は拒否されますが、解析は入力文字列内の次の文字から続行されます。If this property is false, then the invalid character is rejected, but parsing continues with the next character in the input string. 入力文字列内のすべての無効な文字に対して、MaskInputRejected イベントが発生します。A MaskInputRejected event is raised for every invalid character in the input string.

ResetOnPromptResetOnSpace、および SkipLiterals の各プロパティは、ユーザー入力の解釈にも影響を与える可能性があります。The ResetOnPrompt, ResetOnSpace and SkipLiterals properties can also influence the interpretation of the user input.

IsOverwriteMode プロパティが falseの場合、挿入ポイントの右側にある入力マスクに既に含まれている文字は、許容される文字数だけ置き換えられます。If the IsOverwriteMode property is false, then any characters already in the input mask to the right of the insertion point will be displaced by the accepted number of characters. このシフトによって、追加の解析エラーが発生する可能性があります。This shifting may cause additional parsing errors.

貼り付け操作は、SelectedText プロパティを設定することによってプログラムで模倣できできます。A pasting operation can be mimicked programmatically by setting the SelectedText property.

適用対象

こちらもご覧ください