MouseEventArgs.Clicks プロパティ

定義

マウス ボタンが押されて離された回数を取得します。

public:
 property int Clicks { int get(); };
public int Clicks { get; }
member this.Clicks : int
Public ReadOnly Property Clicks As Integer

プロパティ値

Int32

マウス ボタンが押されて離された回数を格納する Int32

次のコード例は、このメンバーの使用方法を示しています。 この例では、イベント ハンドラーはイベントの発生を Control.MouseClick 報告します。 このレポートは、イベントがいつ発生するかを学習するのに役立ち、デバッグに役立ちます。 複数のイベント、または頻繁に発生するイベントに関するレポートを作成するには、メッセージを複数行TextBoxに置き換えるかMessageBox.ShowConsole.WriteLine追加することを検討してください。

コード例を実行するには、継承元の型 Controlのインスタンスを含むプロジェクトに貼り付けます (例: a Button または ComboBox. 次に、インスタンス Control1 に名前を付け、イベント ハンドラーがイベントに Control.MouseClick 関連付けられていることを確認します。

private void Control1_MouseClick(Object sender, MouseEventArgs e) {

System.Text.StringBuilder messageBoxCS = new System.Text.StringBuilder();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Button", e.Button );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Clicks", e.Clicks );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "X", e.X );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Y", e.Y );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Delta", e.Delta );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Location", e.Location );
messageBoxCS.AppendLine();
MessageBox.Show(messageBoxCS.ToString(), "MouseClick Event" );
}
Private Sub Control1_MouseClick(sender as Object, e as MouseEventArgs) _ 
     Handles Control1.MouseClick

    Dim messageBoxVB as New System.Text.StringBuilder()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Button", e.Button)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Clicks", e.Clicks)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "X", e.X)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Y", e.Y)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Delta", e.Delta)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Location", e.Location)
    messageBoxVB.AppendLine()
    MessageBox.Show(messageBoxVB.ToString(),"MouseClick Event")

End Sub

注釈

Windows インターフェイスでは、標準のマウス イベントをシングル クリックまたはダブルクリックとして定義しますが、個々のアプリケーションでは、より多くのクリックを 1 つのイベントとして解釈できます。

適用対象

こちらもご覧ください