ProgressBar.PerformStep メソッド

定義

プログレス バーの現在位置を Step プロパティの値の分だけ進めます。

public:
 void PerformStep();
public void PerformStep ();
member this.PerformStep : unit -> unit
Public Sub PerformStep ()

例外

StyleMarquee に設定されます。

次のコード例では、 ProgressBar コントロールを使用して、ファイルコピー操作の進行状況を表示します。 この例では、 プロパティと プロパティを使用して、コピーするファイルの数と同じ の Minimum Maximum ProgressBar 範囲を指定します。 また、このコードでは、 メソッドで プロパティを使用して、ファイルのコピー時に の値 Step PerformStep ProgressBar をインクリメントします。 この例では、 内に作成される という名前のコントロールを作成し、ファイル コピー操作を実行する というメソッドが作成され (ファイルコピー操作が正常に完了したことを示すブール値を返す ProgressBar pBar1 Form CopyFile ) 必要があります。 また、このコードでは、コピーするファイルを含む文字列の配列を作成し、この例で定義されているメソッドに渡し、 内の別のメソッドまたはイベントからメソッドを呼び出す必要があります CopyWithProgress Form

private:
   void CopyWithProgress( array<String^>^filenames )
   {
      // Display the ProgressBar control.
      pBar1->Visible = true;

      // Set Minimum to 1 to represent the first file being copied.
      pBar1->Minimum = 1;

      // Set Maximum to the total number of files to copy.
      pBar1->Maximum = filenames->Length;

      // Set the initial value of the ProgressBar.
      pBar1->Value = 1;

      // Set the Step property to a value of 1 to represent each file being copied.
      pBar1->Step = 1;

      // Loop through all files to copy.
      for ( int x = 1; x <= filenames->Length; x++ )
      {
         // Copy the file and increment the ProgressBar if successful.
         if ( CopyFile( filenames[ x - 1 ] ) == true )
         {
            // Perform the increment on the ProgressBar.
            pBar1->PerformStep();
         }
      }
   }
private void CopyWithProgress(string[] filenames)
{
    // Display the ProgressBar control.
    pBar1.Visible = true;
    // Set Minimum to 1 to represent the first file being copied.
    pBar1.Minimum = 1;
    // Set Maximum to the total number of files to copy.
    pBar1.Maximum = filenames.Length;
    // Set the initial value of the ProgressBar.
    pBar1.Value = 1;
    // Set the Step property to a value of 1 to represent each file being copied.
    pBar1.Step = 1;
    
    // Loop through all files to copy.
    for (int x = 1; x <= filenames.Length; x++)
    {
        // Copy the file and increment the ProgressBar if successful.
        if(CopyFile(filenames[x-1]) == true)
        {
            // Perform the increment on the ProgressBar.
            pBar1.PerformStep();
        }
    }
}
Private Sub CopyWithProgress(ByVal ParamArray filenames As String())
    ' Display the ProgressBar control.
    pBar1.Visible = True
    ' Set Minimum to 1 to represent the first file being copied.
    pBar1.Minimum = 1
    ' Set Maximum to the total number of files to copy.
    pBar1.Maximum = filenames.Length
    ' Set the initial value of the ProgressBar.
    pBar1.Value = 1
    ' Set the Step property to a value of 1 to represent each file being copied.
    pBar1.Step = 1

    ' Loop through all files to copy.
    Dim x As Integer
    for x = 1 To filenames.Length - 1
        ' Copy the file and increment the ProgressBar if successful.
        If CopyFile(filenames(x - 1)) = True Then
            ' Perform the increment on the ProgressBar.
            pBar1.PerformStep()
        End If
    Next x
End Sub

注釈

メソッド PerformStep は、プロパティで指定された量ずつ進行状況バーの値をインクリメント Step します。 プロパティを使用して、操作の完了した各タスクが進行状況バーの値を変更する Step 量を指定できます。 たとえば、ファイルのグループをコピーする場合は、 プロパティの値を 1 に設定し、 プロパティの値をコピーするファイルの総数に設定 Step Maximum できます。 各ファイルがコピーされた場合は、 メソッドを呼び出して、 プロパティの値で進行状況バー PerformStep をインクリメント Step できます。 進行状況バーの値を柔軟に制御する場合は、 メソッドを使用するか、 プロパティの値を直接 Increment Value 設定できます。

プロパティ Value は、 の現在位置を指定します ProgressBar 。 メソッドを呼び出した後、プロパティが プロパティの値を超える場合、プロパティは プロパティ PerformStep Value Maximum Value の値のまま Maximum です。 で負の値を指定して メソッドを呼び出した後、プロパティが プロパティの値より小さい場合、プロパティは プロパティの値 PerformStep Step Value Minimum Value のまま Minimum です。

スタイルが に設定されているオブジェクトは、 ではなく継続的にスクロール バーを表示します。このオブジェクトは、 を呼び出す必要はないので、 を呼び ProgressBar Marquee Value PerformStep 出す必要があります InvalidOperationException

適用対象

こちらもご覧ください