QueryAccessibilityHelpEventArgs クラス

定義

QueryAccessibilityHelp イベントのデータを提供します。Provides data for the QueryAccessibilityHelp event.

public ref class QueryAccessibilityHelpEventArgs : EventArgs
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class QueryAccessibilityHelpEventArgs : EventArgs
type QueryAccessibilityHelpEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public Class QueryAccessibilityHelpEventArgs
Inherits EventArgs
継承
QueryAccessibilityHelpEventArgs
属性

次のコード例は、AccessibleObject クラスと Control.ControlAccessibleObject クラスを使用してアクセス可能な情報を公開する、アクセシビリティ対応のグラフコントロールを作成する方法を示しています。The following code example demonstrates the creation of an accessibility-aware chart control, using the AccessibleObject and Control.ControlAccessibleObject classes to expose accessible information. コントロールは、凡例と共に2つの曲線をプロットします。The control plots two curves along with a legend. ControlAccessibleObjectから派生した ChartControlAccessibleObject クラスは、CreateAccessibilityInstance メソッドでグラフコントロールにカスタムのユーザー補助情報を提供するために使用されます。The ChartControlAccessibleObject class, which derives from ControlAccessibleObject, is used in the CreateAccessibilityInstance method to provide custom accessible information for the chart control. グラフの凡例は実際の Controlベースのコントロールではなく、グラフコントロールによって描画されるため、組み込みのアクセス可能な情報は含まれません。Because the chart legend is not an actual Control-based control, but instead is drawn by the chart control, it does not any built-in accessible information. このため、ChartControlAccessibleObject クラスは GetChild メソッドをオーバーライドして、凡例の各部分のアクセス可能な情報を表す CurveLegendAccessibleObject を返します。Because of this, the ChartControlAccessibleObject class overrides the GetChild method to return the CurveLegendAccessibleObject that represents accessible information for each part of the legend. アクセス可能なアプリケーションがこのコントロールを使用する場合、コントロールは必要なアクセス可能な情報を提供できます。When an accessible-aware application uses this control, the control can provide the necessary accessible information.

この例では、QueryAccessibilityHelp イベントで QueryAccessibilityHelpEventArgs クラスを使用する方法を示します。This example demonstrates using the QueryAccessibilityHelpEventArgs class with the QueryAccessibilityHelp event. 完全なコード例については、AccessibleObject クラスの概要を参照してください。See the AccessibleObject class overview for the complete code example.

// Handles the QueryAccessibilityHelp event.
void ChartControl_QueryAccessibilityHelp( Object^ /*sender*/, System::Windows::Forms::QueryAccessibilityHelpEventArgs^ e )
{
   e->HelpString = "Displays chart data";
}
// Handles the QueryAccessibilityHelp event.
private void ChartControl_QueryAccessibilityHelp(object sender, 
                            System.Windows.Forms.QueryAccessibilityHelpEventArgs e)
{            
    e.HelpString = "Displays chart data";
}          
' Handle the QueryAccessibilityHelp event.
Private Sub ChartControl_QueryAccessibilityHelp(sender As Object, _
                   e As System.Windows.Forms.QueryAccessibilityHelpEventArgs) Handles MyBase.QueryAccessibilityHelp
    e.HelpString = "Displays chart data"
End Sub 

注釈

Control クラスは、パブリック QueryAccessibilityHelp イベントを公開します。The Control class exposes a public QueryAccessibilityHelp event. QueryAccessibilityHelpEventArgs クラスのプロパティを使用して、スクリーンリーダーなどのアクセス可能なクライアントに特定のコントロールのカスタムヘルプを返すことができます。You can use the properties of the QueryAccessibilityHelpEventArgs class to return custom help for a particular control to an accessible client, such as a screen reader. QueryAccessibilityHelp イベントを処理するときは、HelpNamespaceHelpKeyword、および HelpString の各プロパティの値を適切な値に設定する必要があります。When you handle the QueryAccessibilityHelp event, you must set the values of the HelpNamespace, HelpKeyword, and HelpString properties to appropriate values.

注意

HelpKeyword プロパティは、数値ヘルプトピック ID の文字列表現である必要があります。The HelpKeyword property should be a string representation of a numeric Help topic ID.

コンストラクター

QueryAccessibilityHelpEventArgs() QueryAccessibilityHelpEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the QueryAccessibilityHelpEventArgs class.
QueryAccessibilityHelpEventArgs(String, String, String) QueryAccessibilityHelpEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the QueryAccessibilityHelpEventArgs class.

プロパティ

HelpKeyword

指定したコントロールのヘルプ キーワードを取得または設定します。Gets or sets the Help keyword for the specified control.

HelpNamespace

ヘルプ ファイルの名前を指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value specifying the name of the Help file.

HelpString

AccessibleObject に対してどのヘルプを取得するかを定義している文字列を取得または設定します。Gets or sets the string defining what Help to get for the AccessibleObject.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください