TableLayoutStyle.SizeType プロパティ

定義

行または列のサイズを、その行または列を含む表を基準として相対的に決定する方法を示すフラグを取得または設定します。Gets or sets a flag indicating how a row or column should be sized relative to its containing table.

public:
 property System::Windows::Forms::SizeType SizeType { System::Windows::Forms::SizeType get(); void set(System::Windows::Forms::SizeType value); };
public System.Windows.Forms.SizeType SizeType { get; set; }
member this.SizeType : System.Windows.Forms.SizeType with get, set
Public Property SizeType As SizeType

プロパティ値

SizeType

ユーザー インターフェイス (UI) 要素の行または列のサイズを、そのコンテナーを基準として相対的に決定する方法を指定する SizeType 値の 1 つ。One of the SizeType values that specifies how rows or columns of user interface (UI) elements should be sized relative to their container. 既定では、 AutoSizeです。The default is AutoSize.

注釈

テーブルレイアウトエンジンは、次のいずれかの方法で行または列のサイズを調整します。The table layout engine sizes a row or column in one of the following ways:

  • 絶対ピクセル数 () で指定 Absolute します。In an absolute number of pixels (Absolute).

  • 親コンテナー () に対する比率として PercentAs a percentage of the parent container (Percent).

  • 同じ領域をそのピアと共有する ( AutoSize )。To share equal space with its peers (AutoSize).

適用対象

こちらもご覧ください